ぼくたちの未来を熱くする「Deep Learning」の仕組みやその可能性についてまとめてみた

binary-797267_640

最近、人工知能(AI)がめちゃくちゃ熱いです。「攻殻機動隊」に出てくるタチコマに出会える未来もそう遠くないかもしれません。そんな期待を抱かずにはいられないブレークスルーが、カナダのトロント大学で起きました。

もうかなり話題になってるので、知ってる人もいるかもしれませんが、そう、「Deep Learning(ディープ・ラーニング)」のことです。

でも、まだまだ一般的には知られてなくて、ということで今回はぼくの知る限りのDeep Learningについて、わかりやすくまとめてみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Deep Learningとは

まず、Deep Learningをざっくり説明すると、まるで人間と同じように、もしくは人間よりも何倍もはやいスピードで、物事を学習できるアルゴリズムのことだと考えておけばよいと思います。

そもそもこのDeep Learningが注目され始めたのは、2012年に行われた人工知能の精度を競う大会で、トロント大学が圧勝してからです。しかも、画像認識、化合物の活性予測、それに音声認識の3つの大会で圧倒的な勝利をおさめました。

さらにもっとも驚くべきは、化合物の活性予測の大会で、周りのチームがその専門家だったのに対して、このトロント大学のチームの中には、化学も生物学もしっかり学んだ人がいなくて、優勝してしまったことです。

仕組み

Deep Learningの仕組みを理解する前に、ニューラルネットワークという単語の意味を知る必要があります。

これは脳のニューロン(神経細胞)とシナプス(ニューロンを結ぶ結合部分)の構造を再現した情報処理システムのことで、これによってコンピューター自身が学ぶことをできるようになります。

Deep Learningはこのニューラルネットワークを何層にも重ねたもので、このことにより以前よりもかなり人間に近い学習の仕方ができるようになりました。

たとえば、これは有名な例で、これまでの人工知能は猫という単語はわかっても、その概念を理解することはできなかったために、下のような写真を猫と認識できませんでした。

Screen Shot 2015-06-29 at 20.00.41

Official Google Blog

でも、Deep Learningを取り入れることで、この写真に写ってるのが猫であることを理解できますし、今ではもっと詳細なことをわかるまで成長していて、少女が人形を抱えながら寝てる写真を見せれば、それを文章にして説明することもできます。

ここでふと気になることが、「じゃあ具体的にどうやって猫の概念を理解したのか」ということなんですが、これはさっきの「Deep Learningがニューラルネットワークを何層にも重ねた構造になってる」ことを思い出してみてください。

人間はある情報を受け取ったときに、それを脳内で何層かに分けて処理してるんですが、Deep Learningもそんなふうに情報を処理する仕組みになってます。

特に、これまでの人工知能にはどうしてもできなかった無意識のレベル、つまり抽象的な概念も、処理できるようになってるところがすごすぎます。

人工知能の研究では、ここの抽象的な概念を学習させるかができなくて、それがいちばんの課題だったんです。逆に言うと、その最大の課題が解決してしまったわけです。

これから可能になること

まあ、ぶっちゃけ人工知能がどう動いてるかなんて、ほとんどの人は興味がありません。多くの人が知りたいのは、このDeep Learningでこれからどんなことができるようになるかだと思います。

最初に結論から書いておくと、人工知能はここ40年以内に全人類の能力を超えてしまうと言われてます。これには諸説あるんですが、そんなに遠くない未来だと思います。

今の時点でも画像認識や音声認識なら人間よりも遥かに優れてますし、これから自然言語も理解できるようになるので、人間が翻訳をする必要もなくなる可能性が高いです。

抽象的な概念がわかるので、このDeep Learningをロボットに組み入れることで、そのうち他者の心を理解できるようにもなって、人間と区別がつかなくなってくるかもしれません。

しかも、人間よりも何倍もはやく情報を処理するため、何倍も賢くなっていきます。ぼくたちの仕事がDeep Learningを搭載したロボットに奪われる日はそう遠くないかもしれません。

実際、今でもETCシステムみたいな機械に仕事を奪われてる人はたくさんいるでしょうし、Amazonは倉庫に1万5千台近くのロボットを導入したりしてます。

まとめ

念のためにもう1度言っておくと、人工知能における最大の課題であった「抽象的な概念を理解する」ということができるようになった今、人工知能はひたすら成長し続けます。

なんとなく現実感がわかないと思うのですが、ぼくたちが現実感がわくようになった頃には、もう人工知能が日常生活のレベルにかなり入ってきたときだと思います。

インターネットだって、今ではみんなが当たり前のように使ってます。でも、つい10年前まではインターネットがどんなものかさえイメージできない人がたくさんいたはずです。

ぼくが高校1年生のとき、つまり今から10年前にニュージーランドに行ったとき、ホームシックで友達に電話しすぎて、1ヶ月間の通話料が7万円近くになったことがあります。

あの頃に「ニュージーランドと日本で無料で何時間でも電話ができるSkypeというアプリがあるんだよ」って言っても、たぶん誰も信じなかったでしょう。そもそもぼくはアプリが何かすらわからなかったんじゃないかな。

人工知能だって同じで、いつの間にかみんなの当たり前になる日が、すぐそこまできてます。映画で観てきたようなSFの世界の窓口に、ぼくたちはもう入りかけてるのだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする