コミュニケーションでまず大切なのは、使う単語や表現よりも態度や姿勢

talk-1034161_640

日本語には敬語がありますが、英語には日本語ほど相手をうやまう言葉や表現がありません。そのため、いったいどんなふうに年上や上司と会話をしてるのか不思議に思う人もいるでしょう。

もしくはイメージから、みんなが友達のように気軽に話してると考えてる人もいるかもしれません。たしかに日本と比べると、いくら年上や上司でもがちがちになることはほとんどありません。

が、彼らもそれなりに敬意を払います。では、どうやって敬意を払うのか。それは態度姿勢からです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コミュニケーションでまず大切なのは、態度や姿勢

態度や姿勢。「それは当たり前だろう」と思われるかもしれませんが、ぼくが日本に戻ってきて強く感じたのは、敬語に頼りすぎて態度や姿勢を重視してない日本人が意外と多いことです。

「とりあえず、年上や上司には敬語を使っておけばいいだろう」と安心、もしくは油断して、それ以外のところが適当になってしまってる人。

英語では日本語ほど敬語がない分、どうしても態度や姿勢で敬意をあらわす必要が出てきます。そもそもそれがコミュニケーションの基本です。

日本は表と裏の文化なので仕方なくもありますが、やはりそこらへんを軽視してしまうと、相手からの信用や信頼もなくしてしまう可能性が高いです。

結局、言語はコミュニケーションのツールであって、うまく話せればそれでもう良いわけではありません。

言葉のひとつひとつにしっかりと敬意がこもってるか。こっちの方がずっと大事であり、人はそこを見てるし感じ取るはずです。

「自分は敬語がうまく使えてるから大丈夫だ」にとどまらず、相手にちゃんと敬意を払って使ってるのかまで考えないと、やはり普段から油断してると、いざというときにふと出てしまいます。

こう言ってしまうと軽い感じになってしまいますが、コミュニケーションは人と人で行うものなので、言葉をいかにうまく使うかよりも、人間性的なところが決め手になるような気がします。

そして、態度と姿勢はその最低限の部分なのでしょう。ぼくも完璧にできてるわけではないので、「気をつけないとなあ」と常々おもいます。

ということで、今回は「コミュニケーションでまず大切なのは、使う単語や表現よりも態度や姿勢」でした。

<こちらの記事もどうぞ>
英語が話せるのは当たり前。これからはプログラミングができるかどうか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする