[海外旅行・短期留学] ATMから日本円を現地通貨でおろせる新生銀行のキャッシュカードが超便利

downtown-690826_640

バックパッカーとして数ヶ国をまわるにしても、短期でどこかに留学するにしても、あらかじめ持ってきたお金だと足りないことがよくあります。

また、たとえクレジットカードがあったとしても、キャッシング枠だとそこまでたくさんの現金をおろせないので、少し心もとないんですよね。

なので、別の手段として、ATMから日本円を現地通貨で簡単に引き出せる、新生銀行のキャッシュカードを持っていくことをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新生銀行のキャッシュカード

新生銀行はネット銀行系で、基本的に口座開設はインターネットからすることになります。

店舗もいくつかあることはあるんですが、この地図を見てもらうとわかるように、ほとんど都心にしかありません。

Screen Shot 2015-08-10 at 00.16.07

もし近くにあれば、店舗で口座を開設することもできますが、ネットなら待ち時間もかからないので、早くて楽ちんですよ。

世界200以上の国と地域で使える

この新生銀行のキャッシュカードは、世界200以上の国と地域の「VISA」または「PLUS」マークのあるATMで使うことができます。

まあどこの国に行っても、ATMさえ見つけることができれば、現地通貨を引き出すことで苦労することはないということです。

注意点としては、口座を開設したばかりだと、利用限度額が0円に設定されてます。これを知らずにそのまま海外に行ってしまうと、いざというときに困ってしまいます。

そうならないように、開設したらすぐに電話かネットから利用限度額を上げておいた方が無難だと思います。ちなみに、利用限度額は1日あたり最大10万円までになってます。

手数料は高め

ATMから現地通貨をおろす際の為替手数料ですが、4%と結構高めです。たとえば、利用限度額最大の10万円をおろすとなると、4000円の手数料がかかってしまいます。

これがクレジットカードのキャッシングなら、この半分以下の手数料で済むので、余計に高く感じますよね。

ただ、新生銀行のキャッシュカードは、1日の利用限度額が10万円というだけで、口座に残高がある限り、次の日もまた10万円おろすことができます。

一方で、クレジットカードの場合、まずショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額があり、その中からキャッシング枠でいくら使えるかが決まるので、普通は10〜50万円程度です。

ということは、仮にキャッシング枠が10万円だとすると、1日でその10万円をおろしてしまえば、次の支払日が終わるまではまったくおろせないことになります。

さらに、キャッシング枠からショッピング枠を増やすことはできますが、その逆はできません。ショッピング枠はいざというときにたくさん使えた方がよいので、キャッシング枠を使いすぎるのは危険だったりします。

こういった理由を考慮すると、手数料4%を払ってでも、このキャッシュカードを使った方がよい場面が結構あるんですよね。

まとめ

ぼくも去年イギリスとフランスに行ったときに、このキャッシュカードがめちゃくちゃ役に立ちました。

新生銀行のキャッシュカードで現地通貨をおろして、クレジットカードの方はホテルやレストランのためにキャッシング枠を使わず、その分ショッピング枠を温存できたので、お金で困ることはまったくなかったです。

どちらにしろ、発行費・年会費が無料なので、海外旅行や短期留学にいくときは、とりあえず作っておいても損はないと思いますよ。


新生銀行の口座開設

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする