BGMなどの音楽がとにかくすばらしいアニメ15作品を挙げてみた

music-748118_640

アニメを観るときに、ストーリー、アニメーション、キャラクターと注目するべきところはいろいろありますが、音楽もそのひとつです。

ジブリ作品を見ればわかるように、音楽によって世界観がより深みを増し、作品へのイメージが膨らみます。

ということで、今日は音楽が特に優れてるアニメを中心に選んでみたので、よかったら観るときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

音楽がよいアニメ15選

1. カウボーイビバップ(Cowboy Bebop)

菅野よう子ワールドがそこら中に散りばめられたJAZZYなBGMが至福のSFアニメです。何気ないシーンですら、ブルースハープとかギターがじゃんじゃん流れてきて、本当にかっこいいんですよ。SF作品としても一流なのに、そこにジャズまで持ってくるか!という感じです。サントラのCDは全部で3つあって、時間的には6時間近くあります。たった1つの作品にここまで力を注ぐとかすごすぎですよね。観なきゃ聴かなきゃもったいない作品です。

2. バッカーノ!(Baccano!)

オープニングテーマの「Gun’s & Roses」を聴いて、「このアニメやばい!」と思わなかったら、それはもうだめなんじゃないかと言ってもいいくらい最高のジャズ風の曲から始まる「バッカーノ!」。普通のアニメだと1話は最後にオープニングテーマが流れるのに、この作品は最初から流れるんですよ。それくらいこの曲が「バッカーノ!」という作品の本質を表してるからで、これを毎話聴くためだけにでも、このアニメを観る価値があると思います。1930年代のニューヨークが舞台なので、雰囲気も抜群ですよ。

3. マクロスF

正直、ストーリーは「めちゃくちゃおもしろい!」というわけじゃないです。でも、このアニメはとにかくシュリルとランカ・リーの歌に魅せられるんですよ。びっくりしてしまったのが、アニメなんて観たこともない友人がカラオケでオープニングテーマの「星間飛行」を歌い出したときです。しかも、この作品は観てないそうです。逆に言うと、それくらい歌がすばらしいアニメなんですね。それも頷けるのが、実はこのアニメの音楽も「カウボーイビバップ」と同じ菅野よう子さんなんです。なので、音楽は間違いないわけです。

4. ギルティクラウン(GUILTY CROWN)

ストーリーは賛否両論あるんですが、音楽に関しては「すごくよかった!」という声をよく聞きます。実際、超いいです。最初のオープニングテーマはsupercellで、それ以外はすべてEGOISTが歌います。どちらも作曲家のryoさんが担当してることもあって、最初から最後まで統一感があるんですよ。個人的には「The Everlasting Guilty Crown」という曲が大好きです。

5. 坂道のアポロン

ジャズが好きな人も、ジャズに興味がある人も、ジャズを知らない人もみんな集まって、ジャズに身をおいてほしい作品です。これもまた菅野よう子さんが担当で、監督は「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎さんです。まさに最強タッグということですね。きっと「観てよかった」と思うはずです。

6. 四月は君の嘘

ピアノの演奏シーンがとにかくすばらしすぎて、A-1 Picturesのアニメーターさんの身体が心配になるくらいです。音だけじゃなくて、弾いてるときの躍動感が凄まじいんですよ。短い期間でどうやったらこんなに美しく描けるんだと感心するしかないです。ストーリーもクラシックミュージックと青春な恋愛がちょうどいい具合に均等がとれてるので、とってもよいです。

7. のだめカンタービレ

またクラシックミュージックものです。「のだめカンタービレ」は原作もドラマも映画も人気なので、知ってる人も多いと思います。ぼくはすべて観たんですが、どれもよくてどれも観てほしいです。原作にしかないよさ、アニメにしかないよさ、ドラマ・映画にしかないよさが、それぞれ最大限に活かされてます。なので、どれを観てもクラシックミュージックがすきになってしまう良作です。

8. けいおん

この記事を読んでる時点で「けいおん」は観てると思うんですが、やっぱり外せないので、一応紹介します。この作品はアニメに興味のない人でも観たり知ってるくらい人気が出ましたよね。高校でバンドを始めたきっかけが、このアニメという人も結構いるんじゃないでしょうか。音楽、青春、学校、日常、少女をうまくかけ合わせた京アニはさすがです。

9. アルドノア・ゼロ(ALDNOAH.ZERO)

ここ最近勢いがある作曲家の澤野弘之さん。そんな澤野さんの全力を感じる作品になってます。宇宙が舞台だけに音楽が壮大で、戦闘シーンのBGMは特にかっこいいです。1クール目と2クール目の両方のオープニングテーマもすごくよいので、ぜひ聴いてほしいです。

10. 物語シリーズ

「物語シリーズ」と聞くと、supercellの「君の知らない物語」と千石撫子(花澤香菜さん)の「恋愛サーキュレーション」の2曲があまりにも有名ですが、他にもたくさんすばらしい曲やBGMがあります。キャラソン、春奈るなさんの「アイヲウタエ」や「snowdorp」、それに河野マリナさんの「その声を覚えてる」に加えて、「化物語」のBGMも秀逸です。

11. とらドラ!

ぼくの知る限り、「とらドラ!」はラブコメアニメの最高峰であり、オープニングテーマ、エンディングテーマ、BGMもめちゃくちゃいいです。なんというか、音楽が作品とものすごくマッチしてるんですよ。ある大事なシーンで流れる「Lost my pieces」は聴くだけで涙が溢れてきます。大好きなアニメのBGMでトップ3に入ると思います。大河と亜美ちゃんが歌う「Holy Night」も震えるくらいよいです。

12. 花咲くいろは

「花咲くいろは」を観てから、nano.RIPEというバンドグループを知り、いっきにすきになりました。今ではいろんな作品のオープニングテーマやエンディングテーマを歌ってるので、知ってる人も多いんじゃないでしょうか。この作品にはnano.RIPEのよさがたくさん詰まってるので、観ないと損ですよ。

13. 氷菓

2クールあるアニメで、オープニングテーマが両方ともよい作品にはなかなか出会えないですが、これはその数少ないひとつです。作品自体も京アニだけあって、アニメーションがすばらしいです。

14. ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

オープニングテーマの「光の旋律」からして美しい作品です。主人公のカナタがトランペットを吹くシーンが何度かあるんですが、最終話の演奏シーンは不思議な恍惚感があります。この作品は意外と知らない人も多いので、ぜひ観てほしいです。

15. 秒速5センチメートル

アニメ映画からもひとつ。この作品は山崎まさよしさんの「One more time,One more chance」が断トツで有名になりすぎてますが、BGMも素敵すぎるんです。ストーリーに夢中になって聴いてなかった人は、今度は音楽に注目して観てみてください。

まとめ

この15作品の中にジブリ作品はあえて入れませんでした。まあ、日本人なら久石譲さんの音楽がよいことは知ってると思います。

ところで、最初はランキング形式でこの記事を書いていこうと考えてたんですが、無理でした。そのうち、オープニングテーマ、エンディングテーマ、BGMのランキング記事をそれぞれ書ければいいんですが。

ということで、今回は「BGMなどの音楽がとにかくすばらしいアニメ15作品を挙げてみた」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする