近鉄電車が高いし遅いから、三重に行くのが億劫になる

DSC_0772

父の実家が三重の伊勢志摩で、母の実家が東京の八王子だったので、小さい頃から何度もこの2つを往復してます。名古屋⇄新横浜の新幹線は大好きで、いつも楽しみにしてました。

一方、名古屋⇄賢島の近鉄電車は料金が高い(乗車券:1970円+特急券:1610円)上に、時間も2時間半近くかかるので、昔から億劫になってしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

近鉄電車について思うこと

今年は10月に大阪の難波→賢島、11月に京都⇄賢島で近鉄電車に乗りました。

どちらも名古屋と同じく2時間半以上かかり、京都からの料金が乗車券:2530円+特急券:1900円で、難波からが乗車券:2310円+特急券:1610円と、合計で4000円以上するんですよね。

だって、名古屋にしろ京都にしろ大阪にしろ、三重なんてすぐ横の県ですよ。それなのにたらたらと走って、料金もがっぽり取られるんだから、それは電車の中もスキスキになりますよ。

まあ遅いのは仕方ないにしても、もうちょっと料金をどうにかしてほしいですね。一応、普通電車で3時間以上かけて行くという手や株主優待券を利用するという手もありますが、面倒ですよね。

他の県の特急がどの程度かかるのかわからないので、実際のところ、もしかしたらこれが普通なのかもしれませんが、それならその「普通」が高すぎると思います。

特にぼくみたいな都市部に住む若者は、車を持ってない人も多く、その代わりに電車やバスを使うので、運賃が高いとそれだけで行く気力を削がれることがあるんですよね。

三重県の伊勢志摩には「志摩スペイン村」というテーマパークがあります。これは近鉄の持ち物なんですが、今では並ばなくても乗り物に乗れるくらいスキスキ状態です。他にもいろいろとテーマパークのような場所があるものの、どこも悲しいほどに人がいません。

これがすべて近鉄電車が高いからだ、とは言いませんが、もう少し運賃を安くすれば、行きやすくはなると思うんですよね。絶対ぼく以外にも、「近鉄電車高っ!」という理由で、三重に、特に伊勢志摩に行くのが嫌になった人っているはずです。

いくら「こんなに楽しいよ!!」なんて謳っても、そこまで行く道のりが大変だと、やっぱりなかなか行く気にはなりませんよね、普通は。昔のように車の時代ならまだしも、車離れが進んでる今なら、なおさら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする