東京の魅力48連発

tokyo-1079524_640

「まだ東京で消耗してるの?」のイケハヤさんが「煽りとかではなく、東京の魅力ってなんだと思います?」という記事を書かれてたので、改めて東京の魅力について考えてみました。

ぼくは三重県の伊勢志摩、それも本当の孤島で10歳くらいまで育ちました。周りには海と山しかありません。全人口は200人程度。ちゃんとしたお店なんて1つもありません。

一方で、母の実家が東京だったこともあり、小さい頃から東京には何度も足を運んでました。今はもうその東京に住んでます。

なので、田舎の魅力も十分に知ってるし、東京の魅力も知ってます。それを踏まえた上で、今回は東京の魅力を挙げていきたいとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京の魅力48連発

1. 周りの県の存在が薄れるほどに東京の存在が大きい

2. 新宿や六本木のような大都会から八王子や青梅のようなど田舎まである

3. ど田舎から大都会まで1時間弱で行ける(逆もしかり)

4. リア充からオタクまで若者がどんどん集まってくる

5. 田舎から若者を奪う底知れない魅力がある

6. 出会いと別れにあふれてる

7. イオンモール以外にも若者が集まれる場所がいくらでもある

8. 都内を歩いてる老人の人口密度はかなり低い

9. 都内以外にもおもしろい街がいくつもある

10. 終電を逃してもほとんどの駅の近くにまん喫があるから安心

11. この人口密度と都市規模での安全度合いは奇跡に近い

12. 世界中のおいしい料理が信じられないほど豊かにある

13. 東京の飲食店の数は16万軒(パリは1万3千軒、ニューヨークは2万5千軒)

14. 都市の中でミシュランの数は世界最多

15. 「東京は、世界一の美食の町である」 – ミシュランガイド総責任者ジャン=リュック・ナレ

16. バーのような飲み屋さんの量が異常(お酒好きにはたまらない)

17. デパ地下がそこかしこにある

18. エンターテイメントの充実度が世界一

19. いろんなイベントがとにかくそこら中で開催されてる

20. ライブ好きにはたまらない

21. 多くの美術館や博物館(企画展もたくさん)

22. 有名人はだいたい東京に住んでる

23. 女子高生がたくさんいる

24. 本屋さんの数(特にマンガや同人誌を専門に扱ってるお店)

25. オタクの街が3つもある(秋葉原、中野、池袋)

26. 世界最大規模のコミケが毎年2回開催される

27. お台場にはガンダムと自由の女神がある

28. 他の県にあるのに「東京ディズニーランド」と「東京」の名前がついてる

29. 鉄道路線の量がハンパない(鉄ちゃん的視点)

30. 世界最大の築地市場

31. タクシーを大変拾いやすい(田舎だとまじで大変)

32. 人口密度が高いので、いい意味で目立たない

33. 近所付き合いしなくてすむ(コミュ症には嬉しい)

34. やりたいことをできる機会と場がちゃんとある

35. 多様性を受け入れる文化がある

36. 情報密度が濃すぎる(若者にとってはメリット)

37. 海外に行ったときに「東京」と言えば、どこかわかってもらえる

38. 東京に住んでこそ田舎の魅力がわかる

39. 日本一大学の数が多い(日本の中では教育機関が充実してる)

40. 仕事の機会が圧倒的に多い

41. いろんな人の悲しみも寂しさも幸せもぎゅっと入り混じった魅惑的な場所

42. 成り上がりたい人はだいたい東京を目指す

43. いい意味でも悪い意味でも、いろんな人がいる

44. どれだけ東京をばかにされても、東京の人にはそれを聞き流せるだけの余裕がある

45. 東京の人ですら、東京をちゃんと理解してない(それほど東京にはいろんなものがある)

46. 日本国内で夜の東京都内ほどセンチメンタルになれる場所はない

47. 物欲も心も満たせる環境がある

48. 結局、だいたいのものは東京に集まる

まとめ

構造的に、東京に入ってくる魚や野菜の多くは、他の県から運ばれてくるものばかりです。食べ物以外にも、たくさんのものが他のところから東京に集まってきます。つまり、東京だけでは今の東京は成り立ちません。

そういう意味では、東京の魅力を支えてるのは、日本全体です。もっと大げさに言うと、世界全体。東京は魅了的な都市である一方で、危うい場所でもあるわけです。

また、これは誤解されがちなことですが、「東京」といってもかなり広いのです。都内から一歩外に出てしまえば、山と川しかないところもあります。あの高尾山だって東京の八王子市にあります。

「東京が嫌になった」と行ってわざわざ地方に行かなくても、八王子や青梅に来れば十分すぎるくらい田舎を味わえます。

だから、ぼくは住むのは東京の八王子で、たまに都内に出るというライフスタイルです。野菜も近所の無農薬の農家さんで安く買ってます。東京にいても、そういった生活はできるんですよね。

ということで、今回は「東京の魅力48連発」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする