海外でルームシェアをすることのメリット・デメリットまとめ

happy-couple-692725_1280

この前の記事で海外でのホームステイのメリットとデメリットについて書いたので、今日はその比較記事としてルームシェアのメリットとデメリットについてまとめようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外でのルームシェア

メリット

1. 家賃が安くなる

最初、アパートメントに1人で住んでたんです。それがいつの間にか流れで仲の良い友達と2人で住むことになったんですね。

それまでは家賃を月に10万円払ってたんですが、一緒に住むことになって1人5万円と、かなり生活費が楽になりました。

残りの5万円は他のことに使えたので、生活も1人のときよりもずっと豊かになりました。

こんなふうにルームシェアをすると、家賃が格段に安くなります。これはルームシェアの最大のメリットだと思います。

また、コンドミニアムのような少し高級なところでも、2人や3人なら簡単に借りることもできるようになります。

2. いろんなものを共有すると、お得なことがたくさんある

シェアメイトができると、いろんなものを共有できて、お得なことがたくさんあるんですよ。

たとえば、ティッシュペーパーやトイレットペーパーは2人で使ってたので、なくなったら交互に買いに行くようにしてました。

1人だと毎回なくなるたびに自分で買いに行かないといけません。それが2人だとその労力が半分になって負担が減り、かなり助かりました。

他にも電子レンジや扇風機のような2人で使うものは、半分ずつお金を出し合いました。これが1人ならすべて自腹になるので、大変ですよね。

3. 話し相手ができる

Screen Shot 2015-04-17 at 02.27.47

今は1人暮らしをしてるんですが、やっぱり1人はときどき寂しくなります。ルームシェアならいつもすぐ近くにシェアメイトがいます。

暇なときは一緒に会話したり、ちょっとした悩みを聞いてもらうこともできます。こんなふうに人が側にいるといないとでは、精神面で結構違ってくると思います。

特に海外だと知らない土地なので、不安になることもたくさんあります。そんなときにシェアメイトがいるだけで、どこか安心できるんですね。

デメリット

1. シェアメイトが家賃を延滞する可能性がある

ルームシェアをするときに、一緒に住む上でのルールを決めると思うんですが、いちばん大事なことは家賃のことだと思います。

アパートメント自体はぼくが借りてる形だったので、シェアメイトから毎月現金でお金をもらってました。

しかし、外食などの無駄遣いをしてか、家賃を払うお金が足りないなんてことがたまにあったんですね。

もしこれが大家さんに払う側なら、そんなこともなかったんでしょうが、一緒に住んでるうちに仲が良くなりすぎて、「少しくらい遅れても許してくれるだろう」と甘えてしまったんでしょうね。

ルームシェアをすると、これ以外にもいろんな場面でお金のことでもめる可能性があります。なので、そうなる前にしっかりとルールを決めて、十分に気をつける必要があります。

2. 考え方の違いでもめることがある

家族で住んでも毎日のように喧嘩するのに、他人と一緒に暮らしたら、考え方の違いでもめることがどうしても増えます。

やっぱり友達として遊んで仲が良いからといって、一緒に住んでも同じようにうまくいくとは限らないんですね。

お風呂やトイレの使い方、掃除や洗濯など人によって自分のやり方があるので、少しでも違うと時間が経つにつれてだんだんイライラしてくるんですよ。

最初の頃はルームシェアが楽しくて、そういう小さな部分は見えにくいんですが、慣れてくると今まで気づかなかったところが余計なくらいに目立ってきます。

こういうことがって、ぼくもシェアメイトと何度も険悪な空気になったことがあります。誰かと一緒に住むのって、想像以上に忍耐との戦いなんですよ。

3. 友達や彼女を連れて来づらい

Screen Shot 2015-08-06 at 05.29.32

共通の友達なら大丈夫なんですが、シェアメイトの知らない友達だと部屋に連れて来づらいんですよね。

また、もし知ってたとしても、それが彼女だとめちゃくちゃ気まずい空気になります。

これも最初の方はそこまで問題ないんですが、頻繁に来るようになると、だんだんイライラするようになってくるんですよ。

1度や2度ならまだしも、毎日のように同じ空間でいちゃいちゃされると、見てる側はいい気しないですからね。

4. ひとりの時間がとりにくい

ぼくの友達に毎日のように誰かと遊んでたいというリア充がいますが、普通の人はひとりの時間も必要だと思います。

ルームシェアだと同じ空間を共有するので、本当の意味でのひとりの時間はなかなかとれないんですよ。そうすると息がつまってしまう人もいるはずです。

5. シェアメイトがいなくなるとその分の家賃の負担が増える

当たり前ですが、もしシェアメイトが出ていくことになったら、他の人がやってくるまではその分の家賃を自分が負担することになります。

もしもっと安いところに引っ越すにしても、アパートメントなら最低でも2ヶ月前には大家さんに伝えておく必要があります。

ルームシェアはそういうことも常に頭に入れておかないといけません。突然、家賃が倍になるのは辛いですからね。

まとめ

なんだかルームシェアのデメリットの方が多くなってしまいましたが、家賃が安くなるのは本当に大きいです。

海外、特に欧米だと日本にいるよりもどうしてもお金がかかってしまいます。そんなときに家賃は安ければ安いほど助かります。

ただ、だからといってデメリットの方もちゃんと考えて、その上でうまくやっていかないと、これまで仲の良い友達だったのに、いつの間にか犬猿の仲になってたなんてことが起こるので、注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする