記事は下書き保存せずに、自分の中の勢いが失速しないうちに書いてしまいたい

laptop-673715_640

ぼくが記事を書くときに大事にしてるのは、勢いです。この勢いは、時間が経つほどにまず間違いなく失速していきます。風化しないうちに、いかにはやく書くか。

これができないと下書き保存がどんどん増えていくはめになり、生産性も上がりません。もうそれは「あとで読む」で幾度となく経験してるはずです。上質な記事、できるだけ理想の記事、完璧に近い記事を書こうとする気概はすばらしいことだとおもいます。

しかし、そうやって増えていく下書き保存の記事は、いったいいつ公開されるのでしょう。それに時間をかければよい記事ができるとは限りません

特に旅行やレストランに行ってきた感想を述べる場合、遅ければ遅いほど記憶はあやふやになります。

ぼくも何度も経験があって、たとえメモを残しても数週間後、数ヶ月後に書こうとすると、そもそも書く気力さえわきません。もうすでに過去の出来事で、過ぎ去ってしまったという感覚が強くて、走り出せないのです。

こういう経験はないでしょうか。自分の中でめちゃくちゃ熱い話題があって、いろんな人に話した。だけど、いつの間にか話さなくなり、話したくもなくなった。これとだいたい同じ感覚だと考えてもらうと、わかりやすいかもしれません。

また、無理して書き始められたとしても、メモに書いてある感想にいまいち共感できず、実感ももてません。「ああ、そうだったかもしれない」という程度。そんななかで書いてしまうと、もう嘘だらけですよ。

メモだけでは記事を完成できないので、結局はたしかこうだったような、いや、こうだったかもしれない。そんなあいまいな記憶を頼りに、進んでいくわけです。そこで上質な記事、理想の記事、完璧な記事は決して生まれません。

なので、自分の記憶があやふやにならないうちがいい。まだ熱く語れるような勢いがあるうちがいい。もしそれでつたない文章になってしまっても、あとから書くよりも、きっと伝えたいことが伝わるはずです。

この記事は寝る直前に書こうと思ったので、ただいま外が明るくなってきています。勢いがあるうちに、勢いのままに書いてしまいたい。もしかしたら、明日になったら書きたくなくなってるかもしれない。もしくは、書けないかもしれない。

そんなのもったいないですよね。英語では先延ばしすることを「procrastination(プロクラスティネーション)」と言います。ぼくも学生の頃によくしました。まだ2週間もエッセーの期限まである。よし明日からやろう。よし明日からやろう。よし、あれ、もう3日しかない。

でもまだあの頃はよかったんです。期限が決まってましたから。どうしようもないエッセーになっても、どうにか仕上げたんです。一方、ブログはどうでしょう。期限なんてありません。いつまでも放っておいても、平気です。

これはブログのメリットでありデメリットでもあるとおもいます。どんどん書いてしまえる人は、どんどん記事数を増やせる。書けない人は、記事数を全然増やせない。検索エンジンの構造上、記事数は多い方が収益は増えます。

記事数が少なく、収益が増えなければ、モチベーションは徐々に下がっていきます。そうすると、もっと記事を書くのが苦痛になってきます。完全なるデフレスパイラル。

逆にこのサイクルを避けるためには、勢いを止めないことです。そして、できるだけ毎日書き続けることです。少しでも休んでしまうと、スポーツでも音楽でも料理でもそうですが、感覚は鈍くなっていきます。

走り続けるのは大変ですが、なかなか走り出せない状況になるよりも、ずっとましだとおもいます。最近、書き出せずに困ってる人。せっかくの記事を下書き保存にしたせいで、ボツにしてしまった人。これからは勢いを意識してみてはどうでしょう。

ということで、今回は「記事は下書き保存せずに、自分の中の勢いが失速しないうちに書いてしまいたい」でした。

<こちらの記事もどうぞ>
初心者ブロガー・アフィリエイターにおすすめのASPとその特徴まとめ

シェアする

フォローする