「ブログは量も質も超大事」という話

computer-962971_640

気づいたら、このブログを始めてからもう1年が経ってました。早いですね。あっという間でした。記事数は323と目標よりもかなり低めですが、他のブログも運営してるので、仕方ないかなぁと思います。

でも、来年はこの2倍以上のペースで書いていきたいです。というのも、やはり書けば書くほどPVが上がるんですよね。簡単な話で、ブログに記事があるだけ、検索エンジンからの流入は増えます。しかも、たくさん読めれれば、広告やアフィリエイトをクリックしてもらえる確率も上がります。

雑誌みたいに質ばかり重視してるよりも、ブログの場合はまず読まれることが最優先事項で、それからやっと質を語れるわけです。

たとえば、いくら良記事でも10記事しかなかったら、インターネット上に数え切れないほどあるブログの中から、そこにたどり着くのはなかなか難しくなります。また、更新頻度が低ければ、Googleによって順位を下げられ、余計に読まれる可能性が低くなることも十分に考えられます。

とは言うものの、記事の質のことも考える必要があって、おもしろかったら他の記事も読んでもらえるかもしれないし、「いいね!」だってしてくれるかもしれません。そしたら、Googleからの評価も高くなります。高くなれば、検索エンジンの上位に記事が表示されやすくなり、PVも上がります。

そう考えると、量が最優先事項ではあるけれど、質も高くないと、結果的にはあまり読まれないブログになってしまいます。

量も質も大事。当たり前と言えば当たり前ですが、実際にやってみると簡単なものではありません。1日に3記事、4記事書けても、1日に良記事を1つ書くのだって大変です。

なので、ぼくが心がけてるのは、誤字脱字だけでもなくすことです。これは意外と見逃されがちで、自分が過去に書いた記事を読み返してみると、想像以上に誤字脱字があるはずです。

読者として、読んでるときに漢字が間違ってるだけでも、かなりストレスになります。逆に言うと、それを減らすだけでも、読みやすい文章になります。加えて、ブログに対する好感が持たれやすくなり、記事の質もぐーんと上がります。

たくさん記事を書く。誤字脱字を減らす。

わかってはいるものの、ぼくもいっそうこの2つを意識してブログを運営していきたいです。その上で、文章表現も磨いていけたらいいなぁと思います。

ということで、今回は「『ブログは量も質も超大事』という話」でした。

シェアする

フォローする