意外と知らないVISAカードとVISAデビットカードの違い

Screen Shot 2015-07-26 at 16.25.05

ここ数年で日本でも耳にするようになったVISAデビットカードですが、VISAカードといったい何が違うのかよくわからないという人も結構いると思います。

2つのカードに「VISA」という言葉があって、なんだか紛らわしいですよね。この2つの違いを理解するには、まず「VISA」と「デビットカード」が何なのかを知る必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国際ブランド

Screen Shot 2015-07-26 at 16.27.36

クレジットカードの発行やサポート、それにサービスをしてくれるのは三井住友カードや楽天カードのようなカード会社です。

一方、それを世界中で使えるよう決済サービスのみを提供してくれるのがVISAやJCBのような国際ブランドです。

中にはアメリカン・エキスプレス(通称:アメックス)のように発行やサポートの方もやってる国際ブランドもありますが、基本的には2つに分かれてます。

・カード会社:発行・サポート・サービスなど行う会社
・国際ブランド:決済サービスのみを提供する会社

このようにクレジットカードはカード会社と国際ブランドの協力によって成り立ってます。

そして、VISAカードとは国際ブランドであるVISAの決済サービスが使える三井住友VISAカードのようなクレジットカードのことです。

デビットカード

16795013042_00f0c30343_z

次にデビットカードですが、これは金融機関で口座を作ったときにもらえるあのキャッシュカードのことです。

実はこのキャッシュカード(デビットカード)は、お店で利用することができます。そのための審査や手続きは一切不要です。

・デビットカード=キャッシュカード

ただ、普通のクレジットカードと違って、毎月の支払い日にお金を払うわけではなく、お店でお買い物するたびに口座から自動的に引き落とされます。

とまあ、ここまでの説明で「VISA」と「デビットカード」については理解してもらえたと思います。

で、VISAデビットカードなんですが、VISAカードが「VISA+クレジットカード」だったのに対して、これはキャッシュカードにVISAの決済サービスが加わったカードなんです。

簡単に言うと、VISAが使えるお店でお買い物ができるキャッシュカードなわけです。なので、日本だけではなく、世界中でクレジットカードのように利用できます。

・VISAカード:VISA+クレジットカード
・VISAデビットカード:VISA+デビットカード(キャッシュカード)

VISAカードとVISAデビットカードの違い

Screen Shot 2015-07-26 at 16.21.19

さて、じゃあ具体的にこの2つのカードにどんな違いがあるのか、解説していきます。

・VISAカード(クレジットカード)

1. カード作成時に審査あり
2. 高校生を除く18歳以上から発行可能
3. 後払い(毎月の支払日に払う)
4. 1回払い、2回払い、分割払い、リボ払いなど
5. 利用限度額はカード次第
6. ポイントは獲得しやすい

・VISAデビットカード

1. カード作成時に審査なし
2. 高校生を含む15歳、または16歳以上から発行可能
3. その都度払い
4. 一括払いのみ
5. 利用限度額は口座の残高分
6. ポイントは獲得しにくい

上の比較を見てもらってわかるように、VISAカード(クレジットカード)の方はカード作成時に審査がありますが、基本的にVISAデビットカードの方は審査がありません。口座を作ることができれば、キャッシュカードのような感覚で作ることができます。

そのため、年齢制限も緩く、たとえば三菱東京UFJ銀行なら15歳から、楽天銀行なら16歳から誰でも作成可能です。

これがクレジットカードなら高校生を除いた18歳以上なので、特に高校生にとってはすばらしすぎるツールだと思います。これとSuicaを使いこなせれば、もう最強ですよ。

ただ、クレジットカードのように2回払いとか分割払いという支払い方法はなくて、お買い物のたびに支払う一括払いのみです。これはさっきも触れましたが、決済のたびに口座から自動的に引き落とされる仕組みになってるんです。

利用限度額に関しては、自分の口座にある残高分のみ使えます。クレジットカードのようにカード会社に代金を立て替えてもらうわけではありません。

なので、もし口座にいっさいお金が入ってないと、VISAデビットカードを使うことはできません。まあこっちが当たり前で、クレジットカードの方が例外だと思います。

その他、年会費は作るところによって違います。たとえば、三菱東京UFJ銀行は15歳から23歳まで年会費無料です。

盗難保険についてですが、暗証番号が他人に予想されやすい番号だったり、自分以外の誰かに貸したりしない限り補償されます。これはクレジットカードも同じですね。

まとめ

ぼくはクレジットカードもVISAデビットカードも両方持ってるんですが、カナダではVISAデビットカードが使えるお店の方が多いです。

これはお店側が金融機関に支払う手数料が、クレジットカードよりも安いからです。なので、「VISAデビットカードならOKだよ」というお店が結構あります。

その代わり、ポイントが貯まりにくいので、クレジットカードが使えるところではどんどんクレジットカードを利用した方がお得です。

逆にVISAデビットカードはクレジットカードを持てない高校生とかクレヒスに傷があって審査に通らない人の助け船みたいな存在だと思います。

今の時代、インターネットでショッピングするにも、海外に旅行に行くにもクレジットカードがないと不便ですよね。でも、それが持てない人はどうすればよいのか、となったときにVISAデビットカードの出番なわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする