モントリオールで見つけた何度も通いたくなるギリシャ料理のお店「Ouzeri」

DSC_2254

泊まってる宿のホストさんからおすすめされたギリシャ料理のお店「Ouzeri」。気に入ってしまって、滞在中の4日間でお昼と夕食含めて3度も足を運んでしまいました。

場所は、Plateau Mont-Royalというおしゃれなカフェや雑貨屋さんがあちこちにあるエリアにあります。エントランスドアはこの写真の正面ではなく、左に歩いていくとさりげなく壁に引っついてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ouzeri

DSC_2256

この写真ではまだそこまで混んでないんですが、夜の20時頃には店内は常連客でいっぱいになります。お客さんは賑やかで楽し気で、店員さんはフレンドリーで、きびきび動いてるので、見ていて微笑ましかったです。

DSC_2259

お通しにはパンとミートボール、それにパテとオリーブ。はじめて来たときに、ほかほかのミートボールの絶妙な柔らかさにやられ、「このお店は正解だ。」と心の中でつぶやいたのを覚えてます。

DSC_2263

イカのグリル。どのお店でも、これを注文して失敗することはまあなかなかありませんよね。期待通りの味で食欲がいっそう進みました。大きさも文句なしです。

DSC_2260

周りの人たちが注文してるのを見て気になったので、はじめてのサガナキ。チーズを油で焼いた料理です。最後にフランベと言って、アルコール度数の高いお酒をフライパンの中に振りかけて、炎でアルコールをいっきに飛ばします。このパフォーマンスが見たいがために、注文しました(笑)「うおー!」ってなります。

DSC_2261

これがそのサガナキです。食感は弾力があってとてもよいんですが、炎を消すためにレモン汁をたくさんかけるので、酸っぱさが舌中に広がって、ちょっと食べづらかったです。パフォーマンス込みで考えると、プラスマイナスゼロという感じでしょうか。

DSC_2265

リゾット風のトマトライス。お米はバスマティが使ってあります。毎日でも食べられる味で、お家で作ってみたくて、仲良くなった店員さんに内緒でレシピを聞いてしまいました。

まとめ

他にもいろいろと試したんですが、1日目はカメラを忘れてしまって、写真を撮れませんでした。個人的には、Beef Martiniというビーフシチューみたいなのもおすすめです。

ここはワインのセレクションもよくて、どれもハズレがなかったです。お値段も良心的で、飲み代も含めて1人30ドルもあればお腹いっぱい食べられるはずです。近くに行ったときは、ぜひ行ってみてください。

ということで、今回は「モントリオールで見つけた何度も通いたくなるギリシャ料理のお店『Ouzeri』」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする