ケベック・シティーで2泊3日したAirbnbのお家が素敵すぎる

DSC_2479

モントリオールに3泊4日してからケベック・シティーで2泊3日。ここでもホテルやホステルではなくAirbnbを利用しました。1度その便利さを知ってしまうと、もうどこに行くのでもAirbnbになってしまいます。さて、今回はかなりおしゃれなお家に泊まったので、参考までに紹介してみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケベック・シティーで借りたおしゃれなお家

DSC_2344

今回の旅行ではモントリオールでもケベック・シティーでも「まるまる貸切」ではなく「個室」で借りました。しかし、ケベック・シティーの方はホストのLaurenceさんがたまたま旅行に行っていて、貸切状態で借りることができました。

見てくださいよ、この空間。木製のピアノが素敵すぎる。ギターも置いてあります。確かLaurenceさんはミュージションなんだとか。

DSC_2346

ここがキッチンです。超おしゃれ。フライパンなどの調理器具が上から吊るしてあります。この発想、日本人にはなかなかないですよね。いかに収納するかは考えても、いかに余った場所に置くかはあんまり考えないですよね。

DSC_2477

調味料はちゃんとひとつひとつ別に買ったビンの中に入れてあります。ぼくなんか買ったままの入れ物をそのまま使ってるので、こういうまめな人を見ると尊敬します。

DSC_2478

そして、これ。なんと包丁が冷蔵庫にくっついてる。磁石を使ってくっつけてるんですが、発想がすごい。こんなこと考えたこともなかったです。

DSC_2345

ダイニングはこんな感じです。木製のテーブルとイスが部屋の雰囲気をいっそうよくしてますよね。しかも、テーブルの真ん中にはキャンドルがあって、壁のところにはこれまた木製の赤いイス。こんなお家に住みたいです。

DSC_2476

バルコニーもあります。夏はここでゆっくり本を読みたいですね。今回はもうかなり寒くて、優雅にバルコニーで読書なんていう気分にはなれませんでしたが。

DSC_2347

バスルームも素敵なんですよ。木製の便座ですよ。いいなぁ。バスタブもカナダのお家にしては結構大きくて深さもありました。

DSC_2479

最後に寝室。無駄なものがほとんど置いてなくて、きれいにされてました。この写真では見えないですが、この部屋には机もあって、十分広いです。ちなみに、Laurenceさんの部屋はすぐ横にあります。

まとめ

子供の頃ならまだしも、20歳を過ぎてから他人のお家に泊まることはまずなくなったので、こうやって旅行のときに泊まれるのは楽しい感じがします。Airbnbをまだ使ったことがない人は、不安もあるかもしれませんが、ぜひ1度試してみるといいと思います。ホテルやホステルに泊まるのとはまた違った時間を過ごせますよ。

Laurenceさんのお家(Airbnb)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする