懐かしの駄菓子ベスト18を選んでみた

DSC_3418

知人の子供のクリスマスプレゼント用にお菓子を買いに行ったら、久しぶりに「タラタラしてんじゃね〜よ」を見つけて、思わず買ってしまいました。子供の頃は毎日のように食べてた駄菓子。添加物たっぷりで、決して身体にはよくなさそうですが、病みつきになる味。

今日は「懐かしの駄菓子ベスト18」とタイトルにもあるように、ランキング形式でぼくのすきな駄菓子を挙げていこうと思います。たくさんある中から、どれにしようかいろいろ迷って、絞りに絞り順位を決めました。暇な人はどうぞ読んでいってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

懐かしの駄菓子ベスト18

18. ミニコーラ

ソーダっぽい味の「ミニサワー」より、「ミニコーラ」の方が断然すきです。小さな赤色の容器に入ったラムネみたいな粒たち。最初はちびちび口に入れるんですが、最終的にはいっきに食べたくなってしまうんですよね。

17. わさびのり太郎

子供からするとかなりピリ辛の駄菓子。「蒲焼さん太郎」にちょっと飽きたときによく買ってました。で、また「蒲焼さん太郎」がほしくなるという無限ループ。

16. どんどん焼

結構量が多くて、ご飯の前に食べちゃうとお腹いっぱいになっちゃうんですよね。ただ、一粒一粒が小さいから、気づかないうちに空になってた、なんてことがよくありました(笑)

15. ヨーグレット

人生初の駄菓子が、「ヨーグレット」です。確か、親が買ってきてくれたんです。錠剤のようなパッケージに入ってるのが、なんだかとても新鮮でした。あれをひとつずつ押して取り出すのが楽しいんですよね。小さい頃は、口の中でよくちゅぱちゅぱなめてました(笑)ときどきカリカリ噛んだりもして。

14. ソーダ餅

マンガ「だがしかし」にもあるように、ひとつずつ大事に食べるのもいいですが、つまようじにたくさん突き刺していっきに食べちゃうのも、リッチな感じになっていいんですよね。

13. ガブリチュウ

がぶっとかぶりついて、思い切り口でちぎる食べ方がすきでした。これ噛んでると、なんでか信じられないくらいよだれが口の中にたまるんですよ(笑)それがまた心地よくて。

12. ビッグカツ

最初に「ビッグカツ」を見たときの感想は、「なんて豪華な駄菓子なんだ」でした。だって、あのカツですよ。それを駄菓子として食べられるなんて、子供なら興奮しますよ。まあ、カツだけあって、他のと比べると少し高いんですが。

11. カットよっちゃん

最初のうちはそこまで好きじゃなかったんですが、いつの間にかよく買うようになってました。あの酸っぱさが癖になるんですよね。身体にはかなり悪そうですが(笑)

10. こんにゃくゼリー

きんきんに凍った「こんにゃくゼリー」を鬼ごっこした後に食べると、最高においしいんですよ。お気に入りは、やっぱりソーダ味です。

9. おやつカルパス

ビーフジャーキーとかサラミが子供の頃からすきだったので、「カルパス」ももちろん大好物でした。子供用のつまみですね。お酒の代わりに、スプライトとかコーラですが。

8. ブタメンとんこつ

寒い冬に駄菓子屋さんで食べる「ブタメンとんこつ」の味は、今でも忘れられません。もうそれが1日の楽しみだった時期もあるくらいです。

7. 酢だこさん太郎

あんまり多く食べ過ぎると舌がおかしくなってくるので、2、3枚がちょうどいい「酢だこさん太郎」。「わさびのり太郎」と「蒲焼さん太郎」の組み合わせも捨てがたいですが、「酢だこさん太郎」と「蒲焼さん太郎」もやばいんですよ。

6. コーンポタージュ

この「コーンポタジュ」は罪深き駄菓子で、これを晩御飯の前に食べちゃうと、ご飯が全然進まなくなるんです。それで親によく怒られました。でも、おいしいから我慢できなくて、先に食べちゃうんですよね。

5. ポテトフライフライドチキン味

これはもう何枚でもばりばりいけます(笑)特にこのチキン味は病みつきになります。一袋に3枚も入ってるのも嬉しいですよね。

4. キャベツ太郎

ジュースとセットでぱくぱくと「キャベツ太郎」。賢い食べ方は、お箸を使って。大人になってから口にすると、少し濃い気もしますが、子供の頃は大好きでした。

3. うまい棒

「うまい棒」はど定番ですね。ぼくはサラダ味とコーンポタジュ味ばっかり買ってました。

2. タラタラしてんじゃね〜よ

あのピリッと辛い味と食感がなんとも言えない「タラタラしてんじゃね〜よ」。ネーミングセンスが独創的ですよね。今でも見つけるとつい買ってしまって、口に運ぶ手が止まらなくなります。

1. 蒲焼さん太郎

子供の頃から断トツですきなのが、「蒲焼さん太郎」。あの甘だれと口で引きちぎったときのパリッとなる感じがたまりません。ただ、たまに柔らかくてふにゃふにゃのに遭遇することがあって、そのときは萎えます(笑)

まとめ

駄菓子は、日本に生まれてよかったなぁと思うことのひとつです。海外と比べると、種類も豊富で、いろんな味のものがあって安いから、子供心をくすぐりますよね。

そういえば、今の子供たちはどうしてるんでしょうね。一応、コンビニにもいくつかありますが、駄菓子屋さんほどではないですよね。ああいうお店がどんどんなくなってしまうのは、やっぱり悲しい気がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする