京都の地元の人が昔から通う居酒屋さん「赤垣屋」

DSC_2672

二条大橋のすぐ近くにある居酒屋さん「赤垣屋」。ここも太田和彦さんの「ひとりで飲む、京都」を読んで気になっていたお店のひとつです。

17時からオープンなので、その15分前に着くように行くと、もうすでにぼくより先に1人並んでました。そして、待つこと15分。若大将が暖簾をかけにやってきて、さあ、お楽しみのはじまりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤垣屋

店内にはカウンター席とテーブル席があり、ぼくはカウンターの方へ。カウンター割烹ほど重々しくなく、ちょくどよい具合に張りつめた空気感に安心感を覚えました。常連さんも変にかっこつけてなくていい。

DSC_2679

まずはお通しで、丹波の黒枝豆。大きい。甘みがあって、食欲が増します。

DSC_2684

少し肌寒かったので、熱燗をいただきました。身体が温まる。

DSC_2681

さて、まずは何を頼もう。揚げ出し豆腐もいいけど、やっぱり隣の人が頼んでたおでんがいい。焼きとうふ、がんもどき、厚揚、大根、玉子、竹輪、さつま揚、ごぼう天、こんにゃく、糸こんにゃく、じゃがいも、たこ、ロールキャベツ。いろいろあって、どれも魅力的に思えてしまう。

迷いに迷った結果、ほかほかの大根、ぷりぷりのたこ、それに見るからにおいしそうなロールキャベツを注文。薄味だけど、ちゃんと出汁が効いてる上に、熱燗と相性抜群。「ああ、いい」と心の声が少し漏れそうになりました。

DSC_2682

次に頼んだのは、かつをのたたき。上に乗っかってるネギや大根を包んで食べると、その食感とかつをのうまみが合わさって、たまらないです。

DSC_2685

いかげそはぷりぷりで、マヨネーズとレモンがよく合いました。ただ、これまでの流れからすると、揚げ出し豆腐にしておけばよかった気もします。

DSC_2687

メニューを見ながらずっと気になってた馬刺し。薄く切られた冷凍状態の馬刺しをたれにつけていただきます。そうすると舌の上で少しずつ溶け出して、甘みがぐっと広がってきます。うまい。

DSC_2689

最後は秋刀魚の塩焼き。脂が乗っていておいしい。焼き加減と塩加減もちょうどいい。すぐにぺろっと食べてしまいました。

まとめ

結局、赤垣屋さんには2日続けて行きました。本当はもう1回くらい行きたかったんですが、それはまた今度の楽しみにしておきました。

ということで、今回は「京都の地元の人が昔から通う居酒屋さん『赤垣屋』」でした。

営業時間:17時〜23時
定休日:日曜日
クレジットカード:不可



<こちらの記事もどうそ>

日本酒好き集まれ。京都の二条高倉通にある日本食のお店「魚とお酒 ごとし」
二条通と高倉通付近。「月と六ペンス」、または「麺や高倉二条」のすぐ近くにある「魚とお酒 ごとし」。二条通から歩くと、赤い電信柱のよう...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする