アニメ初心者にもおすすめのアニメベスト50をランキング形式で選んでみた

Screen Shot 2015-04-15 at 04.39.56

アニメを本格的に観るようになって、もう10年近くになります。今もアニメが大好きです。

今日はこれまで観てきた中で、特におすすめしたいアニメを50作品選んでみました。

映画とOVAは含まないのと、「ONE PIECE」のような少年ものはできるだけ省いてあります。

あと、これはあくまでぼくの個人的で主観的なおすすめだということをお忘れなく。

それじゃあランキング形式で紹介していくので、よかったら少しの間付き合ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ初心者にもおすすめのアニメベスト50をランキング形式で選んでみた

50位 未来日記

未来が読める携帯を使って生き残りをかけるサバイバルアニメ。

この作品の最大の魅力はヒロインの由乃が見せるだめ系主人公への狂気的な依存愛です。

中盤からは前半ほどのスピード感はなくなるものの、全体的に勢いがあっていいです。

49位 喰霊-零-

姉妹の強い絆を描いた悲壮感ただよう妖怪アクションアニメ。

この作品は1話と2話のインパクトがもの凄く強くて、その吸引力で観入ってしまいます。

あんまり知られてないのが残念なくらいよく作られたストーリーは圧巻です。

48位 のだめカンタービレ

クラシック音楽を題材にした学園ラブコメアニメ。

音楽を通してラブもコメもちゃんと描いてるところがすごいです。

ぼくはこの作品の影響で、クラシック音楽を聴くようになりました。

ドラマの方もとってもよいので、ぜひ両方とも観てほしいです。

47位 花咲くいろは

東京からひとり引っ越して、母親の実家の旅館で働くことになる主人公の緒花。

まったく知らない環境でどうにかやってこうとする緒花の頑張りに胸が熱くなります。

それぞれのキャラが人間味溢れていて、作画も音楽もすばらしいです。

14話以降は少しテンポがゆっくりになるんですが、それでも十分おもしろいです。

46位 蟲師

蟲と言われる普通の人には見えない生物。その専門家の主人公が各地を渡り歩く物語。

このアニメは絵も音楽もなにもかもが物静かでただただ美しいです。

静かな夜にひとりで癒されたいときにゆっくりと観たい、そんな作品です。

45位 うさぎドロップ

亡くなった祖父の隠し子を30歳独身の主人公が必死にひとりで育ていくお話。

全体的にほのぼのとしていて、そのなかで2人の成長が描かれてます。

まだ子供なのにすごくしっかりしてるりんちゃんがとにかくかわいいです。

44位 デスノート

この作品はマンガか映画で知ってる人もかなり多いでしょうが、アニメもぜひ観てほしいです。

マンガでは表現できない音や演出の効果、映画にはない再現度の高さがうまく現れてます。

文字が多くて億劫になってしまってる人もアニメなら気にせずに観られるはずです。

ライトとLの対決が終わる25話までははらはらどきどきの連続で目が離せません。

43位 氷菓

高校の古典部を舞台にした青春とミステリーが交差する日常アニメ。

この作品の魅力は謎解きというより絵の美しさを活かした演出にあると思います。

ふと目に入る学校の廊下とか教室の黒板が世界観を丁寧に作り上げてくれてます。

そういえば学校のあの独特の雰囲気ってよかったなぁって懐かしくなるはずです。

42位 新世界より

超能力者が現れた未来を舞台にしたシリアスなストーリー展開のSFアニメ。

この作品はいろんなことが終盤まで謎に包まれてるところが不気味でおもしろいです。

序盤は見たこともない生き物とかが出てきてなにがなんだかよくわかりません。

それが少しずつ伏せんが回収されていって、ぞっとするくらいの事実が待ち受けてます。

41位 Angel Beats

卒業式っていいなぁ。このアニメを観終わるとそんなふうについ思ってしまいます。

最初はよくあるただの学園ものかと油断させるところがうまいです。

最後の最後に伏せんがいっきに回収されて、その途端に涙腺が緩みます。

40位 日常

シュールなギャクが飛び交う日常のような非日常アニメ。たぶん、観る人を選びます。

でも、いったんハマってしまうともう止まらなくなり何度も観たくなります。

キャラもみんな個性的で作画も京アニだけあって抜群にいいです。

39位 TIGER&BUNNY

女性に圧倒的な人気を誇るおっさんが主人公の王道ヒーローもの。

人間臭くて感動ありで仲間とか正義を丁寧に描いてるところがいいです。

38位 黒執事

「TIGER&BUUNY」と同じく女性に絶大な人気を誇るダークファンタジーな執事もの。

この作品は20世紀初頭のイギリスが舞台で、その雰囲気がよく出てるところがすばらしいです。

男性でも十分に楽しめる内容なので、敬遠せずに1度観てみてほしいです。

37位 ばらかもん

自分を見直すために都会から田舎にやってきた書道家の主人公。

子供たちがやたらかわいくて癒されるし元気でます。

田舎でしか見られないような風景とか子供たちの純粋さと活発さがたまらないです。

36位 MONSTER

天才的な脳外科医の主人公がある手術をきっかけに大きな事件に巻き込まれてくお話。

このアニメの最大の魅力はあまりにも不気味な悪役の青年ヨハンの存在感の大きさです。

緻密なストーリー設定は安定感があって、最後まで目が離せません。

35位 シドニアの騎士

地球を失い大きな宇宙船で旅をしてる人類が未知の生命体と戦うロボットSFアニメ。

3DCGが巧みに使われていて、戦闘シーンはまるで映画を観てるような迫力です。

設定もかなり緻密に練り上げられてるので、先が気になって仕方なくなります。

ロボット系は敬遠してしまうかもしれないですが、1度観てしまえば止まらなくなるはずです。

34位 涼宮ハルヒの憂鬱

アニメ好きなら絶対に観ておきたい教科書のような作品がいくつかあります。そのひとつがこれ。

ただの学園ものとは一味も二味も違う、いろんな要素がたくさん詰まった良作です。

映画の「涼宮ハルヒの消失」も時間があれば絶対に観てほしいです。

33位 トライガン

「人間台風」と恐れられる伝説のガンマンが主人公の西部劇風ガンアクションアニメ。

このアニメのおもしろさは主人公のヴァッシュとその相棒ニコラスのかっこよさにあります。

最近のアニメには出てこないような男くさい2人がたまらなく熱いです。

32位 東のエデン

100億円を使って腐った国をよくするために選ばれた主人公。

設定が少し強引なところがあるものの、作品の雰囲気がとてつもなくよいです。

テンポもよくてぐいぐい引き込まれます。オープニングテーマもかっこいいです。

31位 デュラララ!!

個性的なキャラたちが池袋を舞台に繰り広げる非日常のドタバタ劇。

いろんなキャラに焦点が当てられてどんどん物語が進んできます。

このアニメはスピード感が心地よいほどにいいので、その感覚をぜひ味わってほしいです。

30位 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

作り手が視聴者を感動させようとあの手この手を使って全力で仕掛けてくるアニメ。

特にZONEの「secret base」を青春時代に聴いて育った世代はど真ん中だと思います。

青春を謳歌しまくった、アニメを普段観ないリア充にこそ観てもらいたいです。

29位 天元突破グレンラガン

笑って泣いて燃え上がらせる男のロボットアニメ。

作画も演出も勢いがあってとにかく熱いです。作ってる側の本気を肌で感じられる作品です。

なにもかも無理を通して勢いで突き進むストーリー展開は潔くて清々しいです。

28位 刀語

主人公たちが12本の刀を集める物語で、1話50分とボリューム感あるアニメ。

絵柄がかなり特徴的なので敬遠されがちですが、観ないのはもったいない良作です。

西尾維新さんの作る独特な世界観に1度入ってしまったらもう抜け出せなくなります。

27位 スペース☆ダンディ

新種の宇宙生物を探し求める宇宙ハンターの日常を超絶クオリティーで描いたSFコメディー。

このアニメはギャグと戦闘シーンのバランスが抜群にいいです。

どうしてこんな作品が作られたのかよくわからないですが、観ないと損するほどおもしろいです。

ただ、少しずつ抽象的な感じのお話になってくるので、そこはつまらなく感じる人もいるかもしれません。

26位 プラネテス

近未来の宇宙開拓時代、宇宙のゴミを回収するために奮闘するある事業部の物語。

これから人類が直面するであろう問題を切実に描いたリアルな設定で考えさせられます。

本当に丁寧に作りこまれていて、たま息が出るくらいすばらしい作品です。

25位 坂道のアポロン

ジャズと青春をテーマにしたノスタルジックで軽快な超かっこいいアニメ。

もうジャズの演奏シーンが圧倒的によくて、そこだけでも観る価値があると思います。

ぼくはこのアニメを観てから、ジャズ好きを自称するようになりました。

24位 キルラキル

この作品は1話1話の熱量が半端ないです。テンポのよさや絵の躍動感も凄まじいです。

いろいろとぶっ飛んでるところを本気で描いてくるからただただ圧倒されます。

なんだかすごいアニメを観てしまった、そんな気分にさせてくれます。

23位 Serial Experiments Lain

主人公が現実世界とネット世界を交錯するあまりにも抽象的で難解なストーリーのSFアニメ。

「ああ、おもしろかった」と1回観て終わるような方向性の作品とはちがいます。

もしかしたら何回観てもわからないかもしれません。ぼくも正直わかってるのかわからないです。

たぶん、いろいろと哲学的なことを考えるのが好きな人はハマるんじゃないかと思います。

22位 ヨルムンガンド

武器商人とその私兵たちが世界中を渡り歩きながら敵を倒してくガンアクションアニメ。

独特な雰囲気の世界観とテンポ、それにリアルな描写が魅力的で戦闘シーンもかっこいいです。

出てくるキャラもそれぞれクセがあって愛着が湧いてしまいます。

21位 魔法少女まどか☆マギカ

不条理で鬱展開のダークファンタジーな魔法少女ものアニメ。

この作品は前情報が少なければ少ないほど楽しめるようになってます。

フラグがいろんなところに散りばめられてるのでお見逃しなく。

20位 CLANNAD(クラナド)

美少女たちに囲まれた主人公のハーレムな学園生活をめちゃくちゃ丁寧に描いた作品。

表紙を見ると女の子たちがたくさん写っていて、ただの萌えアニメだと思ってしまいます。

でも、ストーリーは本当によくできていて、京アニの本気がうかがえる映像美も必見です。

この作品は「AFTER STORY」という続きがあって、ティッシュボックスなしには観られないです。

19位 Fate/Zero

「聖杯」をめぐって、魔術師たちが過去の英雄を召喚して戦い合う壮大なバトルアニメ。

なにもかもが超ハイクオリティー。特に戦闘シーンは息をつく暇もないほど熱いです。

こういうアニメがあるからこそ、できるだけ高画質で観たくなります。

18位 BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)

東南アジアのある港町を舞台にしたB級ガンアクションアニメ。

出てくる女性キャラがやたらかっこよくて、銃撃戦はかなりの完成度の高さです。

間違いなくガンアクションアニメではこの作品がいちばんおすすめです。

17位 Kanon(2006年版)

主人公が美少女たちに異常にモテるハーレムアニメ。

萌え萌えしてるしキャラの目が手よりも大きいから敬遠されがちなのが残念すぎます。

よく作りこまれたシナリオに何度も感動して泣きました。感動した数だとこの作品がダントツです。

ちなみに、映像と音楽は「CLANNAD」の方がずば抜けてると思います。

16位 PSYCHO-PASS サイコパス

人の心を数値化できるようになった未来が舞台で、警察が主人公のSFアクションアニメ。

完全に管理された社会を守ろうとする警察とそれをぶち壊そうとする犯罪者。

いったいどう生きることが正解で幸せなのか、すごく考えさせられる内容になってます。

アクションシーンはもちろん、作品全体の退廃的な雰囲気が最高によい味出してます。

15位 狼と香辛料

中世ヨーロッパが舞台の経済をテーマにしたロードファンタジーアニメ。

行商人の主人公と狼の化身であるホロが商取引をしながら各地をぶらぶらとめぐります。

この作品のよさは2人の絆がどんどん深まってく様子をものすごく丁寧に描いてるところです。

テーマが経済のわりにテンポもよくて、ぐいぐい引き込まれます。

14位 ちはやふる

青春、努力、友情を熱量たっぷりに描いた百人一首アニメ。

百人一首と聞いてなんだか地味に聞こえるかもしれないけど、ちょっと待ってほしいです。

めちゃくちゃ熱いよ。これはもうスポーツだよ。絶対に観るべきです。

もし中学に入る前にこの作品に出会ってたら、ぼくはかるた部に間違いなく入ってたと思います。

13位 攻殻機動隊

あの映画「マトリックス」にも影響を与えた日本最高峰のSFアニメ。

脳とネットを繋いだ電脳化やサイボーグ化が普及した近未来。

それでも日々起こる犯罪と戦い続ける特殊部隊公安9課の日々が描かれます。

この作品はもはや古典になりつつありますが、今観ても抜群におもしろいです。

アニメの歴史を知る上でも絶対に観ておきたいひとつです。

12位 Cowboy Bebop(カウボーイビバップ)

賞金稼ぎの主人公たちが宇宙船に乗って旅をするハードボイルドなSFアニメ。

雰囲気のある世界観にかっこいいJAZZのBGMで酔いしれてしまいそうになります。

こういう作品が最近はまったくないのですごく時代の流れを感じます。

11位 進撃の巨人

壁の中で暮らしてる人類が、壁の外からやってきた巨人に立ち向かう壮絶な物語。

あまりにも絶望的な状況が続き、はらはらどきどきで先が気になって仕方なくなります。

大迫力の戦闘シーンは超興奮します。立体機動の躍動感は特に見応えがあっていいです。

10位 ひぐらしのなく頃に

ある村を舞台にした不条理で悲しみに満ちたホラーサスペンスアニメ。

なにが起きてるのかわからない状況、先の読めない展開は見事だと思います。

ただ、かなり残酷な場面が多いので、ひとりで観るときには注意が必要かもしれません。

9位 銀魂

江戸を舞台に万事屋の銀さんが暴れまくる過激ギャグアニメ。

笑いのセンスが抜群で、アニメだと文字が多いのも気にせず観られるからすきです。

制作側も声優陣もみんな楽しんでるのがめちゃくちゃ伝わってきます。

全部で250話以上あるのに、何度でも観たくなる作品です。

8位 SHIROBAKO

アニメーション製作会社を舞台にアニメに関わってる人たちの奮闘が描かれてます。

普段は見ることのできないアニメ製作の裏側が観られるので、おもしろくないわけがありません。

実在する人たちも出てきたりして、説得力のあるストーリーになってます。

うまくいかないことばかりで、それでもみんなでどうにかひとつの作品を完成させる。

ドラマみたいなことはほとんどないですが、ちょっとしたことにふと感動してしまう作品です。

7位 ピンポン

自分の才能にうぬぼれる天才と無口で内向的な天才の成長を描いた青春ピンポンアニメ。

ひとりひとりのキャラが本当に味があってリアリティーに溢れてます。

絵のタッチも独特でキャラの内面と動きにうまく混ざり合って不思議な恍惚感があります。

試合でのラリーのシーンは迫力があって、つい観入ってしまいます。

6位 四畳半神話大系

大学に入学した主人公がバラ色のキャンパスライフを満喫しようと奮闘する青春文学アニメ。

この作品は主人公のテンポのよいモノローグが凄まじく心地よく耳に響き渡るんです。

いわゆるアニメとはちょっと違うのでとっつきにくいけど、1度ハマるとクセになります。

5位 BACCANO!(バッカーノ!)

1930年代のアメリカが舞台で個性豊かなキャラたちが大馬鹿騒ぎします。

特定の主人公はいなくて、いろんなキャラの視点で物語がどんどん進んでいきます。

時系列も行ったり来たりで最初は混乱してしまうんですが、最終的に1本の糸になります。

とにかくテンポがよくて、みんなかっこよくて、テンションが猛烈に上がる作品です。

4位 化物語

「怪異」に悩まされる少女たちを主人公が助けてまわるハーレムアニメ。

会話が中心で物語が進むんですが、その言葉遊びが天才的にすばらしいです。

シャフトの演出で会話中にも背景がさまざまに変わって、耳も目も飽きさせません。

一癖も二癖もあるユニークなキャラばかりなので、いっそうおもしろいです。

3位 とらドラ!

学園ラブコメの最高峰と言ってもいいくらいクオリティーの高いアニメ。

キャラからストーリー、それに音楽まで期待を上回る出来になっていて驚きます。

ぼくがアニメを観るきっかけになった作品でもあるので、かなり思い出深いです。

2位 コードギアス 反逆のルルーシュ

自分を捨てた世界最強の帝国の王である父への復讐劇を描いた壮絶な物語。

主人公はギアスという特殊能力と頭脳を駆使して敵をどんどん蹴散らしていきます。

次が気になって仕方なくなるストーリー展開と丁寧な心理描写は見事です。

絵柄が少し独特なのとロボットアニメだからというだけで観ないのは超損してます。

1位 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)

自称マッドサイエンティストの主人公が偶然過去へメールできる仕組みを発見します。

そこからある運命に巻き込まれるシリアス展開のループものです。

はじめはゆっくりめにスタートして、9話を境にいっきに物語が突き進みます

キャラがそれぞれちゃんと立ってるので、物語の中にもぐいぐい入れちゃいます。

最後の最後まで手に汗を握りながら目が話せない展開はすごいとしか言いようがないです。

まとめ

50位だと足りないくらいまだまだおすすめしたいアニメがあるんですが、それはまた今度ということで。

軽い気持ちで書き始めて思いのほか時間がかかったので、超疲れました。

こうやって並べてみると自分の好きなジャンルの傾向も意外とよくわかっておもしろいです。

今日紹介した中からひとつでも観たいと思える作品があったら嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする