本屋さんでマンガを買う前にぼくがしている3つのこと

bookstore-482970_640

基本、マンガはKindleストアで買って読みますが、たまには本屋さんにも行きます。Kindleストアだけでは、新規発掘はなかなか難しいので。

ただ、本屋さんでほしいマンガを見つけたらすぐに買うのではなく、いくつかチェックしてから、買うようにしてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. Kindle版があるかないか

まず最初に確認するのは、そのマンガのKindle版があるかないか。もしKinldeストアにあれば、本屋さんでは買いません。

理由は2つあって、1つ目は電子書籍の方がいくらか安いからです。30円安いのもあれば、200円安いのもあります。200円安いマンガを2つ購入すれば、その得したお金でもう1冊買えてしまいます。

ではどうして安いのかと言うと、紙と違ってデータは印刷コストや人件費を省けるため、価格を安く設定できるんですね。

2つ目の理由は、紙だと邪魔になるからです。家の中で、本やマンガほど邪魔になるものはありません。買っては売ってを繰り返すのは、もう疲れました(笑)

2. レビューを見る

ジャケ買いすることもときどきありますが、基本はAmazonのレビューを見てからどうするか決めます。

Amazonのレビューも信用できるときと信用できないときがあるものの、なにも知らずに買うよりか少しはましな気がして。

やっぱりジャケ買いして失敗することの方が圧倒的に多いんですよね。それはおもしろかったら、売らずに本棚に置いておきますよ。でも、おもしろくなかったら、本棚に置いておくのが苦痛になるじゃないですか。

最近は「ネットオフ」なんていう便利なサービスがありますが、それでもできればハズレは引きたくないんですよね。

3. ブックオフに行く

本屋さんの近くにブックオフがあれば、いったん買うのは保留にして、ブックオフでどんな内容なのかチェックします。

まあそのほしいのに限って、置いてないことがほとんどなんですが、もしあったらラッキーという感じです。

それで読んでみて「いい!」と思ったらまた本屋さんに戻って買うし、微妙だったらそのまま帰ります。

もしくはブックオフに新品同然のものがあったら、そのまま買って帰ります。これは本当に稀ですね。基本的には、悪臭がしたり汚れてたりしてるので買いません。

まとめ

ちょっと面倒ですが、せめて「Kindle版があるかないか」と「レビューを見る」まではしておいて損はないと思います。

特に紙の方と電子書籍では価格が新品と古本くらい違うこともあるので、後からKindleストアで見つけたりすると相当ショックな気分になります。

ということで、今回は「本屋さんでマンガを買う前にぼくがしている3つのこと」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする