「第24回 四川飯店OB及び関係者賀詞懇親会」に行ってきた

DSC_3791

今日は「第24回 四川飯店OB及び関係者賀詞懇親会」というイベントに行ってきました。知り合いの中華屋さんがもともと四川飯店で働いてた人で、一緒に連れて行ってくれました。今回はその感想です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第24回 四川飯店OB及び関係者賀詞懇親会

DSC_3790

八王子から赤坂まで車で1時間。四川飯店本店に到着。少しはやく着きすぎたのか、まだ人が全然いません。バイキングの料理もまだ運ばれてません。1万円のバイキングだったので、お昼を少なめにしたせいか、頭の中はすでに料理のことでいっぱい(笑)はやくはやくと思う30分。長い。

DSC_3834

やっとのことで開会の辞がはじまり、四川飯店会長の陳建一さんのあいさつ。もうこの頃には、5階と6階の会場は満員状態。

ゴルフばかりしてる陳建一さんは置いておいて、バイキングのメニューはこんな感じ。

新規ドキュメント 5_1

うーん、これだけだとわかりにくいですよね。最初の方に写真を撮る時間があったので、いくつか載せておきます。

DSC_3801

紅油蹄膀

DSC_3802

口香鷄

DSC_3807

老酒煎牛排

DSC_3814

乱七八雑

DSC_3817

昌菜

DSC_3824

椒麻赤貝

DSC_3826

両色腐皮捲

DSC_3828

燻魚

DSC_3836

樟茶鴨子

DSC_3848

陳麻婆豆腐

DSC_3820

デザート

とまあ、こんな感じです。念のため、すべて食べました。

正直なところ、いくら四川飯店とはいえ、いくら四川飯店のOBや料理界の重鎮(服部先生も来られてました)が来るとはいえ、バイキングなのでそこまで期待はしてなかったんですよね。頭の中はただひたすら1万円の会費のもとを取ることだけ。

考えてみれば、300人近いお客さん相手に、いつもの集中力でいつものモチベーションでいつものペースで作れるわけがないんですよね。

しかし、大勢に作るカレーがおいしいように、麻婆豆腐なんかはおいしかったです。ただ、全体的に味が濃くて、すぐにお腹がいっぱいになってしまいました。

せっかく1万円分食べてやろうと思ってたのに、その半分程度でギブアップ。その代わり、喉が渇いて、ワインとウイスキーを飲みまくりました(笑)

DSC_3853

そんなこんなでいつの間にか閉会の辞へ。

最後は四川飯店社長の陳健太郎さんの締めのあいさつ。

元気があって、やさしそうで、とても印象のよい方でした。今度は四川飯店にちゃんと食べに行きたいな、と思ってしまうような勢いを感じました。

ということで、今回は「『第24回 四川飯店OB及び関係者賀詞懇親会』に行ってきた」でした。

四川飯店(HP)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする