「ワンピース ドレスローザ編」でドフラミンゴってかなり不利だと思うんだけど

Screen Shot 2015-03-29 at 12.55.43

ついにルフィが本気を出して、ドフラミンゴと本格的に戦うところまできました。

でもそもそもなんですが、このドフラミンゴサイドVSルフィサイドの戦いって、ドフラミンゴが圧倒的に不利だと思うんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ワンピース ドレスローザ編」でドフラミンゴってかなり不利だと思うんだけど

まずはドフラミンゴサイドですが、主力戦力はドフラミンゴとトップの幹部3人です。

その下にまあまあ戦える部下数名とだめだめな数千の部下がいます。

それに対して、ルフィ側は主力戦力にルフィ、ゾロ、ロー、それにサボ。

その下にフランキー、ウソップ、ロビン、コリーダコロシアムの強者たち、王国歴代最強のキュロス、それとトンタッタ族。

あと、どっちつかずな敵としては海軍とその大将の藤虎。

これどう見てもドフラミンゴ側が圧倒的に不利だと思うんですけど。

そもそも前提としてドンキホーテファミリーの最高幹部がそこまで強くないですよね。

実際、ディアマンテは能力者でもないキュロスに負けてるし、ピーカはゾロに傷ひとつ与えられないまま敗北。

トレボールはルフィに簡単に止められてるのでもう戦力として数える必要すらありません。

次はその下のまあまあ戦える部下たちですが、フランキー、ロビン、チンジャオとかバルトロメオを含めたコリーダコロシアムメンバーとだと戦力差ありすぎですよね。

フランキーとロビンいなくてもチンジャオたちだけで倒せるんじゃないかっていう勢いですよ。

その他多数の戦力外のドフラミンゴの部下たちはトンタッタ族だけでも十分やり合えるレベル。

残りはドフラミンゴだけになるわけですが、ルフィとローはいるしサボもいます。ゾロだって休憩すればまた戦えるだろうし、他のメンバーもいます。

もし藤虎がちゃんと仲間についてくれて、コリーダコロシアムのメンバーがルフィに協力しなかったらアラバスタ編くらいの戦いにはなったはずです。

結局、ルフィたちを賞金首にしたのだって、もし誰かがルフィ側につくのを恐れたからですよね。

もしそうなったら自分たちだけじゃ戦力が足りないことは目に見えてます。

まさかルフィがコロシアムで戦ってる敵まで自分の仲間として引き連れてくるとは、考えてなかったとは思うんですが。

たぶん、ドフラミンゴがこれからルフィに負ける最大の理由は、人を惹きつける力が足りないことなんでしょうね。

この期間に自分のファミリー以外に誰も仲間にできてないわけですが、ルフィはドンキホーテファミリー以外の人たちの大半を味方にしちゃってます。

どこかの時点でドフラミンゴもうすうすこれおれたちやばいんじゃねってなったと思うんです。

これからルフィと戦うわけですが、これでもし勝ってもサボとかゾロがいるし大変そうですよね。

ルフィのこと結構気にしてたから、もし今までの戦いとか前もって調べてたら、これクロコダイルがやられたときと同じパターンじゃんって本当はびくびくしてたりするかもしれないですね。

まとめ

麦わらの一味とローだけならまあどうにでもなるだろうって油断しちゃったんでしょうね。

だいたいいつも油断する敵はルフィにボコボコにされて、あっ、これやばいって気づいたときにはもう遅いんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする