グルメマンガ「忘却のサチコ」の主人公が教えてくれる当たり前のおいしさ

city-666101_640

この頃、Kindleにあるグルメマンガを読みふけってます。脈絡なく読むんじゃなくて、たまにはテーマを決めてそれだけをひたすら楽しんでみるのもありかなと。

で、どうせならおもしろかった作品はこのブログでどんどん紹介していきたいので、これから何日間か雑誌風にグルメマンガの特集みたいなことをやってみようと思います。

第1回目は、「忘却のサチコ」という結婚式当日に新郎に逃げられた主人公・佐々木幸子が、彼のことを忘れるためにおもいっきり食べまくるというお話です。

グルメマンガ「忘却のサチコ」

あらすじ

ただ忘れるために…美食を求めて東へ西へ!

佐々木幸子(ささき・さちこ)、29歳。職業、文芸誌編集者。
仕事は順調、結婚も決まり、これまで完璧な人生を歩んできた。

あの日までは…!!

美味しいものを食べた時に得られる”忘却の瞬間”を求めて、
ありとあらゆる美食を追いかける!!

この作品はタイトルの「忘却のサチコ」からもわかる通り、彼のことを忘れるためにサチコがいろんなものを食べるという設定なんですが、普通のグルメマンガと少し違うのは、彼女が食にとっても疎いところ。

文芸誌編集者として真面目に働き、上司には「いやー しかし、あんな鉄のような女が結婚とはびっくりだな〜〜〜」と言われるような女性で、結婚した理由も付き合うよりか結婚した方が、経済的で社会的信用が得られるから。

そんな考え方、生き方をしてきたせいか、食べることをエネルギーの補給くらいにしか考えてこなかったサチコ。それが新郎に逃げられたのを機に、食べ物のおいしさにはじめて気づきます。グルメマンガは食べ方とか食材に焦点を当てる作品が多いなかで、このマンガはど素人目線で当たり前のおいしさを教えてくれるので、なんだか新鮮でよいです。

IMG_0783

サバ味噌がおいしいなんてずっと前から知ってましたが、サチコがそんな当たり前に感動を覚えることで、こっちもどきっとするんですよ。

自分もそこまでサチコと変わらないんじゃないか。サバ味噌がおいしいとわかってるものの、そのおいしさに慣れて、今ではただお腹を膨らませるために食べてるだけじゃないのか。もうそれは食べることをエネルギーの補給くらいに考えてたサチコとあんまり大差ないんじゃないかと。

まあこれはちょっと言いすぎかもしれませんが、当たり前のおいしさに改めて気づかせてくれるのは本当です。読んでるとお腹、すごく空いてきます(ここがグルメマンガでいちばん大事な要素ですよね)。

Screen Shot 2015-09-04 at 21.48.31

しかも、こんなちょっとむすっとした顔でおいしそうに食べるんですよ。なにこの顔、超かわいくないですか。食べてるの見てるだけで微笑ましくなってきます。

IMG_0782

と思いきや、最終的にはこんな顔になります。うん、わかるわかる。そうだよね。人が本気で感動してるときは、想像してるよりもずっと気持ち悪い。かわいい顔してるのに、かまととぶってないところがまたいいんですよね。

文芸誌編集者さんだけあって、小説家の代わりに取材にも行きます。軍艦島を取材して、長岡の名物角煮まんじゅうを食べた後に、あるお店に入るんですが、そうすると隣で中学生の男の子がボリューム満点トルコライスをがっついてるんですね。そこから「これは・・・もう1回お腹をすかせなくては!!」とお店を出て中学生に混じって走り出します。

IMG_0780

こんなシーンがよくあって、変に真面目なのでにいざ真剣になると、食べることにも手を抜けないんでしょうね。そういう部分を強調したいのか、食べるまでの物語をすごく重視してる感じがあります。

確かにただ食べるシーンだけ見せられるよりか、そこに行き着くまでの物語があった方が、読んでる側もサチコもよりおいしく感じられますよね。

まとめ

2巻の最後の方は香川でうどん屋さん巡りだったんですが、おいしそうに食べる食べる。香川行きたいなぁと猛烈に思いました。

ということで、第1回目のグルメマンガ特集は「忘却のサチコ」でした。

シェアする

フォローする