いまだにコンタクトを付けるのも外すのもこわい

glasses-472027_640

もうコンタクトを使うようになってからかれこれ数年経つのですが、いまだに付けるのも外すのも慣れません。

そもそも基本はメガネで、気が向いたらコンタクトにしてるので、使わないときは数ヶ月メガネだけということもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンタクト、付けるのも外すのもこわい

メガネは目に直接触れないし、付けるのも外すのも超簡単。

嫌なところと言ったら、スープ系のものを食べてるときにレンズが曇ったり、ずっと付けてるとレンズが汚れてきたり、鼻の上の部分にメガネの跡がついてしまうことくらい。

一方、コンタクトは付けるところからしてひと苦労。目を大きく開けて、コンタクトを入れるわけです。

まだ視力がよかった頃は、目に触れること自体に恐怖感がありました。今でも違和感というか、ちょっとした恐怖を感じます。

だって、目に異物を付着させるんですよ。信じられません。なので、いまだに鏡なしではコンタクトを付けられないでいます。

たとえ鏡があっても、だいたい左と右を付け終わるのに、5分ほどかかります。最初は15分近くかかってたことを考えると、少しは成長しました(笑)

で、付けたはいいものの、安心してる暇はほとんどありません。

そのうち乾いてくるのも嫌なんですよね。仕方なく目薬を使うんですが、しっかり照準が定まるのは5割程度。2回に1度はちゃんとできません。

もっと最悪なのが、目薬を忘れたとき。普段からコンタクトをしてればカバンの中に常備してるんでしょうが、基本的には家に置いてあります。

これも2回に1度は忘れます。近くに薬局があれば幸い。でも、そういうときに限って、薬局がなかなか見つからなかったり、薬局に行ける状況じゃなかったりするんですよね。

目薬がなくて、目の中がどんどん乾いてくあの感じ。不快感。

まあ、そんなこんなで家に帰ってきて、やっとのことでコンタクトの呪縛から解放されます。ふう、ひと安心。とはいかず、ここからがいちばん大変。

付けるのも大変だけれど、外す方が大変。付けるときは、手がそこまで目に触れません。しかし、外すときはめちゃくちゃ手が触れるわけですよ。

親指と人差し指を使って、コンタクトを外します。これが本当にむずかしい。片方がひょいっと簡単に取れたかと思えば、もう一方がなかなか取れない。

目薬をさしてもダメで、いったん諦めモード。それからもう1度気持ちを入れ直して、どうにか成功。

ただ、悪戦苦闘したせいで、目が充血。気分は最悪。もう寝るしかありません。寝れば、明日には充血もなおってる。

それでももうちょっとうまくコンタクトを取り外しできるようになりたいです。

みなさんはコンタクト付けたり外したりするの、こわくないんですか。ぼくはこわくて仕方ないです。それはそれとして、もちろんコンタクトには感謝もしてます。

うーん、でもやっぱりこわい(笑)もうちょっとうまくできるようになりたいですね。

ということで、今回は「いまだにコンタクトを付けるのも外すのもこわい」でした。

<こちらの記事もどうぞ>
みんなオンラインで処方箋不要のコンタクトレンズを買えるの知ってた?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする