京都でおいしい洋食を食べたいなら「プチレストラン ないとう」

DSC_3114

知り合いからおすすめされた洋食屋さんが最悪で、どこかおいしいお店はないかと「カルバドール」の高山さんに聞いたら教えてもらったのが、ここ「プチレストラン ないとう」。

場所は、二条通の1本隣にある夷川(えびすがわ)通沿いで、「月と六ペンス」から徒歩2、3分のところにあります。ここも京都だけあって、1階にあるものの、入り口までがほど遠く、ぼうっとしてると通り過ぎてしまいそうになります。店内はカウンターとテーブルがあり、かなり広々としてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プチレストラン ないとう

お昼にうかがったので、スペシャルランチメニューA、Bから。ぼくはBのヒレとんかつセット(2400円)を注文。

DSC_3115

まずは、お突き出し。頼んだハートランドによく合います。

DSC_3117

ちょうどよい量のサラダ。

DSC_3118

メインは、ヒレとんかつ、和牛ハンバーグ、カキフライ。これにライスがつきます。ヒレとんかつは柔らかいのでタレがいい感じに馴染んで、ライスが進む進む。小ぶりのハンバーグとカキフライは、旨味が凝縮されていて、これもライスと合うんですよ。

写真で見ると全体的に量が少なそうですが、全部食べると満腹になります。最後のカキフライ1つは無理くり口に入れたくらいです。まあ、京都滞在中の3週間は毎日食べて飲んでしていて、この頃はその後半だったので、結構胃の方もやられてたんだと思います(笑)

DSC_3119

デザートはプリン&オレンジと紅茶(コーヒーもあります)。もうかなりお腹がいっぱいだったので、少なめで本当に助かりました。

しかも、この夜には「プチレストラン ないとう」の目と鼻の先にあるフレンチレストラン「りょうりや ステファン パンテル」でのフルコースが控えてました。食べ終わったのが2時過ぎで、ディナーは6時半から。贅沢な悩みですが、「ど、どうやってお腹を空かせよう」と戸惑いました。それくらいメインのヒレとんかつ、和牛ハンバーグ、それにカキフライでお腹がいっきにふくれました。

まとめ

今までに京都で行った洋食屋さんだと、この「プチレストラン ないとう」と「グリルフレンチ」が別格においしいです。ランチだと、どちらも3000円前後。素材や料理の質を考えると、決して高くないと思います。それにしても、悲しいかな、こういうレストランがどうして自分の住んでる地域にはないんでしょうね。

ということで、今回は「京都でおいしい洋食を食べたいなら『プチレストラン ないとう』」でした。

プチレストラン ないとう(HP)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする