【ワンピース】最近のサンジがあまりにも残念すぎるので、過去の栄光を振り返ってみた

sunset-189912_640

最近のサンジがあまりにも残念というか、かわいそうというか、弱すぎるというか、尾田さんからの扱いがひどいというか、見てると悲しくなってきたので、サンジの過去の輝かしい戦いとかを振り返ってみたいと思います。ちょっと長くなるかもしれませんが、よかったら読んでいってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンジの過去の栄光

東の海編

クリーク海賊団2番隊隊長パールを圧倒

どんな戦いも無傷でやってきたと自慢してる鉄壁の盾男パールに、首領・クリークの攻撃を受けてふっ飛ぶルフィ。サンジが前から蹴りを入れるタイミングとルフィがパールの後ろに飛んでくるタイミングがたまたま合ってしまって、サンドイッチ、どーん。それでパールは鼻血が出て、怒りまくって盾を炎で覆います。

サンジはそんなパールの炎にまったく構わず、顔面に蹴りを入れて、「バーカ 炎が恐くて料理人が務まるかよ」ってめちゃくちゃかっこいいこと言って圧倒します。でも、もうあと少しというところで、ギンがゼフを人質に取って、サンジは何もできずボコボコにされちゃいます。

まあ、そのままやられちゃうのかサンジという瞬間に、ギンがパールを一撃で仕留めて、「おれの手でこいつはやる」みたいなことを言って、次はサンジとギンの戦いが始まるわけですが、うん、このときはすごいかっこよかったです。仕方なく攻撃を受けてただけで、普通に戦ってれば勝ってたわけですし、「クソジジイ」とか言ってたサンジの本当のところの人情深さみたいなものを見られてにやにやしました。

クリーク海賊団戦闘総隊長ギンと互角の戦い

ギンとの戦いは拮抗するんですが、パールに受けたダメージがかなり残ってるサンジは、少しずつ負けてきてしまいます。ギンはギンでサンジからチャーハンをもらってやさしくされたっていう恩とか気持ちがあって、最終的には見逃そうとします。

そんなギンの甘さに怒った首領・クリークは毒ガス弾を撃って、ギンには毒ガスマスクをしないよう言いつけます。その結果、ギンは毒にやられて弱り果てちゃって、サンジとの戦いはそのままなくなっちゃうんですが、ここもまあなんいうか勝ちも負けもしなかったわけですが、最近よくある「おい、サンジ!」みたいなことにはなりませんでした。

そもそもこの戦いはサンジもギンもやりたくてやってたというよりか、首領・クリークの前だからやってたみたいなところがありますし、ギンかっこいいし強いので、サンジが負けても驚きはしませんでした。それにギンの気持ちを汲んで、傷だらけながら本気で戦ってる感じがよかったです。

アーロン一味戦闘員モームを蹴り飛ばす

ナミたちのところに向かってる途中に、モームがサンジたちの食べてる料理のにおいにつられてやってきます。モームが料理を狙ってると知ると、怒ってぶん殴るルフィ。サンジは腹空かせてる奴をむやみにぶっ飛ばすなと怒って、モームに自分の作った料理をあげようとします。そうすると、サンジごと食べようとして、サンジも怒って蹴り飛ばしちゃいます。

まだこの頃はモームみたいな大きな生き物もあんまり出てきてなかったですし、バラティエではサンジの強さがまだそこまでわからなかったので、モームを余裕で倒すサンジがめちゃくちゃ強く見えました。ルフィが倒しちゃうならまあわかるんですが、悪魔の実も食べてなくて武器も使わないただの人間のサンジが倒しちゃうのは、あの頃はすごいと思いました、というかすごすぎですよね。

アーロン一味幹部クロオビに圧勝

ルフィがドジって地面から足が抜けなくなったのをいいことに、アーロンがルフィの周りの地面をはがして、ルフィごと海に放り投げちゃいます。はやく助けないとルフィは溺れちゃうわけですが、まずはクロオビを倒してからいかないと、海では魚人に勝てるはずがありません。

先にはっちゃんを倒したゾロが海に飛び込もうとすると、それを止めるサンジ。鷹の目から受けた傷がまた開きかけて、その状態で海に入ったら大変なことになるからと、サンジがいきなり海に飛び込みます。そうすると愚か者めみたいな笑い方で、サンジを追うクロオビ。

もちろん、海の中だとクロオビにはまったく歯が立たなくてボコボコにされてしまいます。どうにかクロオビのエラに酸素を入れて、1回地上に戻るサンジ。もうそこからはボコボコにされた分をその2倍くらいで返して、最後に「デザートは・・・要らねェか」なんて決め台詞まで言って圧勝。

この戦いはサンジの思いやりとか怒りとかもかなり露骨に描かれてるので、すきです。ルフィのこともしっかり助けてます。スリラーバークのときみたいに、アブサロムを追いつめながらも、最後の最後でナミを救い出せないみたいな滑稽なことはありませんでした。

アラバスタ編

caravan-339564_640

バッロクワークスのMr.3になりすまし、追手を退かせる

ゾロとの狩り勝負ででっかい虎みたいな獣を捕まえ終えて、みんなを待ってると誰もきません。仕方なくみんなを探しに行くと、その途中でMr.3の根城をそうと知らずに見つけます。で、そこで優雅に紅茶を飲んでると、クロコダイルからの電話がいきなりかかってきます。サンジは機転をきかせて、Mr.3になりすまし、追手を退かせちゃいます。

このクロコダイルからの電話があるまでは、「おいおい、サンジ。はやくゾロとかナミを助けに行けよ」って思ってたんですが、サンジの機転のよさに仰天しました。あっ、そういえば、それとクロコダイルとの電話中にアンラッキーズを蹴り飛ばしてましたね。

ルフィたちとスモーカーを助ける

スモーカーに追われるルフィたちは、そのままクロコダイルが経営するカジノの中に入っていきます。ルフィたちが来てることを知ってるクロコダイルは、ルフィたちを誘導して、海楼石で作られた牢屋に入れちゃいます。ルフィたちはどうやっても出ることができず、そのうちでっかいワニと一緒にお水が入ってきて、どうしようもなくなってしまいます。

そんなときにMr.プリンスことサンジがやってきて、みんなを助け出すんですね。登場シーンでワニを蹴り飛ばすところとか半端なくかっこよかったです。ルフィたちと一緒に、思わず「プリンス〜!」って叫んでました。

バロックワークスのMr.2に勝利

Mr.2から追われるビビとカルーを助けて、先に行かせるサンジ。あの「行け」はかっこよかったです。Mr.2との戦いは相手が相手だけに、ギャグっぽくてそこまで戦ってる感じがしませんでした。それでも結果として勝って、ウソップのゴーグルもちゃんと取り返して、さすがサンジって思いました。

空島編

sky-414199_640

神官サトリに勝利

ナミたちを追っかけて、アッパーヤード(神の島)に向かうルフィ、サンジ、ウソップ。そうすると4つの入り口があって、玉の試練を選ぶルフィたち。そこに出てきたのは、神官サトリ。サトリはマントラ(心綱)、つまり見聞色の覇気を身につけてて、みんな歯が立ちません。

そこでルフィは身動きができないように後ろからサトリに抱きついて、サンジがかかと落としで一発KO。これはまあ2人で協力して戦ったので、勝って当然なんですが、勝ちは勝ち。そもそも見聞色の覇気を身につけてる敵によく勝ったと思います。

エネルからナミとウソップを助ける

エネルにさらわれたナミを助けに行くウソップとサンジ。サンジはまずエネルの船を壊そうとするため、ナミのことをウソップに任せます。でも、結局何もできないウソップは、窮地に追いやられてしまいます。もう2人ともやばいというところで、サンジが現れ2人を船から逃がして、またかっこよく「行け」って言います。

雷が効かないゴム人間のルフィとは違って、生身の人間で、しかも相手は見聞色の覇気が使えます。どうあがいたって勝ち目はないのに、2人を逃がすために犠牲になるサンジ。エネルに雷をくらって、「悪ィな・・・・・・タバコの火ィ・・・・・・欲しかった・・・・・トコだ・・・」って言って倒れるわけですが、うぎゃー、超かっこいいですね。

ウォーターセブン編

venice-341468_640

デービーバックファイトの2回戦でゾロとの連携で勝利

ここはもうなんか勝ちとか負けとかどうでもいいんですが、いつもは仲が悪いゾロとサンジが協力してるところが、微笑ましくてにやにやしてしまいました。

CP9から単独でウソップとフランキーを救出

ロビンとウソップを助けるために、海列車に単独と独断で乗るサンジ。CP6のジェリーを倒して、ウソップとついでにフランキーも救出して、「おれは止まる気はねェんで」ってルフィに電伝虫で言って、ロビンのいる車両に向かいます。

そうすると次に出てきたのが、CP7のワンゼ。ワンゼにはちょっと手こずるものの、最終的にはちゃんと破って、ウソップが救出してきたロビンとみんなで逃げようとするんですが、CP9のブルーノにボコボコにされて、またロビンを連れ去られちゃいます。

うーん、まあここは負けても仕方なかった気もします。ルフィとゾロも1回は負けてるし、CP9の六式の技とかも初めてで戸惑ったと思います。それにとりあえずはウソップとフランキーを救出できたわけですし、あと麦らわの一味を助けるために、ロビンが救出されようとしてなかったことも大きいです。ということで、十分頑張ったよ、サンジ。

CP9のジャブラに勝利

CP9のジャブラにウソップがボコボコにされて、「もうこのままじゃやられる!」ってところで、サンジがかっこよく登場。登場したときのセリフも「狩人(かりうど)」とか言ってめちゃくちゃかっこいい。

そこからジャブラをほとんどボコボコ状態にして、最後は新技の悪魔風脚(ディアブルジャンブ)」、悪魔風脚 一級挽き肉(プルミエール・アッシ)、そして悪魔風脚 画竜点睛(フランバージュ)ショットで勝利。

エニエスロビーはルフィもゾロもみんな新技使って、みんなかっこよくて、かっこよすぎて震えました。サンジの脚から炎が出る技もテンション上がりまくりました。

まとめ

とまあ、ここらへんまではサンジは安定のかっこよさでした。でも、エニエスロビーが終わって、サンジの手配書が配られたあたりから、少しずつサンジの立ち位置みたいなものが変わっていったような気がします。

ナミを助けられなかったり、あとは頼むとか言っておきながらゾロにいいとこ持ってかれたり、男から女になったり、2年間修行して覇気を身につけたにもかかわらずジンベエと協力して戦ったり、ヴェルゴに足の骨折られて負けそうになったり、ドフラミンゴにボコボコにされたり、ここ最近ではそもそも登場シーンがなかったりと、いったいどうしたんだサンジっていう悲しみと怒りとその他の感情が複雑に混ざり合ってます。

昔のあの頃のかっこよかったサンジを知ってるからこそ、余計につらいんですよね。そこはウソップとかブルックの立ち位置でいいじゃんって思ってしまいます。ドレスローザがもうすぐ終わって、やっとサンジが出てくるはずなんですが、そのときにかっこいいサンジを見られることを願ってる今日この頃、という感じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする