地震に備えて3日間乗り切られる防災グッズを常備しておこう

frog-897419_640

ついこの間、熊本で大きな地震があり、2011年3月11日にはあの大災害。今や日本のどこにいても地震の脅威からは逃れられない状況にあります。東京もいつ地震が来てもおかしくないと言われてます。

そんな地震に備えて、ぼくもそろそろ防災グッズを常備しておこうと考えています。インターネットでいろいろ探した結果、楽天市場で防災セットランキング1位になってるディフエンドフューチャーがコスパも充実度もよかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3日間乗り切るための防災グッズ

地震が起きてから、電気、水道、食べ物などのライフラインが整うまでに2、3日かかると言われてます。そのため、3日間分の食料や生活用品を自分でまかなう必要が出てきます。以下はディフエンドフューチャーを購入すると付いてくる、防災グッズです。

・防水加工リュック
・布製軍手
・万能ナイフ
・絆創膏(大)
・綿棒
・ウェットティッシュ
・三角巾
・使い捨てカイロ
・エアーマット
・5年保存水(500ml)✕3
・micro USBケーブル
・ダイナモLEDライト・ラジオ
・ホイッスル
・レインコート
・絆創膏(小)
・テープ
・マスク
・包帯
・ウォータータンク
・ラップ
・アルファ米✕3
・Lightningケーブル
・モーリアンヒートパックM(発熱剤3個入)
・ロープ
・カット綿
・歯ブラシ
・ピルケース
・ポーチ
・アルミブランケット
・簡易トイレ(1回分✕3)
・レジャーシート
・防災マニュアル(PDF)
・ID用紙

かなりありますよね。でも、専門の方が最低限必要なものとして選んでるので、まあ間違いないのでしょう。ひとつひとつよく見ると、確かにどれもあったら助かるものばかり。

軍手、カイロ、エアーマット、マスク、ロープあたりは自分では考えもしなかったです。状況によっては、大活躍してくれるかもしれません。

また、これらすべてが最初からリュックサックに入ってる上に、リュックサックは防水加工のもの。地震が起きてすぐに、必ずしも雨をしのげるところに逃げられるとは限らないので、防水加工されてると安心です。

気になるのが価格の方ですが、冒頭でも触れたようにコスパが良く、リュックサックまでついて約13000円。しかも、5年間保証というのも嬉しい。

まとめ

本棚のためのつっぱり棒をまだ買ってないので、こたつで寝てるときに地震が来たらぼくはもうおしまいです。買おう買おうと思いながら、なかなかニトリまで足を運べずにいます。

防災グッズも同じで、いつ地震が起こるかなんてわからないのだから、はやいうちに買っておいた方が良いのでしょうね。起きてしまってから、「ああ、買っておけばよかった」と後悔してるのでは遅いですから。

はやめに購入して、枕元にこのリュックサックを置いておきたいものです。そしたら、ひとまずは安心です。

ということで、今回は「地震に備えて3日間乗り切られる防災グッズを常備しておこう」でした。

防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

<こちらの記事もどうぞ>
真空断熱の水筒なら、THERMOSの「エスプレッソ」がおすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする