白色ワセリンが花粉症に効果てきめん!目と鼻に塗りたくったら、かなりよくなった

grass-872086_640

3月に入ってから急にひどくなった花粉。朝起きると、目が充血して、鼻水も止まらない。鼻ばかりかんでると、今度はくしゃみの連発。

寝る前に鼻の穴が落ち着かないから、ティッシュを突っ込んだまま寝ると、寝てる間に口呼吸しかできなくなり、ふと起きると喉がからから。

花粉が怖くて布団は外に干せないし、外に出るのが億劫になるし、そもそも部屋の中にいてもひどいし、歯医者さんに行くとじっとしてる間に鼻水がたれてきて大変。

とまあ、こんな具合に花粉症に悩んでたわけです。一応、外出時はマスクをしたり、Manna-Cというサプリメントを朝と夜に飲んでました。

DSC_3993

一時期は、このサプリの効果あってかかなりましになってたんですが、使ってるうちにだんだん効かなくなっていきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

花粉症には白色ワセリン

目がかゆかったり、鼻がむずむずするとモチベーションもなかなか上がらなくて、仕事も全然進まないんですよね。

「これはやばい」と思ってたところにたまたまFacebookのタイムラインに流れてきた友達のポスト。

「白色ワセリンを目と鼻に塗りたくったら、いっきによくなった!」

藁(わら)にもすがる思いで、Amazonで即購入。ぼくの買った白色ワセリンの60gだと1000円もしません。

他にもいろんなタイプがあったのですが、持ち運びもしやすいこのタイプにしました。

DSC_3991

さっそく目のまわりと鼻のまわり、それに綿棒で鼻の穴にも塗りたくってみると、ぼくの場合はいきなりではなく、徐々によくなっていきました。

ただ、数時間後には乾いてしまって、またなんとなく花粉の症状が出てきます。なので、そしたらリップクリーム感覚で、また塗ります。

使い始めて、もう5日目になります。使う以前と比べると、かなりましになりました。

正直なところ、最初は「これ使うの大丈夫かな」と少し心配でした。だって、石油が原料ですよ。

しかし、ワセリンは皮膚科でも治療の際に使われ、その中でも白色ワセリンは安全性が高く、薬のような副作用もないとわかり、今は安心して使ってます。実際、今のところまったく変な感じはありません。

そもそも白色ワセリンがどうして花粉症に効くのか、気になって調べてみました。

そうすると、白色ワセリンには保湿効果があり、それによって花粉が肌や粘膜に直接触れることがなくなるため、アレルギー症状が起きにくくなるそうです。

ということで、花粉症に悩んでる人はだまされたと思って使ってみてください。100人中100人効くわけではないでしょうが、相当効くのはたしかです。

<こちらの記事もどうぞ>
「国産100%」っていったい何なんだ!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする