外出先でパソコンを使って作業するなら、やっぱりスターバックスがいい5つの理由

Screen Shot 2015-08-03 at 01.30.54

ここ数年で、カフェでパソコンを使って作業する人が増えましたよね。ぼくも家で煮詰まったときなんかによく利用します。

そのなかでもスターバックスはやっぱりいいですよね。もう10年近くお世話になってます。

今日はそんなスタバがどうして作業する場所に向いてるのか、その理由について書いてこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

作業するならやっぱりスターバックス

1. 見つけやすい

カフェ自体はいくらでもありますが、たとえば知らない土地で知らないところに入って、そこが作業環境に向いてなかったら最悪です。だからって、また探すのも面倒ですよね。ググっても、実際に行ってみないとわからないですし。

その点、パソコンをしてる人が多いことからもわかる通り、スタバは作業環境に向いてる上、都心ならどこにでもあるので、探す手間もかかりません。たとえ急にパソコンで作業することになっても、すぐにスタバを見つけることができます。

2. フリーWi-Fiが使える

まだまだフリーWi-Fiのないカフェが多いなか、スタバは全国どこでも自由にフリーWi-Fiを使うことができます。しかも、接続が遅くてイライラすることもほとんどなく、かなり快適に使えます。

ひとつ面倒なのは、前もって登録しておくか、SNSを使ってログインする必要があることですが、逆に言うとそれだけで済みます。

3. 電源が結構ある

スタバは店内に電源も結構あるんですよ。ぼくのような作業目当ての人がたくさんいると行き渡りませんが、普通のカフェと比べると普通に多いです。

やっぱりいくらフリーWi-Fiがあっても、バッテリーがなくなってしまったら、もう作業することができませんからね。

それがスタバならもし電源が他の人に使われてても、いくつかあるので空くのを少し待つことができますし、他の店舗に行くことだってできます。

4. おしゃれでいい

作業する上で環境はとっても大事だと思っていて、スタバはおしゃれでいいですよね。モチベーションがそれだけで上がります。

ドヤ顔でMacのキーボードを思い切り叩いてたっていいんですよ。やる気さえ上がってくれれば万々歳です。

5. モチベーションを保てる

図書館やマックだと意識の低い人から高い人までいろんな人がいて、居眠りしてる人も結構多いんですよね。ぼくは意識の低い側の人間なので、隣の人が寝てると自分もついうとうとしてしまいます。

スタバだと意識高い人の方が多いのと、居眠りするような環境ではないので、モチベーションを保ちやすいんですよ。実際、図書館やマックでは何度も寝たことがありますが、スタバでは1度もないんですよね。

まとめ

スタバの店員さんはちょっと苦手なんですが、こういう環境は探してもなかなかないので重宝してます。

また、日本国内だけではなく、世界中にあるっていうのがすごいですよね。どこか旅行に行ったときに、スタバを見つけるとそれだけで安心します。

海外だとフリーWi-Fiもそうですが、トイレがある場所を見つけるのも一苦労なんですよ。そんなときにスタバがあるだけで救われるわけです。

それにどこの国でもスタバは柄の悪い人が比較的少ないので、よくわからないお店に行くよりも断然安全だったりするんですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする