わきがの原因やその対策についていろいろと調べてみた

2949365129_2f659c1446_z

最近、トロントもむし暑くなってきました。部屋の中で扇風機をかけていても、汗をかいてしまいます。それとわき汗もちょくちょく出てきて、なんというか不快な気分になります。

別に強いにおいがわきからするわけではないんですが、それでも鼻を近づければ無臭ではないですし、わきのあたりに汗が少しでもあると、心地よくありません。

そもそもこのにおいが、いつもっと強く放たれるようになるかもわからないわけです。ということで、ちょっと気になってわきがの原因とその対策についていろいろと調べてみたので、自分なりにここにまとめておこうと思います。

photo by jovenjames

スポンサーリンク
スポンサーリンク

わきがの原因と対策

わきがの正式名称は腋臭症(えきしゅうしょう)と言って、わきから出る汗が皮膚とかわき毛の細菌に分解されて、あの酸っぱいにおいを放つようになります。

実は人の汗腺には3種類あって、その中でもアポクリン腺というのが、細菌を呼び寄せる原因になってます。細菌をできるだけ少なくする努力はもちろん、このアポクリン腺をどうにかしないといけません。

じゃあまず、そもそも具体的にどんなことをすることで、わきから強いにおいがするようになってしまうのか。また、どうすればそのにおいを弱めたりなくすことができるのか、ひとつずつ挙げていきます。

1. 偏った食生活

これはもうなんとなく想像がつきますが、やっぱり偏った食生活は体によくないです。特に、お肉類とか乳製品のような動物性たんぱく質、油物、それに塩とか糖分を取りすぎると、アポクリン腺を活性化させます。

ぼくの友達に、毎日のようにその日に食べたラーメンの写真をInstagramに上げてる人がいて、イケメンでモテモテなのに、実はわきが予備軍だったりするんでしょうか。

あと、チョコレートとかそういった甘いものを食べ過ぎてる人も注意が必要です。乳製品とか油ものに関しては、そもそも体によくないって言われてますよね。

2. お風呂の入り方がわるい

お風呂のお湯につかるのが面倒だからという理由で、シャワーだけですませたりすると、新陳代謝が悪くなって、老廃物がうまく排出されません。そして、わきに細菌がたまったりして、わきがの原因になってしまいます。

これは最近流行りのデトックスをすることで解消されて、お風呂のお湯でしっかり汗を流して、体の老廃物を外に出さなくてはいけません。

ぼくもカナダに住むようになってから、日本にいた頃よりもわき汗をかくようになって、もしかしたらそれはシャワーしか浴びなかったからかもしれません。

日本にいた頃はシャワーだけじゃなくて、ちゃんとお風呂のお湯にもつかってたんですが、こっちは基本的にシャワーだけなんですよ。

でもそう考えると、どうして日本人よりも外国人にわきがの人が多いのかも、ちょっと納得がいきますね。

3. わき毛

わき毛が多ければ多いほど、細菌もそこに繁殖しやすくなって、わきのにおいは強くなります。

これは男の人はどうすればいいんだってことになりますが、女性のようにわき毛を剃るしかありません。そうすれば、細菌は減って、少なくとも以前よりはにおいが弱くなります。

わきがを徹底的に絶つには、そもそものアポクリン線を減らす必要があるんですが、この汗腺の量は生まれつき決まってます。それだったら細菌が増殖する原因のわき毛をどうにかする方がいいですよね。

注意点としては、わき毛は抜くのではなくて剃刀で剃ることです。抜いてしまうと皮膚を傷つけて逆効果になることがあります。

また、男性はわけ毛を剃ることに抵抗があるかもしれません。でも、強いにおいがして、それを毎日のように気にするよりか、剃ってしまった方がストレスもたまらずよいと思います。

ちなみに、欧米では男女共にムダ毛の処理は一般的で、そのうち日本でも主流になる可能性も大いにあります。

ぼくはカナダにいるため、特に抵抗なくわき毛を剃ってしまいました。すっきりしますし、いったん剃ってしまえば、だんだん気にならなくなります。それに相手に不快な思いをさせるよりかはいくぶんましな気もします。

最終手段は手術

他にも飲酒やタバコ、それに疲れとストレスなどいっぱいあるんですが、上で挙げた原因が主だと思います。

さっきも少し触れたように、偏った食生活を改善したり、お風呂のお湯にきちんと入ったり、わき毛を剃ることで、ある程度においはおさまります。でも、アポクリン腺自体が減るわけじゃありません。

それと運動したときなどに出るエクリン腺という汗腺もやっかいで、ここから出る汗とアポクリン腺から出る汗が混ざり、わきの細菌を余計に繁殖させます。

もうこの2つの汗腺は手術で除去するしかないらしく、逆に言うと、そうすることでわきがは解消されるとのことです。

いろいろと調べてみたら、保険が適用されるところとされないところがあります。適用されないと片わきで15万円くらいかかるのに、されると2万円ほどで済んでしまいます。

なので、できれば保険が適用されるところで手術を受けた方がいいと思います。自分の家から行けるところで、そういうところがないか探してみてください。

まとめ

それにしてもわき毛がわきがの原因だなんて、男性諸君、ぼくたちもムダ毛処理を定期的にする時期に来てるのかもしれません。女性はにおいを異常に気にするらしいです。わきからのにおいは特にきついですよね。

そもそも「男はわき毛があるもの」だなんていうダンディズムはもう古いです。実際、欧米の男性の多くはムダ毛の処理を行ってます。よく考えてみると、男の人がわき毛を生やして得することなんてほとんどありません。ただの自己満足とか自尊心くらいのもの。

最近の女性は毛に関して、特に気にしてる傾向にあります。周りの仲の良い女友達に、レーザー脱毛をしたことがあるか、またはしたいか聞いてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする