ウォーターサーバーのメリット・デメリットまとめ

Screen Shot 2015-06-24 at 15.26.06

前回の記事でおすすめのウォーターサーバーについて書いたので、今回はそのついでにウォーターサーバーのメリットやデメリットについて詳しく書いてみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

良いところと悪いところ

メリット

1. 安心しておいしく飲める

水道水を飲むのは、残留塩素があって体にあまりよくありません。特にアトピーの人などは、水ひとつで体の状態がかなり違ってくるので、お水には気をつかいたいです。そもそも水道水はおいしくないので、飲み水としてはおすすめしません。

一方で、ウォーターサーバーは、少なくとも水道水よりか断然安全でおいしいお水を飲むことができます。

2. 業者がお水を家まで持ってきてくれる

水道水でなくてもスーパーやコンビニでペットボトルのお水を買うこともできますが、この場合、いちいちそこまで買いに行く必要がありますし、1本のペットボトルを冷蔵庫に入れるだけでも結構場所を取ります。

ウォーターサーバーなら、業者の人が毎回お水を家まで持ってきてくれますし、しかも空になったボトルも回収してくれるので、ペットボトルみたいに自分で買いに行く必要も捨てに行く必要もありません。

3. 冷水とお湯が出る

夏になると生温いお水が出ることがある水道水。ペットボトルにしても冷蔵庫で冷やさないといけませんし、さっきも言ったように、そうすると場所を取ってしまいます。

でも、ウォーターサーバーの場合、冷たいお水も出ますし、熱いお湯もすぐに出るので、何もしなくていいんです。しかも、ボトルを入れ替えてから数分程度で冷たいお水も熱いお湯も出てくれます。

4. 電気代が意外と安い

ウォーターサーバーの電気代が気になる人もいるでしょうが、平均で月に900〜1000円程度とそこまで高くありません。これはだいたい電気ポットの月にかかる電気代と変わらないんです。

また、コスモウォーターというところの「らく楽スタイルウォーターサーバーsmart」だったら、省エネ機能も付いてるので、月にかかる電気代は403〜457円と通常の半分しかかかりません。

これについての詳しい情報は、さっきのおすすめのウォーターサーバーを参照してくださいね。

5. 万一のときに便利

日本だから地震のような災害がいつあるかわかりません。なので、水道が止まってしまったときのことを考えておかないといけないです。

ペットボトルを用意しておくのもよいですが、お水にも賞味期限はあります。いつ起きるかわからない災害のために、賞味期限のあるお水を置いておくのはもったいないです。もちろん、少しくらいは置いておいた方がよいでしょうが、ほんの少しで十分だ思います。

それがウォーターサーバーだと、定期的に新しいお水を受け取れますし、一般的にボトル1本に12Lのお水が入ってます。それを最低でも毎回2本以上頼むことが条件なので、何かあったときにもまだ十分にお水が残ってる可能性が高いです。

実際、3.11のときに多くの人がスーパーにお水を買いに行ったせいで、在庫不足になってしまったときでも、ぼくの家ではお水に困ることはありませんでした。

デメリット

1. 意外と場所を取る

冷蔵庫の中のペットボトルほどではないですが、ウォーターサーバーも意外と場所を取ってしまいます。でも、最近だともの凄く小さいタイプのものもあるので、そこまで気にする必要はないかもしれないです。

2. ボトルのお水がかなり重い

ウォーターサーバーのボトルのお水は想像以上に重いです。ぼくがひ弱なだけかもしれないですが、ひーひー言いながらいつも持ち上げてます。さらに、大抵のものは設置場所が上部にあるため、結構な力で持ち上げないといけません。

ただ、子供や、女性、それに高齢者でも簡単に設置できるように、下の方に設置できるタイプもありますし、これからはそっちがどんどん主流になってくような気がします。

3. お水が少し高め

コンビニで売ってるペットボトルほどではないですが、ウォーターサーバーのお水は少し高めです。安いものもありますが、そうすると毎月のレンタル料を取られたりするため、全体としてはどこの会社も同じ程度です。

まとめ

一応、ウォーターサーバーのデメリットも書いてみましたが、基本的にはメリットばかりなので、そのうちテレビのように各家庭に普及するんじゃないかと思ってます。

むしろ、もしテレビとウォーターサーバーのどちらを選ぶかという2択だったら、個人的には後者を迷わずに選びたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする