カナダに4年間住んでわかった日本の嫌なところ

city-666097_640

日本に住んでた頃は気づかなかった、日本の良いところ悪いところ。今日はその悪いところ、嫌なところをまとめたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の嫌なところ

1. 他人に話しかけない

カナダだとバスから降りるときやスーパーのレジの去り際に「Thanks!(ありがとう)」や「Have a nice day!(良い1日を)」と言うのが普通なんですが、日本だと無言じゃないですか。

こっちはお金払ってるんだから、みたいな空気がありますよね。体調が悪かったり、機嫌が悪かったりしたら、それはたまに話したくないときだってあります。

でも、ほとんどの人がそうじゃないのに無言ですよね。

それでもいいじゃん。そう思う人もいるだろうけれど、去り際に一言だけでもかけるだけで、相手だけじゃなくて、こっちもなんだかいい気分になれるんですよ。

本当にちょっとしたことですが、そういうのが増えると、ちょっとしたことではなくなるわけで、もう少し日本全体の空気に余裕が生まれるんじゃないかなぁと思うんです。

2. 車内での通話が許されない

電車やバスに乗ってると、ちょっとスマホの着信音がなったり、誰かが電話してるだけで、嫌な空気がつーんと走りますよね。こんなこと、カナダじゃありえないですよ。

「スマホやガラケーがペースメーカーに及ぼす影響はほとんどない」って総務省が断言してるわけだし、車内で電話してる人がいても、少しくらい大目に見てあげればいいのに。

この前なんてお母さんから「いまどこにいるの?」という電話がかかってきた学校帰りの子供が、知らないおじいちゃんに怒られてました。

えっ、それくらい許してあげようよ。お母さんは何時に駅に行けばいいか聞くために電話してきただけで、その男の子は「もうすぐ着くよ」と言いたかっただけですよ。

たまには大声で電話してる人もいます。だけど、8割以上の人は小声で話してるだけで、なんの迷惑もかけてません。それよりか、周りを気にせずに大声で話してるおばちゃんたちの方が、よっぽどタチが悪いですよ(笑)

そもそもどうして小声でもスマホやガラケーを通して話すのはダメで、電車で普通に話すのはいいのか、わけわかんなくないですか。イメージで物事を判断するのって、完全なる思考停止というか。

3. 「すみません」を言わない

カナダだと人と肩やかばんがぶつかったとき、混んでるところを進むときには「Excuse me(すみません)」や「Sorry(すみません)」を言います。

日本だとよっぽどのことがない限り、無言ですよね。

1年くらい前に東京駅のホームで女の人と肩が少しだけ当たって、「あっ、すみません」と言ったら、めちゃくちゃ変な目で見られました。

他人と関わりたくない、他人と話したくない、他人だからどうでもいい。まあそういう気持ちもわからなくはないですが、一言あればお互いに気持ちいいじゃないですか。

いきなり後ろから無言で電車から降りたいからどいてくれアピールとか、無理矢理押されても困りますよ。1度俯瞰から自分がそうしてるシーンを観たら、きっとそういうのって、恥ずかしくてできなくなると思うんですよね。

4. 他人をじろじろ見る

ぼくが住んでたカナダのトロントは、「人種のるつぼ」と言われるくらい多人種な都市で、カナダ人と言っても、いろんな国から移民してきた人たちでいっぱいです。

だから、日本人が歩いていようが、インド人が歩いていようが、誰が歩いていようが、その人がカナダ人かどうかは、実際に話してみるまでわかりません。

あと、はやくから同性愛者が認められた都市だけあって、「トロントのSherbourne St.やCarlton St.はイケメンだらけ」でも書いたように、ゲイもそこら中にいます。

そういうことがあって、「他人をじろじろ見るのは失礼」という考え方が浸透してるんでしょう、日本みたいに他人をじろじろ見たり、見てからくすくす笑うなんてことはまずありません。

女性の友達に聞くと、女性同士の方がこれは多いらしいですね。どうしてなのかはよくわかりませんが、じろじろ見られていい気はしないですよ。

5. 余裕がない

カナダ人と比べると、日本人は余裕がないなぁと感じます。特に車の運転をしてるときの余裕のなさときたら、呆れてしまうほどです。

カナダだったら、まさに歩行者優先で、信号のないところでも止まってくれる人もたくさんいます。日本の場合、車が歩行者のために止まってくれるなんて、特に都市部だと都市伝説に近いくらい信じられない話です。

東京もひどいんですが、京都もひどくて、タクシードライバー。まったく止まってくれません。京都は信号がない道がたくさんあるので、止まってくれないと渡れないんですよね。

車の方が目的地までさっと行けるんだから、もう少し余裕があってもいいのに、どうしてあんなに急いでるんでしょうね。

余裕のない振る舞いをするから、余計に余裕がないような錯覚を起こしてしまってるだけのような気がしてなりません(笑)

まとめ

総合的には、カナダよりも日本の方が何倍も素敵なところがあると思います。でも、だからこそちょっとした部分が気になってしまうんですよね。

特に電車での通話なんて、あまりにもうるさくない限り、そこまでグチグチ言うことじゃないですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする