風邪を引いたら、小さい頃から薬ではなく梅エキスだった

ome-701352_640

母親がオーガニック志向で、小さい頃から風邪を引いたり高熱でも、薬はいっさい与えられませんでした。

その代わりに「梅エキス」という青梅の果肉を搾り取り、長時間煮詰めて液状にしたものをよくなめさせられました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

梅エキス

これがとっても酸っぱくて、最初は嫌々なめてたんです。それがだんだんと慣れてくると、風邪でなくても欲しくなってきて、親には内緒でぺろぺろしてました(笑)

ただ、作るときに青梅1kgを20gにまで凝縮させるので、あまり摂取しすぎると喉が渇いてしまうんですよね。だいたい目安としては、小さじ4分の1くらいでしょうか。

ぼく自身、小さかったこともあって、実際に効果があるかどうかはそこまで気にしてませんでした。

で、ネットで調べたところ、免疫力を高める効果やインフルエンザ予防に繋がるんだとか。

まあそういうことなので、本当は普段から適量を飲んでおくのがよいみたいです。

そんな梅エキス。2ヶ月前に伊勢神宮に行ったときに、おかげ横丁でたまたま見つけて、あまりに久しぶりすぎて衝動買いしました。

DSC_3398

小さい頃はお家で親が作った自家製だったので、市販のを試すのはこれがはじめて。しかし、ほとんど変わらない、懐かしの味で驚きました。最近は、毎日寝る前になめてます。

梅干しも大好きで、ごはんと一緒にいつも食べてますが、この梅エキスも病みつきになる味なので、健康のためというよりか、夜の楽しみという感じでいただいてます(笑)

もし気になる人は、伊勢神宮に行った際におかげ横丁にあるお店に寄ってみてください。

と言うのは冗談として、Amazonでもいくつか売ってました。いちばん人気は「梅肉エキス 紀州梅100%」というもの。

残念ながら、ぼくが買ったのは売ってませんでした。ただ、このAmazonで売ってる方、かなり評価がよいので、おそらくハズれることはないと思います。

ぼくも今使ってるのがなくなったら、1度試してみたいです。健康のためだけではなく、梅好きで知らない人も、ぜひ試してほしいですね。

ちなみに、ついこの間知り合いの家で飲んだ「a-yuzuki!」というイタリアンワインがこの梅エキスにかなり近いニュアンスでした。その知り合いに「梅エキスみたいなワインですね」って言ったら、きょとんとしてましたが(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする