ぼくの予定帳はモチベーションに左右される

スクリーンショット 2015-01-29 14.38.34

学生の頃に予定帳が流行った時期がありました。

ぼくも何度か買ったことがあるんですが、まったく予定通りにいったためしがありません。

そのうち机の上に置きっぱなしになって、いつの間にかどこかにいってしまうんです。

今では予定帳は待たないことにしてます。必要最低限のことだけGoogleカレンダーにメモしておきます。

よく考えると、予定なんてその通りにいかないことが前提なんだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ぼくの予定帳はモチベーションに左右される

思い通りにはいかないもの

たぶんみんな予定を入れるときは、「何時から何時まではこれ」みたいな感じで入れるんだと思います。

例えば、ぼくがある日曜日の予定を立てたとします。

「朝10時に起床→大戸屋でお昼→2時から映画を観る→カフェでだらだら→深夜アニメを観る→3時に就寝」

でもまず朝の10時に起きられるかわからない。たぶん、11時半くらいになってしまいます。

それから用意してるうちに13時前になって、大戸屋でお昼ごはんを食べてる暇がなくなります。

仕方ないのでお昼ごはんはコンビニのおにぎりですませます。

映画はゆっくり観られるかもしれないですが、なんだか眠くなってカフェは諦めて家に帰るかもしれません。

もしカフェに行ったとしても、家に帰ったら睡魔がいっきに襲ってきて、深夜アニメを見逃してしまうかもしれません。

そもそも1日中家でだらだらしたい気分になって、外出自体を諦めてしまうことだってあります。

こんなふうに朝起きて、お昼ごはんを食べに行って、映画を観て、カフェに行って、アニメを観て、寝るだけでも予定は簡単に崩れちゃうんですね。

もっと予定を入れてたら、予定通りにいく可能性はもっと低くなります。そう思い通りにはなかなかいかないものです。

大事なことを忘れてる

明日の予定や週末の予定を書き込むのって最初の方は結構楽しいです。

それがだんだんなかなかその通りにいかなくて、嫌になってきます。

そのうち予定帳は未来のことを書くよりも、過去の予定を書くためのものに変ってしまいます。

いったいどうしてこんなふうになってしまうのか。考えてみると、大事なことを忘れてます。

ぼくたち人間はロボットみたいに機械的に動くわけじゃありません。

ちゃんと感情があって、それに大きく行動が左右されます。

それなのに自分のモチベーションがずっと変らないことを前提に、予定を作ってしまいます。

誰も自分の未来のモチベーションがどうなってるかなんてわからないので、仕方ないですが。

でもだからこそ、そもそも予定がその通りにいくことなんて普通はないはずです。

予定よりもうまくいくときもあればそうじゃないときもあります。そういうもの。

まとめ

予定を守ることは大事なことですが、すべてをその通りにするのは難しいですよね。

あんまり頑張ってしまうと、そうならなかったときの自分をどうしても責めてしまいます。

なんだか自分がなんにもできない人間みたいに見えてきます。

予定はモチベーションに大きく左右されちゃいます。

それをどうにか維持しようとしても、どこかで下がるときだってあります。

モチベーション以外にもいろんなことでうまくいかなかったりもします。

予定を入れるのを最低限にしてみる。入れすぎない。

だけどそれでもうまくいかないときもある、くらいに考えてる方がよっぽどうまくいくと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする