アメリカ旅行中にトイレに行きたくなったら、この6つの場所を探そう

pictograms-690873_640

日本で外出中にトイレがしたくなったら、近くのコンビニ、駅ナカ、デパート、本屋さんのどれかに行けば危機回避できますが、アメリカだとそうはいきません。旅行中に気軽に使えるトイレがどこにあるのか知らなかったら、いざというときに大変ですよね。おいしいレストランやおしゃれなカフェを探すよりも、こっちの方がずっと優先事項だと思います。ということで、今回はアメリカに旅行で行ってトイレがしたくなったときに、知っておきたい場所について紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカで急にトイレに行きたくなったら

1. スターバックス

マクドナルドと同じかそれより多くあるお店がスターバックス。いつも混んでてトイレも並んでますが、その分店員さんの目も気にする必要がありません。日本だと何か買わないと罪悪感を感じてしまいますが、こっちだとトイレだけ借りる人もたくさんいます。もしお店が混んでない場合でも、店員さんにトイレを使っていいか聞けば、笑顔で貸してくれます。

2. マクドナルド

日本でもマクドナルドにトイレを使いに行く人はいますよね。アメリカでも同じです。スターバックスよりか入りやすいし、店員さんもかなり適当なので、こっちの方が気軽に行きやすいかもしれませんね。

3. 教会

アメリカは教会も多いです。キリスト教徒だけではなく、ホームレスから観光客までいろんな人が出入りします。なので、トイレもちゃんと付いてるんですよ。もし見当たらなくても、「貸してください」と言えば使わせてもらえるはずです。ちなみに、教会のトイレは地下にあることが多いです。

4. 大型のスーパー

個人が経営してるような小さいスーパーだと業務用のトイレしかありませんが、大型のスーパーだとちゃんと完備されてます。ただ、スタバとかマックの方が街中にあるので、たまたますぐ近くにあったら「そうだ、ここにもあるんだ!」くらいでいいと思います。

5. ドラッグストア

ドラッグストアに関しては、業務用のトイレしか置いてない場合がほとんどですが、貸してくれるよう頼んで、断られたことはないです。ただ、ドラッグストアはあんまり混んでないんですよね。そのなかで店員さんに聞くのはちょっとハードルが高いかもしれませんね。

6. 高級ホテル

小さいホテルだとエントランスを入ってすぐにレセプションがあって、トイレに行きにくいし、そもそもロビーにはなかったりするんですが、高級ホテルだと人の出入りも頻繁で、何気ない顔で潜入できます。しかも、高級ホテルだけにトイレもきれいなんですよ。難点としては、これまで紹介してきた中だと数が圧倒的に少ないところです。もしたまたま見つけたら、「ラッキー!」という感じですね。

まとめ

アメリカではサブウェイもそこら中にあるんですが、あそこは店内が狭い上に、レジの真ん前を通って行かないと、トイレに行けない作りになってるところが多いんですよ。もしくは、業務用しかないお店もあります。もし勇気があれば、挑戦してみてください。

ということで、今回は「アメリカ旅行中にトイレに行きたくなったら、この6つの場所を探そう」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする