中野でひとりぶらぶら食べ歩き、パンに蕎麦にカレーに焼きそばにとたのしかった

DSC_4096

せっかく良い天気だし土曜日なので、今日は中野までひとりお出かけしてきました。京王線で新宿まで行って、中央線に乗り換え、中野駅に到着。

予定では朝の9時頃に着くはずだったんですが、寝坊して結局12時頃。まあ、よくある話なので気にしない気にしない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中野でひとり食べ歩き

最初に向かったのは、「ラ・クロシェット」というパン屋さん。ここのクロワッサンがおいしいという噂を聞きつけ、行ってみることに。

道順は、北口から早稲田通りまでまっすぐ歩いてから、左折。

DSC_4097

ちょっとするとセブンイレブンがあるので、そこを右に曲がります。あとはそのまま道なりに行けば、左側にこんな建物が見えてきます。

DSC_4100

本当に最近のパン屋さんは外観からおしゃれですよね。入るのに勇気がいります。

DSC_4099

店内はとてもシンプルな内装。パンの種類は意外と少なめでした。

さて、目当てのクロワッサンはどこだろうとあたりを見渡すと、どこにもない。あれ、おかしいぞ。そんなはずはない。クロワッサン、どこかにあるはずだ。

ぼく:あ、あの、すみません。クロワッサンはありますか?
店員さん:あっ、もう売り切れちゃったんですよ。
ぼく:えっ!?
店員さん:今日は休日なので。平日だったら今の時間帯でもまだあるんですけれど。

えええ…!!中野まで来て、クロワッサン売り切れ。そんな…。自分のばかばか!寝坊せずにちゃんと起きてれば、クロワッサン買えたのに。

そいうわけで、悲しみに浸りながらほかのパンを購入。

いろいろハムとドライトマトのカスクルート(300円)、チキン竜田とごぼうのサラダのサンド(250円)、あげぱんきなこ(120円)。

店内には食べるところがなかったので、いったん外へ。

営業時間:8時半〜19時
定休日:日曜日、第3月曜日

Google Mapsで近くに公園がないか探すも、信じられないくらい公園が見当たらない。

仕方なくぶらぶら歩いてると、お寺っぽいところを発見。新井薬師梅照院。よし、ここで休憩して、さっき買ったパンを食べよう。

DSC_4107

座れそうなところを見つけ、少しだらだらしてると、目の前に空のペットボトルをいくつか持って、お水をもらいに来てる人が。

よく見ると、柱に「お水取り時間 6時頃〜18時頃」と書いてあります。お水取り。聞いたことはあったけれど、実際にこうやって見るのははじめて。

お水をじっと見てたら、お腹が空いてきたので、そろそろさっきのパンを。

DSC_4103

まずはいろいろハムとドライトマトのカスクルート。バゲットがおいしい。こういうの食べると、パリの街で買って食べたバゲットのサンドが懐かしくなります。

DSC_4108

お次はチキン竜田とごぼうのサラダのサンド。これはややくどい感じがして、正直微妙でした。ただ、最初に食べたら、また印象も変わったかもしれません。

DSC_4110

最後はあげぱんきなこ。見た目はチキン竜田とごぼうのサラダのサンド並みに重そうですが、それがまったく。もちもちで胃にやさしく、あっという間に食べてしまいました。

新井薬師梅照院をあとにして、薬師あいロード商店街をぶらぶら。こういうところ来ると、せんべいだったりお餅が気軽に買えちゃうから、飽きないし楽しい。落ち着かない。

DSC_4119

でも、いろいろありすぎるとどれにしようか迷いますよね。それにお腹いっぱいになるの嫌だから、慎重になりすぎるというか。

そんなときにふと目に入ってきたのが、「浅見製麺所」という手打ちのお蕎麦屋さん。

DSC_4111

正直、お蕎麦屋さんにしては外観が軽々しく、入ろうか迷いました。が、外で食べてる2人のサラリーマンがあまりにもおいしそうに食べてたので、引きずられるようにぼくも並びました。

DSC_4115

頼んだのは、盛りそば(山形産粗挽き、650円)。食べてみて感じたのは、かなり好みが分かれるお蕎麦だということ。

ぼくは最後までぴんときませんでした。おいしくないわけではなく、よくわかりませんでした。お蕎麦自体、ぼくがそこまで詳しくないからかもしれません。

機会があれば、もう1度行って食べてみたいです。そのときはもしかしたらわかるかもしれません。気になる方は、ぜひ。

営業時間:11時半〜15時、17時〜21時
定休日:月曜日、火曜日

お蕎麦を食べ終え、駅に向かう途中にいい匂いがどこからか。あっ、焼きそば屋さん。お、おいしそう。どうしよう、食べてみたい。食欲は尽きることがありません。

DSC_4122

テイクアウト専門なので、お家に帰ってからでも食べよう。そう決めて、ぼくも並ぶことにしました。そうなのです、お店によっては「あとで食べる」という選択肢もあり。

DSC_4128

焼きそばの量は、特大(810円)、大(630円)、並(420円)、小(370円)から選べます。

DSC_4127

無料でトッピングもしてくれます。今回は小を頼み、トッピングはからしマヨネーズにしてみました。

営業時間:11時〜23時
定休日:なし

焼きそばをバッグの中に入れ、駅の方へ。そうすると、またまたなにやらいい匂いが。カレーのにおい。いや、カリーのにおい。

DSC_4133

外観はいまいちですが、外から中を覗いてみると、カレーが好きそうな人たちで満席状態。「これは!」と思い、自分のお腹の状態も考えずにいん。

まだぎりぎりお昼時だったため、ランチメニューにあったトマトとナスのチキンカリー(730円)を注文。辛さはスタンダードで。

DSC_4131

残念そうなサラダは無視し、カレーの方に集中。見た目は悪くない。

DSC_4130

中には野菜がたっぷり。上にある緑色の葉っぱは、みんな大好きパクチー。まずはひと口。辛みと甘みのバランスがすごくよい。トマトやナスも旨みがしっかり中に残ってる。

食べるまでは、お腹いっぱいでどうなるか心配だったのに、いつの間にか完食。やっぱりおいしいと、少しくらい無理しても余裕でいけちゃう。自分がこわい(笑)

営業時間:11時半〜0時半
定休日:なし

さすがにもう食べないぞ。お腹ぱんぱん。トイレしたい。大きい方。やばい。トイレに駆け込むぼく。ふう。

すっきりしたら、急にまた元気が出てきて、中野ブロードウェイにある「まんだらけ」に寄りたくなり、ほんの少しだけオタクの集まる聖地へ。

DSC_4137

おお、ゲーマーが集まってる集まってる。この光景、懐かしい。しかし、ぼくはこういうゲームはしないので、写真だけ撮って素通り。

DSC_4136

階段をのぼって、4階にあるまんだらけのマニア館へ。ここにはビンテージのマンガや雑誌がたくさん。見るだけでもたのしいし興奮する。

DSC_4141

それから階段をおりて、3階へ。ここのフロアのまんだらけには、中古のマンガがいっぱい売ってます。状態もなかなかいいですよ。もう外観からわくわくしてしまいます。とりあえず、端から舐めるように見て、3冊購入しました。

DSC_4150

西岡兄妹の「この世の終りへの旅」と「死んでしまったぼくの見た夢」、高浜寛の「イエローバックス」です。

お腹も心も満たされ、また駅へ向かいました。さすがに歩き疲れたので、電車で立ちながら帰る前に、座って休憩。

DSC_4145

ついでにさっき買った焼きそばをちょこっと味見してみました。

DSC_4146

麺がしっかりしていて、ソースもよく染み込んでる。で、でも今はこれ全部食べられない、ということで、ふたを閉めました。

ちょうどすぐ近くで大道芸がやっていて、駅前は家族連れで大にぎわい。まだ16時前。さて、混まないうちにさっさと帰ろう。

まとめ

たまにはこういう感じの記事も書くと、楽しいですね。これからもっと中央線沿いを攻めるつもりなので、ときどき書いていこうとおもいます。

需要があるかないかは置いておいて、あとからまとめ記事書くときに役立つし、暇な人は読んでくれるでしょう、たぶん。

ということで、今回は「中野でひとりぶらぶら食べ歩き、パンに蕎麦にカレーに焼きそばにとたのしかった」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする