海外に英語の語学留学をしようと考えてる人におすすめの国ランキングベスト5

toronto-123058_640

今はカナダで大学生をやってる身なんですが、高校時代にはニュージーランドやアメリカに短期で留学みたいなことをしたり、それからもいろんな国に行ってきました。

そのせいかこれから海外に語学留学をしようと考えてる日本人の友達から、留学するならどこの国がおすすめかと聞かれることがあります。

ということで、今回は語学留学するのに最適だと思う国を、その国のメリットやデメリットについても触れながら、ランキング形式で紹介してこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

語学留学におすすめの国ランキング

5位 ニュージーランド

aoraki-90388_640

ニュージーランドの都市部は日本人も含めアジア系ばかりですが、田舎の方に留学すると日本人も少なめで、英語を学ぶにはとってもいい環境になってます。

やっぱり「英語しか話さないぞ」と自分の中では決めてても、日本語で話しかけられたり日本人が周りにいると、どうしても英語を話す機会が減ってしまいます。

また、基本的に田舎には、必要最低限のお店と大自然しかないから、どうしたって英語を勉強することになります。

ニュージーランドは自然豊かなイメージがありますが、オークランドのような都市部に行けばビル群はあるし、誘惑もたくさんあります。

それで英語がちゃんと話せる人たちといろんなところに行くなら問題ないんですが、大抵は日本人とぶらぶらして終わってしまいます。

そもそもニュージーランドは自然が本当に豊かなので、ぜひ田舎で英語を学びながら、その自然を体験してほしいです。

4位 イギリス

tower-bridge-528126_640

イギリスは国自体のレベルが本当に高いと思います。世界でもっとも成熟した国なんじゃないでしょうか。そういったイギリスの文化を肌で感じたい人には、おすすめです。

イギリスは食べ物がおいしくないと言われてますが、ロンドンのような都市部なら日本食レストランもたくさんあるので、そこまで食に不自由することはないと思います。

アフターヌーンティーが好きな人なら、ロンドンだとそこら中にあるので、いろんなところを回ってみると絶対に楽しいです。

ただ、ポンドがとにかく高いです。信じられないくらい高いです。去年の夏にマンチェスターに行ったときに、1万円を空港で両替して、55ポンドくらいになってびっくりしました。

ワーキング・ホリデーで行くのなら、向こうでお金を稼げるから問題ないんでしょうが、語学留学で行くなら、かなりお金がないと厳しいかもしれません。

3位 フィリピン

pagudpud-beach-593847_640

留学費を抑えたい人は、フィリピンへの語学留学がおすすめです。やっぱり、ニュージーランドにしろイギリスにしろ、飛行機代も生活費もかなり高いです。

それに比べてフィリピンなら日本から近いし、飛行機代も生活費もそこまでかかりません。1ヶ月の生活費は他の国の半分以下で済んでしまいます。

また、他の英語圏では少人数で授業を受けるわけですが、フィリピンでは先生とのマンツーマン授業もあるため、英語を話す機会が圧倒的に多くなります。

問題点としては、何ヶ月も同じ人といるからか、少しずつ授業に飽きてきます。そのせいで学校を辞めていく日本人も結構います。

あと、フィリピンはあんまり治安が良くないです。お金にある程度余裕があるなら、フィリピン以外の国にした方が、安全面では安心して海外生活を送ることができます。

2位 オーストラリア

the-sea-657043_640

オーストラリアはとても安全な国として有名で、留学にはおすすめです。

自然が豊かなこともあって、アクティビティーも盛んに行われてるので、授業の後にいろんなアクティビティーに参加すると、日本ではなかなかできない体験ができて楽しいと思います。

しかも、シドニーのような海の近くにある場所を選ぶと、夏は海で泳ぎまくれます(ニュージーランドもそうですが、日本とは季節が反対です)。

都市部だと日本食レストランもいっぱいあって、日本食が恋しくなることもほとんどないです。また、多民族国家だから、いろんな国の人と友達にもなれます。

ただ、都市部にはニュージーランドと同じように日本人がたくさんいます。もし日本人の少ない環境で英語を学びたい場合は、田舎の方に行くしかないです。

1位 カナダ

toronto-123058_640

これはもうどこの英語圏でも言えることなんですが、カナダの都市部も日本人は多いです。でも、語学留学するなら、カナダ、特にトロントが圧倒的におすすめです。

その理由をいくつか箇条書きにしてみました。

・日本と同じくらい安全(感覚的にはトロントの方がずっと安全)
・街の人たちがとても優しい(お隣の国に行ってから、帰ってくるとつくづくと思います)
・日本食も含めいろんな国のレストランがある(ギリシャ人街はギリシャを除くと世界最大)
・いろんな国の人と知り合える(多民族国家)
・ニューヨークとロンドンに次いでミュージカルが有名(ミュージカル好きにはたまりません)
・NBAやMLBも観に行ける(地元のチームが弱いので、超安くチケットが手に入ります)
・アメリカ、特にニューヨークにもすぐに行ける距離(飛行機だと片道2時間半、バスだと12時間)
・ヨーロッパや南米にも飛行機で簡単に行ける(どちらも日本からだとめちゃくちゃ遠いです)

ぶっちゃけ頑張れば、別に日本にいても英語を話せるようにはなると思います。でも、その国、地域ごとの環境や空気感だけはそこに行ってみないとわかりません。

留学しているうちに、日本からだと行きにくい南米なんかに旅行で行きたい人にとっても、トロントはなかなか良い場所だと思います。実際、ぼくの友達の多くもいろんなところに旅行に行ってます。

とまあ、「英語+体験の密度+安全性+多様性+金銭面+利便性+(ぼくのトロントへの愛着と偏見)」を総合的に考えると、トロントが留学にはいちばんおすすめです。

まとめ

結局、どんなに悩んでも、そこに行ってみないとわからないことがたくさんあります。もしかしたら失敗したと後悔するかもしれないし、逆に行って良かったと思うかもしれません。

また、その国のことをどう思うかは、自分がそこでどう行動するかにもよるので、せっかく行くなら全力で楽しんで全力で英語に触れてみてくださいね。

<こちらの記事もどうぞ>
[海外旅行・留学] すぐにでも必要な人におすすめのクレジットカード

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする