[アイアムアヒーロー] 比呂美がZQNと一体化しちゃって、英雄が少しかわいそう

superman-1120149_640

アイアムアヒーローの19巻を読みました。18巻のあの壮大な体の絡みのあと、これから2人はどうなるのかと楽しみにしてたら、なんと比呂美はZQNと一体化。

そ、そんなのってないでしょ。せっかくお付き合いすることになって、英雄の頭の中はうはうはだったのに、その直後ですよ。

自分がどうにかする。自分が守る。それともただの小田さんへの罪悪感か。そういうのいらないよ、比呂美ちゃん。

英雄のことはそこまで好きではないですが、さすがに少しかわいそう。

これまで半感染状態になってた比呂美をなんだかんだ守ってきた英雄。そういう経緯があっての2人の体の絡みとお付き合い。

富士山の樹海からずっと2人で生き延びてきたわけですよ。いちばん長い付き合いだし、それまでの間にいったいどれだけの人が亡くなったか。

英雄だって比呂美がいたからこそ頑張れた部分もある。小田さんが亡くなってしまって、英雄にとっての救いはまだ比呂美がいること。

自分が小田さんを死なせてしまったとか、今さらどうでもいいわけで。そこに責任を感じるよりも、もうちょっと英雄のことを考えてあげられなかったのか不思議で仕方がない。

あなたがいなくなったら、もう彼は1人ぼっちじゃないですか。ZQNと一体化する前に、そういうの考えなかったのかなぁ。

それともどうにかできると思ったんでしょうか。どちらにせよ、あまりにも身勝手すぎるというか、短絡的すぎるというか。あんないきなりじゃなくてよかったような。

まあでも、あのままいったら毎巻で2人の体の絡みが出てきて、読者としてそれはそれで嫌になったかもしれません(笑)

という冗談はさておき、本当にどんまい、英雄。ZQNが現れてから割とすぐに比呂美と出会ってるから、1人ぼっちになるのってこれがはじめてですよね。

ある意味、今まであの状況下でも他と比べていい思いをしてたところがあったので、これが普通の現実と言えば現実なのでしょう。次の20巻が楽しみですね。

ということで、今回は「[アイアムアヒーロー] 比呂美がZQNと一体化しちゃって、英雄が少しかわいそう」でした。

シェアする

フォローする