香港で行ってきたミシュラン星付き中華レストランまとめ

hongkong-1273119_640

香港国際空港から市内に到着したのが23時頃だったので、お腹が減って夜ご飯を食べようとしたら、少し不衛生な大衆中華料理屋さんくらいしか開いてませんでした。

せっかく香港に来たんだし、そういうところも試しに行ってみたかったので、さっそく入ってみることにしました。そして、そこでワンタン麺を食べたのですが、その夜から2日間腹痛。

これはあかんと思い、たしか香港にもミシュランがあったことを思い出し、インターネットでよさそうなところを探してみることにしました。

で、意外と予約しなくても簡単に入れた上に、日本ほど価格も高くなかったので、味をしめてその日からミシュラン星付きのレストランばかり行くという贅沢なことをやってまいりました。

そこで今日は、ぼくが行ってきたミシュラン星付きレストランをまとめたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

香港のミシュラン星付きレストラン

1. 彭慶記 Pang’s Kitchen

最初に行ったのは少し大衆的な中華料理屋さん。しかし、不衛生さはいっさいなく、ほっとしました。一応、ミシュラン2016で1つ星のお店だけはあります。

DSC_4281

この日はマカオに行った帰りで、もう22時前くらいでした。それでも、店内は満席。5分ほど待っての入店となりました。

DSC_4282

全体的に、クオリティーが高く、食が進む味付け。こういう中華料理屋さんが家の近くにあったら最高です。

DSC_4284

上に挙げた3品以外にも2品頼んで、合計で5品。それで3人で700香港ドル。日本円だと、1万円くらいでしょうか。1人3千円ちょっとなので、良心的なお値段。

営業時間:11時〜23時

2. 夜上海 Ye Shanghai Kowloon

マルコポーロホテルの6階にある上海料理レストラン。ミシュラン2016では1つ星を獲得。雰囲気も眺めもとてもよいので、彼女とのデートにおすすめです。

DSC_4290

どの料理も上品な味付けで、良くも悪くも高級ホテルらしい中華という印象を強く受けました。

DSC_4292

個人的には、満足感も含めて、なんとなくランチに行きたいところです。

DSC_4297

値段ははっきり覚えてませんが、日本円で考えると、ここもそこまで高くありませんでした。結局、アラカルトで頼めば、頼むものによっては高いですが、それほど高くないものもたくさんあるということですね。

営業時間:11時半〜15時、18時〜23時

3. 香宮

ミシュラン2016で2つ星を獲得してる香宮。シャングリ・ラの地下1階にあります。

DSC_4299

ここはお客さんの半分くらいが日本人で、日本語がそこら中から聞こえてきたので、なんだか香港にいる感じがしなかったです(笑)

DSC_4298

味の方は、どれも大満足でした。特にザーサイの野菜炒めは絶品。ぜひ頼んでほしい一品です。

DSC_4303

これ以外にもチャーハンを頼み、全部で700香港ドル弱。なぜかチャーハンが異常に高くてびっくりしました。

営業時間:12時〜15時、10時半〜15時(土日・祝日)、18時半〜23時

4. 麻辣燙 Chilli Fagara

元ミシュラン1つ星のお店。激辛注意。本当に注意。辛いのは大丈夫な方だとなめてました。辛いじゃない。もはや痛い。

DSC_4306

たったこれだけの量をたいらげるのが、途方もなく遠く感じました。でも、うまいことはうまい。でも、辛いし痛い。うまい。辛い。痛い。うん、痛い。という感じです(笑)

営業時間:11時半〜15時、17時〜23時半

5. 永華麺家

ミシュランのおすすめ店として載ってるかなり大衆的なお店。竹の棒で打った自家製の麺から作られるワンタン麺がとても有名です。

DSC_4324

味の方もなかなか。麺も弾力があって、食べ応えがあります。香港に来て、はじめてワンタン麺がおいしいと思いました。

営業時間:11時〜1時

まとめ

日本だったら、ミシュラン星付きレストランに予約しないで行くなんてなかなかできないし、そもそも価格帯が高い。香港だからこそできる至福でした。みなさんも香港に行った際には、ぜひ星付きレストランを訪れてみてください。

ということで、今回は「香港で行ってきたミシュラン星付き中華レストランまとめ」でした。

<こちらの記事もどうぞ>
香港に旅行で行ったときに知っておきたい5つの注意点

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする