ヨーロッパに1週間行くんだったら、東京の高級レストランに1週間行くという選択肢もあってもいいんじゃないか

restaurant-691397_640

8月も残すところ後1週間になってしまいましたね。FacebookやInstagramのタイムラインを見ると、みんないろんなところに行って楽しそうです。

東南アジアやヨーロッパに行ってる友達も結構いるみたいです。Twitterでもそういう人たちをちょくちょく見かけます。

そんなときにときどき思ってしまうのが、「海外旅行もいいけど、都内の高級レストランに行ってみるのもいいのに」ということです。

たとえば、東南アジアなら10万円もあれば1週間ほど行けますが、ヨーロッパやアメリカとなるとその2倍、20万円はかかります。

こんなにあれば、7日間毎日夜はフレンチ、イタリアン、日本料理、もしくは中華の3万円のコース料理を贅沢に食べられますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外旅行の代わりに高級レストランへ

そもそもフライト代が高すぎる

「ロンドンの大英博物館にどうしても行きたい!」とか「パリで本場のスイーツを食べまくるのが夢!」みたいな明確な目的があるなら別ですが、ただ楽しみに行くのであれば、海外旅行にこだわる必要はないんじゃないかと思います。

「海外旅行」という言葉がなんだかとても魅力的に聞こえるだけで、実際には自分の国とは違うところに行くだけです。もちろん、そのなかでさまざまな体験ができるし、いろんな人との出会いもあるでしょう。

でも、それは海外旅行に限ったことではありません。そもそも数十年前と比べるとフライト代が安くなったと言っても、やっぱりまだまだ高いです。

Screen Shot 2015-08-24 at 18.13.45

これは「スカイスキャナー」という格安航空券を探してくれるサイトです。

2015年8月25日〜31日の1週間で大人1人、東京からアメリカのニューヨークまでの代金を調べてみたんですが、往復の航空券だけで最低でも12万円近くかかります。

他にも安いホステルに泊まっても1日3千円、ホテルなら5千円、食費は飲料代を合わせると1日に3千円は必要でしょう。さらにバスや電車の交通費やなんだかんだで1万円は余分にいります。

そうすると、ニューヨークに1週間旅行に行くと、だいたいこれくらいかかるわけです。

フライト代:12万円
宿泊代:2〜4万円
食費:2〜4万円
その他:1万円〜

合計(最低):17万円

この合計の17万円は最低額なので、まあ普通に旅行気分で行くんなら25万円は飛んでしまうんじゃないでしょうか。

Screen Shot 2015-08-24 at 18.14.39

もうひとつ例を出すと、イギリスのロンドンなら、往復の航空券が最低でも15万円近くかかります。

フライト代:15万円
宿泊費:2〜4万円
食費:2〜4万円
その他:1万円〜

合計(最低):20万円

しかも、イギリスはドルでもユーロでもなく、めちゃくちゃ高いポンドです。去年ロンドンに行ったときに、1万円を両替したら50ポンドになって、泣きそうになったのを今でも覚えてます。

このようにいろいろとかかるのは仕方ないですが、フライト代だけで旅行費の半分以上してしまうのは痛すぎます。海外旅行でいくら宿泊費や食費を抑えても、フライト代が全体の半分以上するので、ぶっちゃけ「海外旅行=高い」という事実は変わらないわけです。

これが極上の空の旅ならまあ悪くないんですが、エコノミーの超狭い席に10時間以上座って、おいしくない機内食を食べて、へとへとになる旅ですよ。

そんなことのために最低でも12万円や15万円も払わなきゃいけないなんて、正直ふざけてますよね。ばかばかしく思ってしまいます。

東京という世界一の美食の都市を楽しもう

ginza-725794_640

一方、東京で1週間毎日夜に高級料理を食べる方を選んだら、そんな理不尽な空の旅とはおさらばです。

「そもそも、どうして東京なんだ?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、実は東京はパリを抜いてミシュランの星の数が世界一なんです。

ミシュランの総責任者ジャン=リュック・ナレは「東京は、世界一の美食の町である」と言ってます。

それもそのはずで、レストランの数がパリは1万3千軒、ニューヨークは2万5千軒なのに対して、東京はなんと16万軒なんです。もう圧倒的ですよね。

日常生活のなかでは、ミシュランクラスのお高いレストランにはそうそう行けません。お酒を飲まなくても、アラカルトですら5千円〜1万円、コース料理なら1〜3万円くらいします。

しかし、海外に行く旅行費をレストラン代に当てれば、7日間いろんなレストランに行けて、最高の料理を食べられます。

実際、ぼくは3ヶ月間かけてヨーロッパをまわるプランをやめて、その分のお金をすべて東京でのレストラン代に費やしたことがあります。

確かに旅行もいろんな体験ができて楽しいんですが、その時間をただ高級料理を食べるだけに集中するという体験もすばらしいと思いませんか。

海外旅行をする人は数え切れないほどいますが、こういうことを普段の生活でしてる人はかなりお金に余裕のある人だけです。

今夜はお寿司を食べにすきやばし次郎、明日はフレンチを食べにカンテサンス、明後日は日本料理を食べに龍吟みたいな感じの日々を想像してみてください。

ミシュラン3つ星ともなると予約すら難しいので行けるか微妙ですが、別にミシュランでなくてもおいしいレストランは山ほどあります。

「お金持ちの気分を味わおう!」と言ってるわけではなくて、単純に普段は食べられないような料理を毎日食べられるのって、素敵じゃないですか。

朝起きてからだらだらして、昼食を少しだけ食べて、東京の街をぶらぶらして、夕飯は高級レストランでおもいっきり食べる。そういう過ごし方とお金の使い方もありだと思うんですよ。

まとめ

ぼくの頭の中はイタリアとかフィンランドとかでいっぱいです。いろんな国に行きたいです。

それと共に、東京にあるおいしいレストランにも行きまくりたいです。今回は東京と限定しましたが、もちろん京都とか香川のような他の地域にも興味があります。

食べることに興味がない人は、それはそれでいいと思うんですが、おいしいものが大好きな人はこういう選択肢もあるんだということを頭に入れておいてくださいね。

ということで、今回は「ヨーロッパに1週間行くんだったら、東京の高級レストランに1週間行くという選択肢もあってもいいんじゃないか」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする