義務教育でお金についてもうちょっと真剣に教えた方がいいよね

money-256282_640

お金って、まあすごく大事ですよね。お金がないと何もできない。別に余るほどはいらない。いや、それはあればあるほど助かるけれど、まずは男なら家族を養える必要最低限にちょっと毛が生えたくらい。

しかし、そもそもそんな生きる上で欠かせないお金ってなんだろう、と聞かれて即答できますか。「うーん、お金と言えば千円札とか一万円札じゃないのかな」と答えたら、半分正解ですが、半分不正解です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金は信用で成り立っている

ぼくたちが普段使ってるあの千円札とか一万円札は、日本銀行が日本銀行券として発行してます。硬貨は、日本政府直轄の造幣局。

つまり、ぼくたちのお金は単なる紙や銅であり、それ自体にはそこまでの価値はありません。では、どうしてそんなものにここまでの価値があるのか。

みんなが価値があると考えてるからです。自分たちのお金を使って、他のものと交換できると信じてるからです。

もっと言うと、みんなが日本の紙幣や硬貨を信用してるからこそ、こうやってうまく成り立っているわけです。他の国の貨幣とも両替できるわけです。

これが日本のお金にはまったく価値がないとなったら、本当にただの紙切れや銅になってしまいます。これまでの歴史のなかでも、そういう国はいくつかありますよね。

貨幣の歴史

貨幣の歴史を辿ると、最初は物々交換でした。近隣でいろんなものを交換してたのでしょうね。

しかし、山の方には山菜がある。海には魚がある。他の土地に行けば、自分のところでは手に入らないものが手に入る。というようなことを知るわけです。

そんなときにいちいち物々交換をしてたら、持って行くのが大変ですよね。そこでじゃあ貝殻を使って交換しようと考えていきます。

それがそのうち貝殻では量が限られるし効率が悪いとなって、今の硬貨に近いものが作られていきます。

硬貨も改良に改良を重ねて、今のように軽いものになっていったのでしょう。まあ、今でもまだ重いですが。

お金の教育は大事

こんなふうに今のお金は、物々交換から始まりました。貨幣は物々交換を簡略化、効率化させた結果の産物なのです。

今ではもっと進んで、クレジットカードや仮想通貨というお金の形まで出てきてます。でも、これもすべて信用で成り立ってます。

信用がないと、お金という概念は成立しません。こういう部分をもっと義務教育の段階で真剣に教えるべきだとおもうんですよね。

だって、お金って生きる上で絶対に無視できない存在じゃないですか。なのに、お金がどんなものなのかよくわからないでは、お金をうまく使うこともできない。

物々交換のためのお金と知ってれば、使わずにひたすら貯めるなんてことしませんよ。それじゃあ、経済まわりませんからね。

本当にお金の教育は大事だし、そこをきちんと知らないとお金の稼ぎ方もわかりません。

まとめ

なんなんだろうね、お金についてちょっとでも話すと、嫌らしいと思われる風潮。ぼくにはさっぱりわかりません。

ということで、今回は「義務教育でお金についてもうちょっと真剣に教えた方がいいよね」でした。

<こちらの記事もどうぞ>
クレジットカードには盗難保険が付いてるから、現金よりも何倍も安全なのになぁ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする