海外生活に飽きてきた人は、そのあり余った時間を使ってブログを書こう

laptop-849800_640

海外に住み始めて最初の数ヶ月はうきうきわくわくで、目や耳に入ってくるものすべてが新鮮で仕方ないのですが、だんだんと飽きてきますよね。

ぼくはカナダのトロントに4年間もいたので、もう半年目くらいには日本に帰りたくて、実際なんだかんだ年に1、2回は帰ってました。

だって、日本と比べると、時間をつぶせるところがあまりにも少ないじゃないですか。ぼくはまだ都市部だったからよかったです。これがもし田舎だったらと考えると、ぞっとします。

特に学生は勉強以外、結構暇だという人が多いんじゃないでしょうか。みんななにしてますか。マンガ読んだり、YouTube観たり、たまに外をぶらぶらしたり、そんな感じですか。もしそうなら、もしそうでなくても、ブログを書いてみたらどうでしょう。

ブログを書いて、プラットホームを作る

今はいろんな情報を得るために、ほとんどの人がインターネットを使ってます。そして、ブログを使えば、情報の発信者になれる上に、収入まで得られます。

もちろん、収入と言っても、最初は月に数百円程度です。毎日がんばって書いて、1年目くらいでやっと月に3〜10万円いけたら、万歳という厳しい世界です。

まあそれはそれとして、自分のプラットホームを作っておくことは、とても大事なことだと思うんですよ。これからの時代、終身雇用とか年金というバブルの遺産みたいな制度はどんどん崩れていきます。

そうすると転職する機会も増えるでしょうし、フリーランスとして働く道を選ぶこともあるかもしれません。一方で、世界のインターネット化、オンライン化もますます進みます。「IoT」、「Deep Learning」、「ドローン」。

スティーブ・ジョブズが率いるAppleが2007年にiPhoneを発売するまでは、日本でインターネットなんてまったく普及してませんでした。使ってたのは一部の人たち。

それから10年近くで、今はインターネットはここまで身近になりました。本当にあっという間でしたよね。インターネットは、人間の考えるスピードよりも信じられないほどはやいわけです。

さて、ブログですね。どうして自分のプラットホームとして、ブログが必要なのか。ひとつにはブログを使って、自分でお金を稼げるようになるためです。もうひとつは、自分がやりたいことを思い浮かんだときに、ブログから世界に発信して、少しでも普及させるためです。

企業が商品を作ったあとに、いちばんなにに苦労すると思いますか。それはその商品をいかに知ってもらうかです。そのために広告があるわけです。

しかし、もしブログを持ってれば、たとえば自分でLINEのスタンプを作って販売したいとき、英会話教室を開いたとき、なにか事業を始めたとき、ブログからすぐに発信することができます。

そういう意味で、ブログは本当に便利なツールなんですよ。そして、始めるならはやいに越したことはありません。そんな始めてすぐにいろんな人に読まれるようになるはずがありませんからね。

ブログの内容については、なんでもいいんですよ。海外の情報。別に海外の情報でなくても、たとえば英語やフランス語のような語学について。もしくはぼくのブログみたいに書きたいことを書くスタイル。大事なのは、まず書いてみること。

収入を得る方法

ブログで収入を得る方法は、テレビとか雑誌がやってる方法とだいたい同じです。代表的なのは、広告収入。自分のブログに広告を貼って、読者さんがその広告をクリックすれば、お金が入るというもの。代表的なのは、「Googleアドセンス」です。

ただし、Googleアドセンスは規則も厳しく、ぼくの周りでも何人もアカウントが停止されてます。もし収益が安定してきて、いきなり収入が入らなくなったら大変ですよね。

そういうこともあって、おそらく8割以上のブロガーやアフィリエイターが「Amazonアソシエイト」や「楽天アフィリエイト」、それに「A8.net」や「バリューコマース」を併用してます。

ポイントとしては、Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトは、「もしもアフィリエイト」から間接的に提携した方がお得です。

まず、Amazonアソシエイトは提携審査が厳しいことで有名なんですが、もしもからだと簡単に受かるんですよ。詳しくは、こちらの記事を参照してくださいね。

楽天アフィリエイトについては、W報酬制度という、確定報酬額の10%をもしもがプラスして払ってくれるありがたい制度があるんです。つまり、もしもと間接的に提携した方が、楽天アフィリエイトと直接するよりもお得なんですね。

ちなみに、ぼくのところの収益の大半は、「もしもアフィリエイト」と「A8.net」です。

どこも提携審査はありますが、審査に受かってしまえば、無料で使うことができます。一応、ぼくはすべて登録してあります。

まとめ

まあまずはブログを作るところからですね。ぼくはカナダにいるときにはじめました。そもそもブログ自体はもう10年近くやってます。だからこそ、もっとはやく収益化しておけばよかったと後悔してます。

こういうのははやいほどいいんですよ。みなさんも暇な時間を使って、ぜひはじめてみてください。基本大変ですが、そこに楽しさも学びもたくさんあるはずです。

ということで、今回は「海外生活に飽きてきた人は、そのあり余った時間を使ってブログを書こう」でした。

<こちらの記事もどうぞ>

初心者ブロガー・アフィリエイターにおすすめのASPとその特徴まとめ

シェアする

フォローする