“It’s yummy!”や”It’s delicious!”以外に知っておきたい「おいしい!」を表す英語表現5つ

bebe-827778_640

英語で「おいしい!」と言いたいときに、”It’s yummy!”や”It’s delicious!”をまず思い浮かべると思うんですが、その他にもいろんな言い方があります。今日はその中でもネイティブがよく使う表現をいくつか挙げていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語で「おいしい!」は?

1. It’s great!

“It’s great!”と言ったら、一般的には「すごい!」ですよね。しかし、食事の場面では「おいしい!」という意味になります。

ちなみに、”It’s good!”はどんな意味になるのかと言うと、「まあ、おいしかったよ」というニュアンスで伝わってしまうことがあります。なので、もし使うなら”very”のような副詞を前につけるようにしましょう。

例:”How’s everything?” “It’s great!”

「お食事はどうですか?」「おいしいよ!」

2. It’s tasty!

“tasty”は”taste”の形容詞です。動詞で使って、”It tastes great!”「おいしいよ!」とすることもできます。

例:This chocolate brownie is so tasty!

「このチョコブラウニーとってもおいしいです!」

3. It’s awesome!

「めちゃくちゃおいしい!」と言いたいときに使います。英語圏で生活したことがある人なら、ネイティブがこの単語をどれくらい使うか知ってる人もいるでしょう。もうとにかくそこら中で飛び交ってます。

例:”How was your meal?” “It was awesome!”

「お食事はどうでした?」「最高においしかったです」

4. It’s amazing!

これも”It’s awesome!”と同じような感じですが、フォーマルな場でも使える万能タイプです。

例:This tiramisu is amazing!

「このティラミスは素晴らしいですね」

5. I love it!

ここまでは形容詞を使って、「おいしい!」を表現してきましたが、”I love it!”という言い方もできます。

例:”How’s the pasta?” “I love it!”

「そのパスタはいかがですか?」「おいしいです!」

まとめ

今日紹介した5つでも十分だと思うんですが、もっと知りたいという人のために、ここに「おいしい!」を表す表現をもう少しだけ載せておきます。

・It’s fantastic!
・It’s terrific!
・It’s wonderful!
・It’s scrumptious!

他にも比較や比喩を使って、いろんな言い方ができます。ただ、まずは直接的な表現をある程度覚えちゃいましょう。そうするだけでも、かなり会話が楽しくなりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする