「会社を辞めたい」と言ってるうちは辞められない

handcuffs-921290_640

去年の4月からエンジニアとして会社で働き出した幼馴染。今でも連絡を取り合う仲なんですが、入社した当初から「会社を辞めたい」と言い続けてます。

会社を辞めてから、海外の大学院に行こうか、ワーホリをしようか、どうしようか迷ってるみたいで、もはや働く意欲はまったくないみたいです。

たぶん、こういう人って日本中に数え切れないほどいると思うんですが、「会社を辞めたい」と言ってるうちは辞められないですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社を辞めるなら、今でしょ

会社を辞められない理由を考えたときに、「その後どうしたらよいかわからない」「お金が心配」「世間体が気になる」「同僚との関係性がある」「根性がないと思われる」あたりがあると思います。

もうすでに結婚してたら、家族を養っていくためにそう簡単に会社を辞めることはできないでしょうが、まだ独身で20代とか30代なら辞めちゃってもいいんじゃないでしょうか。

それは辞めた後、自分の理想の働き先に勤められたり、自分のやり方で生きていけるかはわかりません。でも、「会社を辞めたい」といつも思いながら働いていても、辛いだけですよ。

自分がどうして会社を辞めたいのか。働くこと自体が嫌ならもうどうしようもないですが、もっと自分のすきなように働きたいから辞めたいとか毎朝満員電車に乗って通う会社が嫌なら、フリーランスでやっていく道もあります。今はランサーズのようなフリーランス向けのクラウドソーシングサービスも充実してます。

まあ最初の2、3年はうまくいかなくても、もしかしたら軌道に乗るかもしれません。ただもちろん、最初の数年はほとんど赤字かもしれませんし、成功するとも限らないという可能性を考慮しておく必要があります。

ぼくの幼馴染の場合、大学院かワーホリのためのお金がなかなか貯まらないから辞められないらしいんですが、そんなことを言いながらこのままだとずっと貯まらない気がします。

それもそのはずで、休みになると溜まったストレスを発散するために海外旅行に行くので、せっかく貯めてるお金はなくなってしまいます。

会社で働く。ストレスが溜まる。辞めたい。お金を貯める。海外旅行に行く。この流れをどこかで終わらせないと、お金は一向に貯まりませんが、はたしてストレスが溜まった状態でお金を使わずにいられるのか。

ぼくの知り合いでブラック企業で働いていた人がいて、「辞めよう、辞めよう」と思いながら辞められず、ある日お兄ちゃんから「今日辞めなかったら、おれが電話して辞めさせる」と言われてやっと決心がついたそうです。それから1年間バイトをして、ワーホリのお金を貯めて、カナダにやってきました。

とまあ、こんなふうにお金の心配なんて辞めてからどうにでもなります。「会社を辞めたい」と言ってるうちは、そう言ってる自分に満足して終わるんじゃないでしょうか。こんなのは「彼氏がほしい」とか「お金がほしい」と言って、結局はそのための努力をしない人たちとあまり変わりません。

今は転職サイトも充実してきてます。今の会社が嫌でも、他のところなら意外と楽しいかもしれません。特にエンジニアやプログラマーの方は強いですよね。たとえば、有名どころの転職サイトだとここらへんでしょうか。

・エンジニアに特化した転職サイトレバテックキャリア

・関西圏の人におすすめの転職サイトワークポート

ちゃんとしたカウンセラーやコンシェルジュがいるのも安心ですね。特に転職に慣れてないと、どうしたらいいかわからない部分ってたくさんあるはず。

そんなときに自分の悩みとか疑問とか注文を聞いてくれる人、それも転職に関する専門的知識を持ってる人がいると助かりますよね。

どちらにしろ辞めたいなら、もう今辞表を出せばいいんですよ。明日とか半年後じゃだめです。自分の仕事が終わってなかったら、迷惑のかからないところまでこなしてから、去ればいいと思います。でないと、「辞めたい」と思いながら、いつまでも社畜のままですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする