コスパと使い勝手抜群、SEKIのワインオープナー

DSC_3739

以前使ってたワインオープナーがだめになってしまい、新しいのを手に入れました。今回購入したのは、SEKIのワインオープナー。値段も安すぎず高すぎずちょうどよく、デザインもシンプルで使いやすいです。

結構探してたんですよ。でも、なかなか「これだ!」と思うものがなく、あっても何万円もするんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEKIのワインオープナー

その点、今回買ったのは5千円以下で手頃。基本的に、ひとり飲み用に使うだけなので、スムーズに開けられればそれでよかったんですが、意外とそういうものすら少ないんですよね。

スクリューの部分を引っ張るときにギシギシと嫌な音がしたり、ナイフの先が丸くて切れにくかったり、と安すぎるとそれなりのクオリティーになってしまいます。そのせいで、このワインオープナーを手に入れるまでに数カ月かかりました。

そこまで必死になって探してなかったせいもありますが、そもそもワインオープナーを真剣に取り扱ってるお店が少ないんですよね。ほとんどが「これはない!」と叫びたくなるようなのばかり(笑)

さて、今回かったSEKIのワインオープナー。写真だとこんな感じです。

DSC_3740

茶色と黒色を基調としたデザインになってます。最初、ステンレスだけのにしようか迷って、結局こういう感じのデザインのものにしました。これくらいの色合いなら、使っていても飽きないかな、と。

DSC_3743

戦闘モードにすると、なんだかこわいですね。誰かと喧嘩して、これが飛んできたら包丁よりもびっくりするかもしれません(笑)

DSC_3928

なんとなく「ワインオープナー」とか「ソムリエナイフ」と聞くと、「ワインのコルクを開けるための道具」というイメージが強いですが、実はここの部分を使えば、栓抜き代わりにもなります。知ってる人は知ってると思いますが、意外と知られてないんですよね。

ということで、今回は「コスパと使い勝手抜群、SEKIのワインオープナー」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする