セーターはたとえ高くてもウールよりカシミヤを全力で推したい

Screen Shot 2015-09-20 at 05.25.43

中学生の頃からファッションが大好きで、三重に住んでた頃はお金が貯まると愛知にある栄とか大須、東京に移り住んでからは代官山とか中目黒に行ってました。服を選ぶときの基準は、デザインの良し悪しと似合うか似合わないか。

それがあるときから、素材にもこだわるようになりました。特にセーターはカシミヤ100%じゃないと絶対に嫌で、ウールは生理的に受けつけなくなってました。というのも、ある日カシミヤのセーターと知らずに買って、それが気に入って頻繁に着てたんですね。それからウールのセーターを着てみたら、もうチクチクしてかゆくて仕方なかったんですよ。

でも、カシミヤ100%のセーター、安くても2万近くするんですよね。そうそう買えるものじゃないんですよ。なんだかすごくおいしい食べ物を食べてしまったせいで、これまでおいしいと信じてたものに感動できなくなったような感覚を覚えて、どうしようと戸惑ったんですが、ふと気づいたんですよ。

「たしかに1枚のセーターとしては高いけど、ウールのセーター2着、3着が1着になるだけじゃん」と。そうなんですよね、100円ショップでも「安い、安い」と思ってたくさん買ってると、5千円くらいいっちゃうのと同じ法則で、どちらにしても2万円分、3万円分使うんです。

それなら量より質だ。いや、前から量より質のつもりだったんですが、もっと量より質になりました。セーターは何年も着られるし、そもそもシャツみたいに何着もいりません。ということで、今日はカシミヤ100%のセーターを全力で推していこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カシミヤ100%のセーター

まず、カシミヤはカシミール地方にいるヤギから生産されます。1 頭から取れる毛の量がかなり少なく希少価値があり、高級品扱いとなってます。素材の特徴としては、繊維の細かさによるのか、とにかく肌触りがいいんですよ。触れた瞬間の質感に違和感がないというか、ざらざらしてなくていつまでも触ってたくなるような感触です。また、繊維が細かい分、ウールよりも暖かく感じます。まあこれは編み方にもよるんでしょうけど。

こうやって文章だけで説明していてもわかりにくいと思うので、実際に写真で見ていくことにします。ぼくの写真の撮り方がど素人なので、あんまり意味ないかもしれませんが、まあないよりはましかなと。

DSC_2206

これがカシミヤ100%です(イタリア製)。ちょうどついこの間買いました。薄めのセーターで、冬用というよりか秋用です。薄めとはいえ、同じウールと比べるととっても軽いんですよ。この軽さもカシミヤの特徴だと思います。

DSC_2214

拡大するとこんな感じです。見てもらうとわかるように、繊維がめちゃくちゃ細かいんですよ。お店に行って、触ったり着てみるともっとわかるはずです。繊維が細かいと色合いもうまい具合にでます。

DSC_2238

これもカシミヤ100%です。もうかなり着こんでるので、少し毛玉がありますね。厚めに編んであって、すごく暖かいです。それでも軽いのはさっきのと同じです。

DSC_2219

さて、次はウール100%です。ここからだとわからないですよね。あっ、でも重みはこの方が伝わるかもしれません。これも秋用なんですよ。最初のと比べてみると、重そうだと思いませんか。

DSC_2220

拡大版です。どうだろう。なんとなくわかりますか。カシミヤと比べるとざらざらしてそうな感じ。模様がない方がわかりやすいんでしょうが、これしかなかったんですよね。すみません。

で、こうやってカシミヤの特徴を写真と一緒に説明してきたわけですが、まだ納得できない人も多いはず。ぼくも自分で説明しながら、説得力のなさに唖然としてました。もう少し自分を説得するつもりで書いてみます。

うーん、たとえば写真を見比べてみると、カシミヤの方が落ち着きがあるんですよ。もっと言うと、洗練されてるんです。ウールは荒々しいんですよね。だから、インパクトはあって「いいな」と一瞬思うんですが、すぐに飽きてしまうんです。一方、カシミヤは長く付き合いたいタイプ。包まれるときの心地よさも比較できないくらいよいです。

女性で例えると、カシミヤは素っぴんからかわいくて、ナチュラルメイクで十分なんです。ウールは化粧でどうにか取り繕う必要があって、模様ものが多いのはそんな理由もあるんじゃないかと今ふと思いつきました。という冗談は置いておいて、とりあえず騙されたと思って明日にでもショップで試しに着てみるといいですよ。納得してもらえるはずです。たぶん、それがいちばん説得力ありそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする