雪かきのときに最低限必要な防寒具やグッズまとめ

kermit-70118_640

東京都の中でも八王子は2、3度くらい気温が低いせいか、先日は雪で大変でした。今週末にも大寒波がやってきて、また雪も降るらしく、せっかく計画してた山梨へのうどん旅行は中止になりそうです。

「2016年は大雪になる」と言われてましたが、この勢いだと2月とかどうなってるのやら。2年前の2月みたいに、外に出られない状況にもなる可能性もありそうですね。

そこで今回は雪が降ったときに最低限必要なものをまとめてみようと思います。一応、カナダに4年間住んでたので、1年のうち4ヶ月くらいは雪の中で生活してました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

雪かきのときに最低限必要な防寒具やグッズ

1. 長靴

長靴は必需品ですよね。意外と持ってない人って、多いんじゃないでしょうか。雨の日だからって、いちいち履きませんよね。しかし、雪の日は別。積もってしまったら、長靴なしには歩けません。おすすめは、ついこの間も紹介したバードの長靴

これ、日本野鳥の会の長靴で、色も赤、緑、ブラウン、ネイビー、グレーといろいろある上に、「B」のマークがかっこいいんですよ。

ぼくも最近買って、さっそく次の日雪が降って、雪かきのときにとっても役立ちました。詳しくは「八王子は今年初雪。買ったばかりのバードの長靴で雪かきがんばったよ」を参照してみてください。

2. 手袋

雪かきのときは、手袋も絶対必要になります。スキー・スノボー用の手袋があれば、それで十分だと思います。

ちなみに、ぼくが使ってるのはノース・フェイスのブラックです。買ったのは3年前。トロントに住んでた頃の話です。

もうそれからずっと使ってなくて、ほこりがかぶってたんですが、まさか雪かきのために使うとは思いもしなかったです。捨てずに持って帰ってきて、本当によかった。

3. シャベル

先週の雪かきでは、シャベルがなくて知り合いに借りました。シャベルなしでは雪かきできませんからね。

次はさすがにシャベルを持って行こう、ということでAmazonで評判のよかったこれを注文。

まだ届かなくてちょっと焦ってます(笑)はやくしてくれないと、土曜日か日曜日には雪が降るかもしれないのに。

4. 凍結防止剤

今回シャベルと一緒に購入したのが、「コンパル 無塩 凍結防止剤 融雪くん」。

凍結してほしくない場所にまいたり、凍結してしまった場所にまくこともできます。やっぱりシャベルだけだとどうしても心もとないし、これを使うのがいちばん楽なんですよね。

なによりも雪を溶かしてくれるのがありがたいです。

シャベルで雪かきをしても、その雪を置く場所があんまりないんですよ。この前なんて、雪を車道に捨ててる人もいたらしく、放送で注意されてました(笑)

しかし、これなら溶かしてくれるので、捨てる場所に困ることもなく、安心です。

5. 水筒

雪かきをしてると、最初は寒くても、だんだんとほかほかしてきて喉が渇いてきます。いちいち家に取りに行くのも面倒なので、水筒は近くに置いておきたいものです。

ただ、外はめちゃくちゃ寒いので、普通の水筒に入れておくと、すぐにお茶が冷めてしまいます。そうならないためにも、真空断熱の水筒があると便利です。

ぼくが持ってるのは、THERMOS(サーモス)の「エスプレッソ」。

サイズもちょうどよくて、デザインも気に入ってます。名前も「エスプレッソ」とかっこいいですよね。

まあ最近はどこにでもあるので、自分の好みのを電気屋さんとかAmazonで探してみてください。

まとめ

とりあえずは長靴、手袋、シャベル、凍結防止剤、水筒があれば十分じゃないでしょうか。ああ、今年は雪かきで痩せそうです(笑)

ということで、今回は「雪かきのときに最低限必要な防寒具やグッズまとめ」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする