まずは30分で記事が書けるようになりたい

owl-947768_640

イケハヤさんは15分で記事が書けるらしいので、ぼくはまず30分で書けるようになりたいです。まあ、何分で記事が書けると言っても、どれくらいの字数で、どんな内容なのかにもよります。

とりあえずは、1500字程度を30分で書けるようになりたいですね。800〜1000字程度なら15分前後で書けるときもあります。

ただ、それ以上になるといきなりハードルが上がるんですよね。そもそも本当に15分とか30分で書く必要はないですし。

ただ書くだけなら簡単ですが、画像を入れたり、文章を工夫したり、最後に誤字脱字がないか確かめたりしてたら、どうしても1時間近くかかってしまいます。

場合によっては、3000字近く、もしくは以上書きたいときだってあります。気分が乗らなくて、なかなか手が進まないときもあります。どれくらいの時間で書けるかは、本当にそのときどきですよね。

「何分で書き上げる」というのは、スピード感を意識する上で大事、という程度にとらえておくのがいいんじゃないでしょうか。

そうやって意識しないよりか、意識してた方がだらだら書く習慣もなくなります。なんでもそうですが、ポン、ポン、ポンって物事が進むときって、ある種の流れに乗る必要があると思うんです。

だらだら書いてると、「今日は思うように記事が書けないから、明日にしよう」とか「ああ、今日疲れたから、ブログは明日にしよう」って言い訳もしやすくなって、更新頻度も減ります。

更新頻度が減って、記事を書くのが億劫になるよりか、推敲(すいこう)が足りなくても、できるだけ毎日書ける方が絶対にブログ自体も続くはず。

それに自分がだいたい30分くらいで書けると、なんとなくでもわかってたら、少しくらい疲れてても、さっと書けるじゃないですか。気持ち的にも楽ですよね。そういう意味でも、すばやく書くスキルは大事なんですよね。

特にブログは書かないと話にならないですから。いくらいい文章を書きたいと願って、それが叶っても、読まれないと意味がありません。そこらへんのバランスをうまく考えないといけないですよね。ぼくもここらへんの要領がまだつかみきれてないので、試行錯誤の繰り返し中です。

シェアする

フォローする