英語が話せるのは当たり前。これからはプログラミングができるかどうか

workstation-405768_640

その成果が出てるかどうかは別として、日本には英語の勉強に力を入れてる人がたくさんいます。小さい頃から英会話教室に通ったり、高校や大学の在学中に短期留学。

英語が話せるようになるに越したことはありませんが、今の時代に英語が話せるなんて、すごいことでもなんでもありません。英語が話せる人がいて、「すごい!」と反応するのは日本人くらいのものでしょう。

ヨーロッパでは英語が話せるなんて普通だし、英語圏では英語がネイティヴ言語です。むしろ、3ヶ国語、4ヶ国語話せる人も当たり前のようにいます。

今はDeep Learningによって、10年後には音声を含めた翻訳機能は飛躍的に向上し、翻訳家や通訳をする人がいらなくなるかもしれないとささやかれてます。

そのなかで重要になってくるのは、英語が話せるのは前提として、なにができるのか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プログラミングができるかどうか

今後の未来を考えれば、やはりプログラミング言語ができるかどうか。正直な話、英語ができるよりもプログラミングができた方がよっぽど未来は明るいはずです。

どこを見たって、インターネット化の波は来てます。プログラミングのような専門的知識と技術を持ってたら、重宝されるに決まってます。

今の10代やそれより下の子たちはインターネットに本当に小さい頃から触れてます。当然のようにインターネットがあるなかで育った世代です。

ぼくも一応はデジタルネイティヴですが、インターネットに本格的に触れたのは高校の頃です。今の子たちはもっと早いでしょう。

ぼくが中学の頃は、インターネットという言葉すらまともに使ったこともありませんでした。中学1年の頃は外で鬼ごっこしてました(笑)

せっかくインターネットにはやくから触れてるのに、もっと深くまでいかないのはもったいない。英語みたいに親しみのない教科というわけではありません。

「どうしてこんなの勉強しなきゃいけないの?」と疑問をぶつけられて、英語、国語、数学、歴史、科学などはなかなか答えにくい面があります。

それに比べて、プログラミングは明快。将来、確実に役に立つから。自分で自由にコードが書ければ、大学に入学せずに起業だってできる。実際にそうやってる人はもう何人もいますよね。

昔と違って、今はCodeCampのようなマンツーマンで教えてくれるオンラインサービスもあります。「学びたい!」と思って、インターネット環境さえあればすぐに学習ができる。

英会話教室や受験勉強のために塾に行くことを思えば、学費も良心的です。決して高くありません。

そもそもブランド力のある大学に入るのと、すぐに使える知識と技術が身につけられるのとで、どっちに投資すればいいのかは考えるまでもありません。

大学の名前にすがりついて、かっこつけてるようではいつになっても一歩前には行けません。東大や京大でも、大学の世界ランクで20位とか30位程度です。早慶は100位以内にも入ってません。

所詮は日本の中だけの世界。典型的なガラパゴス的思考。もっと前に出てなにかしたいなら、受験勉強に費やす膨大な時間をプログラミングに費やしてみる。

ぼくはそっちの方がよっぽど実りある時間と将来への有益な投資になると信じてるし、もしまだ中学生とか高校生なら間違いなくそうします。

<こちらの記事もどうぞ>
マンツーマンでプログラミング言語を教えてくれるオンラインサービス「コードキャンプ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする