海外旅行に行くときに使いたい便利な宿泊サービス「Airbnb」とは

leave-room-825317_640

最近、日本でも少しずつ話題になってきてる、地元の家に泊まれるという「Airbnb」ですが、まだまだ浸透してないので、どんなサービスなのかよくわからない人も多いはずです。

また、興味があって使ってみたいけど、いったいどうやったらよいのかわからないという人もいるでしょう。そこで今回はAirbnbのイメージがつかめるように、詳しく解説していこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Airbnbとは

Airbnbは簡単に言うと、空き部屋や空き家が余ってる人に宿泊費を払って、そこに泊めさせてもらうことのできるサービスです。

このサービスのすばらしいところは、旅行先にある家をまるで自分の家のように借りることができることです。ものすごく大きく豪華なところから小さくて質素なところまでいろいろあります。

しかも、決済はインターネット上で先に済ませるので、そこに着いてからいちいちお金を払ったりする必要もありません。

たぶん、文字だけで説明するよりも、写真も使った方がわかりやすいはずです。これからどうやって予約すればよいのか、その一連の流れを説明していこうと思います。

IMG_0504

これはAirbnbのアプリを使ってるんですが、ここがホーム画面になります。

なんかもう見た目がおしゃれでかっこいいですよね。それだけでテンション上がります。

IMG_0539

下にある検索のマークをタッチすると、こんなふうに目的地を検索できる画面に変わります。

今回は2015/08/01〜2015/08/03までの2泊3日で、宿泊人数は2人に設定してみました。

IMG_0538

また、行き先はイタリアのフィレンツェにしてみました。これはただのぼくの願望です。

IMG_0540

そうすると、こんなふうにフィレンツェで借りられる部屋がたくさん出てきます。この下にも数え切れないほどの部屋の写真があります。

IMG_0528

次に、いちばん右上にあるフィルターで価格を設定します。

今回は1200〜10000円で探してみることにしました。

IMG_0529

これでまた泊まれる部屋が絞られ、こんなふうに画面が変わります。

IMG_0531

いろいろと探してみたんですが、この部屋の雰囲気が良さそうだったので、ここの条件を見てみることにします。

価格は「予約をリクエスト」のところにあるように2人で1泊9724円です。

IMG_0532

この家は部屋だけではなく「まるまる貸切」になって、さっきの価格なので、なかなかよい条件だと思います。

キャンセルも「柔軟」と書いてあるので、基本的には到着の1日前にキャンセルすれば100%返金されます。これが「普通」と書いてあると5日前になります。詳しくはこちらをどうぞ。

上の画像を見てもらうとわかるように、週単位や月単位で借りることもできるんです。長期間フィレンツェに滞在したい人にも最適なわけです。

IMG_0533

アメニティを見てみると、インターネットもちゃんと使うことができますね。ここはペットを連れてくることもできます。

住所はGoogle マップにちゃんと載ってます。さらに、その横に家の中の写真も詳しく見ることができます。

IMG_0534

ここがリビングですね。十分な広さで、かつ色合いがおしゃれですよね。

IMG_0541

キッチンはこんな感じです。ちょっと狭いですが、2人なら問題ないでしょう。

IMG_0535

ここが寝室です。ここで2人で寝ることになります。

しかし、木造とのコントラストがいちいちおしゃれですよね。

IMG_0536

さて、あとはこれでもしここに泊まりたかったら、予約をリクエストするだけです。

IMG_0542

2泊3日で清掃料金とサービス料を合わせて21752円なので、1人1泊5000円程度ですね。ただ、清掃料金に関しては、家主によって払わなくてもよいところもあります。

IMG_0537

ちなみに、これは貸してくれる人にもよるんですが、大半が1人のときと2人のときの価格が同じなんです。なので、できれば2人で泊まった方がお得です。

ここは3人まで泊まれますが、それでも価格は同じと書いてあります。これは家主によって違うので、毎回条件をチェックする必要があります。

で、予約をリクエストしたら、もうあとはクレジットカードで決済をするだけです。ちなみに、この際に家主にメッセージを送ることもできます。

注意点としては、あちらから承認メールが届くまでは、まだ泊まれるかわからないということです。もし無理だった場合は、お金はちゃんと戻ってくるので安心してください。

まとめ

とまあ、予約までの流れはこんな感じです。Airbnbがどんなサービスかなんとなくわかってもらえたんじゃないでしょうか。

まだこのサービスはいろんな国で法律的にグレーな部分が多いですが、これは法律がインターネットの時代に追いついていない証拠だと思います。

日本でも2020年の東京オリンピックまでに、どんなふうにAirbnbを取り扱っていくのか注目していきたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする