Skype番号を取得して約1ヶ月。そのメリットとデメリットまとめ

Screen Shot 2016-02-07 at 14.50.44

4年間住んだカナダのトロントから去年の10月に帰ってきて、いちばん最初に困ったのはWi-Fi。インターネットが繋がらないと、ブログもネットサーフィンもできない。

ということで、Y!mobileと契約してポケットWi-Fiをゲットしました。月々3995円。ダウンロードとかストリーミングをしすぎると、急激に遅くなるのが痛いですが、ブログを書いたり、ネットサーフィンをするだけなら十分。

SkypeやLINEでも電話も普通にできます。こちらがオフラインだと、電話がかかってきても気づけないのが難点ではありますが。

まあこんな感じで日本での生活にも慣れてきて、最近までは割と快適に過ごしてました。しかし、1月になり新居が決まり、引っ越すことになったんですね。

そうすると、いろんなところと契約する機会が増えます。そのときに契約書の記入欄に必ずあるのが、電話番号。電話番号なしでは、契約できないところもあるくらい、連絡先の記入は超重要です。

たぶん、日本での携帯・スマホ普及率はかなり高く、20代ならば100%近いんじゃないでしょうか。まあ、持ってない人を探す方が難しいですよね。

さてどうしよう。カナダで使ってたiPhone 5SをSIMフリー化してきたから、これを使おうか。けれど、連絡する相手なんてほんのわずかだし、みんなLINEかSkypeで連絡が取れてしまう。

ならいっそうのこと、電話番号だけ取得できないか。そのとき見つけたのがSkype番号です。月額60分/400円の基本料金を払うだけ。めちゃくちゃ安い。いい。欲しい。さっそく番号を取得しよう。

前置きが長くなりましたが、今回はそのSkype番号をこの1ヶ月間使ってみた感想を含め、メリットとデメリットについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メリット

電話番号を格安で取得できる

このSkype番号の最大のメリットは、ぼくのようにただ電話番号を取得したい人が、電話番号を格安で取得できることでしょう。1ヶ月の基本料金400円/60分(それ以降はSkypeクレジットを利用する)。あちらからもこちらからも電話しないのであれば、60分の通話時間で十分すぎるくらいです。実際、ぼくの先月の通話時間は37分。今月はもっと少ないと思います。

通話代が安い

調べてみたところ、Skype番号の通話代はどこの会社のプランよりも安いです(電話番号取得なしでのプランの通話代は除く)。他のところは、平均21円/30秒なのに対して、Skype番号はたったの6.6円/30秒。だいたい3分の1ですよね。

海外にもかけられる

Skypeクレジットと同じように、海外にも電話をかけることができます。便利な世の中ですね。先日もカナダの銀行と携帯会社に用事があって、Skype番号からかけました。以前は公衆電話から、しかも1回の電話でテレホンカードを1000円分近く使っていたことを考えれば、ありがたい話です。

デメリット

オフラインだと電話に気づけない

Skypeの欠点と言えば、オフラインだと電話がかかってきても気づけないところです。これはSkype番号を取得しても変わりません。ぼくは急ぎの用事や緊急事態なんてめったにないため、今のところはまったく困ってませんが、困る人は困ると思います。なので、ただ番号を取得したいのではなく、緊急用にも使える番号がほしいのなら、おすすめしません。

携帯電話やフリーダイヤルには繋がらない

Skype番号は、なぜか固定電話には繋がるものの、携帯電話やフリーダイヤルには繋がりません。まあぼくは番号が欲しかっただけなので、そこまで困ることはありませんが、ときどき携帯電話に電話しないといけないときがあります。対処法としては、Skypeクレジットで600円払えば、携帯電話に電話することができます。たしか、フリーダイヤルはどちらにしろ無理だったような。

相手先には非通知になる

Skypeからだと、なぜか日本とメキシコだけは、国の規制で相手に自分の番号を通知できません。そのため非通知になってしまいます。他の国は大丈夫なんですよ。たとえば、中国とか北朝鮮も。こういう古い慣習というか、なんというか、ため息が出てしまうようなルールや考え方、もうそろそろやめましょうよ。疲れます。

まとめ

簡単にまとめると、緊急の連絡先には使えないけれど、電話番号を格安で取得したかったり、海外によく電話をする人にはおすすめです。

それ以外の人でSIMフリーの端末がある人は、「楽天モバイル」あたりがいいんじゃないでしょうか。

ということで、今回は「Skype番号を取得して約1ヶ月。そのメリットとデメリットまとめ」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする