Search Consoleのインデックスステータスが8月23日に激減、どうやら不具合っぽいですね

alone-279080_640

GoogleのSearch Consoleを見てたら、8月23日のインデックス数が激減してたので、今年最大のショックを受けました。これまで右肩上がりだったのに、それが急に下がってたら、泣きそうになりますよね。

「えっ、もしかして噂のペナルティー?」と思ったんですが、思い当たる理由がまったくなくて、いろいろ調べてみたらちらほら同じ現象が起きてる人がいることが発覚。今は少し安心してる感じです。

インデックスステータスが激減

一応、GoogleのSearch ConsoleのアナリストであるGary IIIyesさんに「インデックスステータスがおかしいんですが」ということをツイートしてみました。

8月21日からまったくツイートがないので、今まさに原因を調べてるんでしょうか。8月20日にインデックスで問題が起きてるというツイートをしてますが、これがそうなのかはわかりません。

Google アナリティクスを見る限りだと、いつもとほとんど同じアクセス数なんですよね。ということは、かなりの確率でインデックスステータスに何か不具合があったんだと思います。

Twitterで「インデックスステータス」、もしくは「Index Status」と検索すると、やっぱり他の人もアクセス数は変わってないみたいなんですよね。

それにしても本当に心臓が止まるかと思いました。PVを公開してアドセンスが停止されるということが少し前にありましたが、個人的にペナルティーはもっと辛いです。

アドセンスなら他の広告媒体に変更することもできますが、Google先生からペナルティーを受けたら、検索エンジンからまったく流入が来なくなるわけじゃないですか。

8割以上が検索エンジンからなのに、それがなくなってしまうとか考えたくないですよね。誰からも読まれないということほど、ブログを書いていて辛いことはないですよ。

あのGoogle アナリティクスのリアルタイムに流れてくる棒線を眺め、にやにやしてからブログの記事を書き始めるというのに。

まとめ

いやー、アクセス数とかインデックス数が右肩上がりだとめちゃくちゃ嬉しいですが、下がってしまうと本当に辛いですよね。

今回はおそらく不具合っぽいので、今のところは安心してます。まあ、まだ100%とは言えないですが、アクセス数が変わってなければ、問題ないんじゃないでしょうか。

シェアする

フォローする