ブログでおいしいと紹介したお店に久しぶりに行って、味が落ちてると読者さんに申し訳ない気持ちになる

blackboard-677578_640

今日、久しぶりにある日本食のレストランに行ってきたんですが、味が極端に落ちててびっくりしました。ごはんはパサパサだし、豚のトンカツは半分が脂肪だったので残してしまいました。

ここはこのブログでも紹介したお店で、以前はものすごく丁寧な料理を出してくれてたんですが、ここ最近人気が出てきて忙しくなったのか、全体的に味が雑になったんだと思います。

まあ、以前と比べてお店の味が落ちるなんてことはよくあると思うんですが、せっかくブログで「おいしい」と自信を思って紹介しておいて、それを期待して行った読者さんががっかりする味だったら、こっちが申し訳なくなるじゃないですか。

紹介したお店の味が落ちてたら

こういうことは前にもあって、英語のブログでトロントのあるイタリアンレストランを紹介したことがあるんですが、そこのマルゲリータがとってもおいしかったんですね。

今でも間違いなくトロントでいちばんのマルゲリータを提供してくれるレストランだと思います。ただ、あるときに友達とたまたま寄ったら、味がまるっきり変わってたんです。

それがおいしい方向だったらよかったんですが、まったく逆でした。めちゃくちゃ薄っぺらい味になってて、残してしまったんです。

しかも、そのときは初めてそこに行く友達と一緒だったので、かなり期待させて行ったんですよ。そしたら結果が散々で、もう謝るしかなかったですよね。

でも、また次に行ったらいつもの味に戻ってたので、あれは何か手違いがあったんだろうと思うんですが、どちらにせよこういうことがあると、がっかりしてしまいます。

やっぱり、自分の記事を読んでくれてそのお店に行ってくれる人がいたら、喜んでもらいたいじゃないですか。

特にさっきの日本食のレストランの記事は、Googleで検索すると上から2番目に出てくる人気記事なんですね。

ということは、かなりの人に読んでもらってるわけです。それで「おいしくなかった」と思われたら、すごく申し訳ないし、ぼくのブログの信用もなくなる可能性があります。

だからってどうしようもないことなんですが、ぼくにできることは紹介したお店にできる限り行って、味を確認することかなと思います。

距離的にたまにしか行けないところもありますが、おいしいから紹介してるので、基本的にはよく行くところが多いです。

こんなのお店側からしたら迷惑な話ですが、「おいしい」と紹介したお店の味が変わってたら、正直に書いていきます。

ただ、これは海外の日本食レストランのほとんどで当てはまることなんですが、正社員だけじゃなくて、ワーキングホリデーで働いてる人たちがたくさんいるんですね。

そうすると、そこで働けても半年とか1年じゃないですか。なので、メンバーが結構頻繁に変わるんですよ。メンバーが変わると、お店の雰囲気も味も変わってしまいますよね。

そう考えると、海外の日本食レストランで一定のクオリティーを保っていくのって難しいんだと思います。もちろん、ちゃんとしたシャフがやってるところもあるんですが、それはごく一部の高級店だけです。

まとめ

おいしいと思ったお店はどんどん紹介していきたいですし、特に海外で頑張ってる日本人のお店は応援したい気持ちにもなります。

ですが、1度紹介してしまったお店の味が落ちてて、そのまま嘘の情報を載せておくのはちょっと違うかなと思うので、そこはちゃんと更新していきたいです。

シェアする

フォローする