クレジットカードは何枚持っているのがベストか

wallet-367975_640

最近はクレジットカードさえあれば、現金がなくても海外に行けてしまうし、海外のホテルではID代わりにもなります。

普段の生活でも現金では貯まらないポイントをゲットできたり、おつりをもらわなくて済むから、会計がスムーズにいったりと本当に便利ですよね。

ただ、問題がひとつ。クレジットカードをいくつも持ってると、邪魔で仕方ない。いっぱいある中から、1枚を取り出すのがひと苦労。

だけど、ポイントは貯めたい。ではいったいどうすればよいのか。何枚のカードを持ってるのがベストなのか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレジットカードのベストな所有枚数

結論から言うと、2〜3枚がベストです。ポイントを貯めたいなら、むしろ数枚に絞った方が結果的にはお得になります。

なぜかと言うと、そもそも同じお店でそう何度も買い物をするわけではありません。

いくらあるお店であるカードを使うとポイントが数倍になっても、そういうお店ごとに違うカードにしてたら、貯まるポイントもなかなか貯まりません。

クレジットカードは1%から高還元率と言われます。普通は、0.5%くらい。

たとえ1%だとしても、1万円のお買い物をして貯まるポイントは100円分。千円分のポイントなら、10万円も使わないといけません。

こうなったときにいくつもカードを所有して、どれも最低でも10万円以上は使う、というのはあんまり現実的じゃないですよね。しかも、ポイントが期限付きとなったら、余計に大変です。

それならこれとこれのみを使うと決めて貯めていった方が、最終的にはポイントを貯めることができるわけです。

ただ、そこで難しいのがどの2枚か3枚のカードを所有するか。

おすすめは自分が頻繁に行くところのカード。たとえば、イオンで毎日買い物をするならイオンカード、マルイならエポスカード。

もしくは、還元率の高いものを選ぶという方法もあります。楽天カードなら1%だし、ポイント獲得のイベントもたくさんあります。

ちなみに、ぼくならよく買い物をするところのものと高還元率のものを1枚ずつ持ちます。実際、そうしてます。

もうひとつポイントとしては、国際ブランドは違うものにすること。VISAとMasterCardだったり、VISAとJCBというふうに。

日本ではVISAやMasterCardが使えないお店はなかなかないですが、海外だとVISAが使えなくてMasterCardが使えたり、またその逆もあります。

もし海外旅行に行ったときに2つとも同じ国際ブランドのクレジットカードだと、お金を現金でしか払えない状況に陥ってしまうので、国際ブランドは違うものにしておいた方が便利です。

まとめ

昔はお財布の中に入りきらないほどポイントカードを入れてました。

しかし、今ではカード類と言えば、クレジットカード2枚、キャッシュカード2枚、Suica、ヨドバシカメラのポイントカード、スーパーのポイントカード2枚、歯医者さんの診察カード、保険証くらいです。

それでもこうやって文字にしてみると、なんだか多いなあとおもってしまいます。だからって、さすがにマイナンバーカードで一括しようと言われても、それはちょっと違う気もしますが。

ということで、今回は「クレジットカードは何枚持っているのがベストか」でした。

<こちらの記事もどうぞ>
最低限知っておきたい「楽天カード」のメリット・デメリット・お得な使い方をまとめてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする